【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

「平成最後に食べたい料理は何ですか?」という質問に、ある芸能人の答えは「お母さんの作った〇〇」という返事。それは子供の頃からずっと口にしてきた昭和の料理。いつまでも変わらない人気の高い料理とは?
昭和に人気のあった料理とは?

 

今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。

 

の質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが」と答え、女優の本田翼さんは「お母さんの作った筑前煮」と答えていましたよ。

 

二人とも平成生まれなのですが、食べたい料理は昭和生まれのお母さんの手料理。

 

昭和の頃に私が記憶しているのは、会社員「彼女に作って欲しい料理ベスト10」の中で、常に肉じゃがが上位にあった事。

筑前煮については、その年によって順位が移動するものの、やはり人気料理ではありました。

 

ただ、「筑前煮」という単語が記載されていなくても「煮物」という答えは常に上位にありましたので、その中に筑前煮が含まれているのでしょう。

 

他のもカレーライスやハンバーグ、ミートソースなども上位を独占していました。

今でもこれらの料理が上位にあるのは間違いない。

 

ただ、時代の違いがあるので、昭和に愛されていたカレーライスやハンバーグ、ミートソースについても「母の味」が強いのだと思います。

 

レトルト食品が普及したのは電子レンジが普及してからのお話で、それまでも冷凍食品などがありましたが、「料理は自分で作るもの」とプライドある主婦たちにはあまり売れませんでした。

 

電子レンジが国内で量産されるようになったのは1962年で、それでも1台50万円を越える電子レンジはお金持ちしか購入できませんでした。

 

昭和後期に電子レンジが安くなり、一般家庭に普及していったと記憶しています。

それに伴い、レトルト食品もジワジワと売れていくようになり、それからレトルトが進化していきました。

 

当時のレトルトは、どうしても手料理を超えることができず、やはり「お母さんの料理が一番おいしい」という事で、愛されていたカレーもハンバーグもミートソースも、イメージは手料理。

ファミレスやコンビニも少なかったですからね。

 

そして、平成のお母さんたちも、昭和のお母さんの手料理を食べて育っている事が多いので(中には家庭の事情で違う場合もありますが)、昭和の料理を平成に引き継いでいます。

 

やはり、肉じゃがや筑前煮は日本の伝統料理として、これからも引き継がれていくんじゃないでしょうか?

 

うちの母が手料理にこだわっていた頃

 

私の母は、私が子供の頃、よく、近所の商店街にあるお豆腐屋さんに寄っていました。

お豆腐屋さんにはちょっとしたお惣菜が売っていて、まだサランラップなど市販されていない時代だったので、ポテトサラダは自分でお皿(タッパーもありませんでした)を持って行ってそれに入れてもらったり、防水性の紙に包んでもらっていました。

 

でも、母はお豆腐屋さんのポテトサラダを買った事はありません。

「こんなの、じゃがいもを茹でて、ちょこっと野菜を切って混ぜればいいだけじゃない!」と、ポテトサラダが商品として店頭に並んでいること自体が不満な様子でした。

 

「こんなの買ってく人なんているのかしら?」と言われたポテトサラダ、ついに目の前でおばちゃんが購入しているのを目撃!

母はそのおばちゃんを冷たい視線で見つめ、おばちゃんがいなくなると「あんなのジャガイモを茹でて混ぜればいいだけじゃない!」と、いつものセリフを口にしました。

 

ですが、そんな母も、冷凍食品の質が上がっていくと同時にレトルトに興味を持つようになっていったのです。

 

冷凍食品に不満な家族

我が家でも肉じゃがと筑前煮は愛されていた

 

母は明治生命のセールスをやっていて、当時の保険料は銀行からの引き落としではなく集金だったので、母の仕事は保険の契約と集金。

毎月末になると集金で忙しくなり、母は冷凍食品やボンカレーを購入するようになりました。

 

冷凍食品は決まってミニハンバーグとコロッケ。

何日も続くと、みんな飽き飽きしていましたよ。

 

そんな忙しい時期が過ぎると、母はまた頑張って料理をするのですが、そんな時に食べる肉じゃががすごく美味しかったです。

お醤油とお砂糖をたっぷり入れて、何だか真っ茶色の「美」とはかけ離れた料理でしたけど、うちの家族はみんな母の作った肉じゃがが大好きでした。

 

母の料理には母のルールがあるようで、筑前煮はお正月にしか作ってくれませんでしたが、筑前煮も美味しかったです。

 

誕生日にはケーキとミートソース、お給料日はすき焼きを食べたり、横浜の「ハングリータイガー」というステーキハウスまで食事に行ったり。

 

基本は家で食事を楽しむような、そんな家庭でした。

今では本格的な料理を家で食べられるほど、レトルト料理は進化しています。

 

でも、どんなにレトルトが進化したとしても越えられないのが「母の味」。

下手で不格好な料理であっても、子供たちの喜ぶ顔を想像しながら作った愛情たっぷりの料理は、どんな料理にも勝る。

 

平成最後に食べたい料理は?

 

そんな風に思う私は、「平成最後に食べたい料理」を考えてみました。

ハンバーグや生姜焼きなど色々考えてみましたが、私も本田翼さんと同じ「筑前煮」かな?

年に1回しか作ってもらえなかった、我が家ではレアな料理。

 

うちではもう母の手料理を食べる事はできませんが、根野菜と鶏肉とコンニャクと昆布をグツグツ煮込んで、今日はそんな料理を作ってみようかな?

 

あともうちょっとで「平成」が「令和」に変わります。

そんな時に、皆さんは何を食べたいですか?

今日は「平成」最後の1日を、どうか楽しく過ごして下さいね。

 

【介護サービスのお話】はこちら

【ちょっと気になる芸能人・有名人】はこちら




 
 

 
 

🎥沖雅也さんの部屋

出典 : 「俺たちは天使だ!」/読売新聞社 芸名>沖雅也(おき まさや) 本名> 1952~1975年 / 楠 城児(くすのき じょうじ) 1975~ / 日景 城児(ひかげ じょうじ) 職業>俳優・ファッションモデル […]

コメントなし

🗼東京03単独公演「人間風味」のチケット購入に苦戦した日々

  私の元気の源とも言える東京03。 今回、単独公演のチケットが手に入らず、何度も何度もチャレンジしました。   まずは東京・千葉・神奈川・埼玉・静岡あたりの抽選購入の申し込みをして、立て続けに落選。 […]

コメントなし

🎥キアヌ・リーヴス主演”JOHN WICK”を観てきました

出典:イオンシネマ   10月5日の土曜日に、10年以上交際している彼と映画を観に行きました。 「遅刻する」とメールを送ったら、彼は一人で先に映画館に行って、観たい映画を決めていたのです。   私はよ […]

コメントなし

🎵BiSHがスナックモッチーにご来店(2019年7月6日放送)

    デビュー3年目の去年、早くも1万7千人を集めるワンマンライブを成功させた注目アーティスト。   BiSH / My landscape [BRiNG iCiNG SHiT HORSE […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

【東京モーターショー2019】車いすとセニアカーの新時代を探る

  楽しみにしていた東京モーターショー2019。 東京ビッグサイトまで頑張って行ってきましたよ。   お目当ては自動運転カーと危険回避システム、電動自動車でした。 様々な自動車を見ていくと、辿り着いた […]

コメントなし

🌳「夜尿症」による尿漏れ対策・薬で抑えるだけが方法じゃない!

  「夜尿症」というのは、大人・子供を問わず、ある程度の年齢を超えた人(概ね5~6歳以上)が夜中に無意識に排尿してしまう症状を言います。病名ではありません。 これには通常、以下の対策を取ります。   […]

コメントなし

🙀この先、年金だけでは生きていけなくなるって?!6/5放送「ミヤネ屋」まとめ

  6月3日の金融庁の発表によると、1か月あたり、男性65歳以上・女性60歳以上から給付される年金などの収入に対し、支出が毎月5万円以上も上回るとのこと。 (1ヵ月当たりの収入:約21万円、支出平均:約26万円 […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

😈新元号詐欺にご用心!銀行員・携帯会社社員を名乗る事も!

  もうすぐ平成が幕を閉じ、令和の時代がスタートします。 巷では様々なサービスをスタートする一方、そのサービスに紛れて詐欺被害の報告があるそうです。   テレビ(いつもの「スッキリ!」ですが)で注意を […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください