🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題




 

仕事で通っているのに

おもてなし状態になってしまう

 

ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。

でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。

中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。

 

実は、これ、介護保険法で禁止されている事。

「ちょっとくらいなら」「誰も見ていないから分からないわよ」と、簡単に言われてしまうのですが、介護保険法はれっきとした法律。

 

要するに、ご利用者さん宅で出されたものを頂いてしまうと、法律違反になってしまうのです。

そして、度を越してしまうと、「違法行為」を通り越して「犯罪」となる恐れもあるもの。

 

まあ、現金や貴金属のやりとりが無ければ大問題にはならないのでしょうけれど、あめ玉1個頂く事も禁止されているお仕事なんです。




 

大工さんや畳職人さんなら、昔からお茶菓子をお出しする事がよくあるもので、きっとヘルパーに関してもそのような感覚なのでしょう。

 

ただ、介護保険を利用なさるご利用者さんの場合、中には立ち上がるのも大変な方もいらっしゃいます。

そのようなご利用者さんが大変な思いをしてお茶を入れて下さると、本当に申し訳なくて、どうするべきかとよく悩んだものです。

 

もちろん、真剣にお断りしていましたし、ケアマネージャーに報告もしていたのですが、難しい問題です。

日本人には「おもてなし」の習慣があるからなんでしょうね。

 

また、そうでなくて、お茶を入れる事ができるほどお元気な方もいらっしゃいますが、お元気な方だからいいというワケではありません。

 

今はお元気でも、要介護のご利用者さんですから、急に具合が悪くなることだってあるのです。

そして、具合が悪くなっても、必死になってお茶を入れようとして下さる方もいらっしゃいました。

 

「本当にお茶は結構ですから、本当にやめて下さい」とまで、言った事もあります。

具合が悪いからヘルパーを依頼しているんですし。

 

なので、はじめからお茶菓子をヘルパーに出す事は避けるべきなのだと思います。

それが本来のありかたですからね。

 

認知症の方が作ってくれたお蕎麦を

命がけで食べた事も

 

私が初めて訪問介護に伺ったお宅は、一人暮らしの認知症Aさん宅でした。

Aさんの認知症は、数分前の会話を忘れてしまうほど進行していました。

でも、とても温かみを感じる優しい方だったんですよ。

 

私がAさん宅で気になっていたのが冷蔵庫。

私が買い物してきた物を冷蔵庫に入れようとすると、Aさんは絶対に冷蔵庫を開けさせてくれなかったのです。

 

すると、遠方に住む息子さんご夫婦から「強引にでも冷蔵庫を掃除して欲しい」というご希望があり、本当に強引に冷蔵庫の掃除をする事となりました。

 

冷蔵庫の中はものすごい状態で、5年以上前の日付の総菜らしきものがたくさん入っていました。

引き出しの中は何だか分からない液体が混ざり合って、それが固まった上にまた液体が蓄積して、層が出来上がっていました。




 

私は、その冷蔵庫を何週間もかけて(週に1回しか入っていなかったので)掃除したんです。

特に温泉卵についてはケースから出してしまって、いつ購入したものなのか全く分からない状態だったんです。

 

でも、Aさんが「買ったばかりだから捨てないで!」とおっしゃって、ずっと見張っているので捨てる事ができず、とりあえずそのまま冷蔵庫に残しておきました。

 

そんなある日、私がAさんの買い物をして戻ると、「お昼まだでしょ?おそば茹でたから、一緒に食べましょう」と、Aさんがおそばを作って待っていてくれました。

そして、その上には、例の温泉卵ものっていたのです。

 



専門家が支持する世界トップクラスシリカ水【のむシリカ】

 

本当に失礼なお話だとは思うのですが、当時はO-157で命を落とす人が続出していて、私は「その卵を食べたら死ぬかもしれない」と、本気で恐く思ってしまいました。

 

Aさんは、ただ私に喜んでほしくて、また、いつも一人で食事をしているから私と一緒にご飯が食べたくて、そのおそばを作ってくれたのです。

 

私はものすごい速さで頭をフル回転させ、何とか食べないで済む方法を考えました。

でも、絶対に捨てるなんて事はできません。

 

今考えてみれば、「卵アレルギー」だとか言えばよかったと思いますが、結果的にAさんの気持ちを考えて全て食べる事にしたのです。

 

食べてみても卵は新しいものとは思えず、少々臭みのある傷みかけの状態。

食べながら、ちょっと複雑な気持ちでした。

 

ちょうどその頃に、お昼の人気番組だった「おもいっきりテレビ」でO-157の特集をしていて、みのもんたさんが「納豆菌でO-157は100%死滅します」と言い切っていたので、一か八か、納豆で対処する事にしました。

 



忙しい朝に簡単栄養チャージ!朝食スープ

 

私はおそばを食べ終わると家に急いで帰って、納豆を1パック食べました。

その後、その話をケアマネージャーにしたら、「何とか断れなかったの?本当にAさんの所で何か食べたら危険だから、絶対に自分の身は自分で守るのよ!」と言われました。

 

納豆菌が効いたのか、本当に温泉卵が無事なものだったのか分かりませんが、私はお腹を壊す事もなく、O-157になる事もありませんでした。

 

Aさんの気持は嬉しかったのですが、最悪な状況だったら私は死んでいたかも知れません。

当時はO-157に効く薬がありませんでしたし、それは大げさな話ではないと思います。

 

ご利用者さんに不愉快な思いをさせてしまうかも知れませんが、それ以来、私は、ご利用者さん宅でお茶菓子に手を付けなくなりました。

私が絶対に何も食べないヘルパーだと思ったら、Aさんは私におそばを茹でることなどなかったでしょう。

 

普段からしっかりとお断りする事が大切だったのだと、あとでとても反省してしまいました。

本当に、難しい問題ですね。

 




 

 

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017å¹´)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。