🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

ご家族が認知症と診断されると、どう接したらいいのか悩むことがあります。傷つけたくはないけれど、どうしても言わなければならない事も色々あるもの。では、認知症のご家族にはどのように接していけばよいのでしょうか?
家族はどう接したらいいの?

ケアで気をつけたいこと・心掛けたいこと

 

認知症と言っても症状はひとそれぞれ。

細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。

なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生の記事をご紹介いたします。

 

ご本人は能力がまだあるのに、自信を失ってやらなくなってしまう事が多い。

「認知症は自信を失う病気である」と説明してもよいくらいです。

ですから、家族はなによりも失敗させない事を心がけて欲しいと思います。

約束をしょっちゅう忘れたりすると、多くは「また忘れたの!」といった言葉が出てしまいがちです。

家族からすれば、元気だったころの姿が忘れられないからです。

やはりしっかりしてほしいと思います。

そんな家族のお気持ちはお察しします。

朝日新聞(朝刊) 2017年11月25日31面掲載より




 

どうしても、認知症になる前の元気な状態を求めてしまうのでしょう。

「どうして間違えるの?」「どうして忘れるの?」の連続。

 

うちの母についても、「どうしてガスコンロの火を消し忘れるの?」と思った事も。

(安全装置付きのコンロに買い替えましたけどね)

 

そんなご家族を傷つけて、自信を失うような言葉を投げかけてはいけないのでしょう。

 

けれども、認知症の人は、自信を失って、できるのにやらなくなっている部分が大きいのです。

できそうだからやってみようと、もう一度思い直してもらうには、失敗させない事が大切です。

失敗しないで頑張れると、気持も安定してさらに色々な事ができます。

するとご本人は病気と正面から向き合えるようになります。

逆に追い込んでしまうと、しなくてもいい失敗をしてしまい、本来できる事も諦めてしまいます。

すると、それまでなかった(自分は)病気だという意識が出ることもあります。

朝日新聞(朝刊) 2017年11月25日31面掲載より

 

繁田先生は「失敗させない事」が大切だとおっしゃっています。

確かにそうですね。

つい、「なんで分かんないの?」「なんで忘れるの?」と言ってしまいますが、そんな事がないように、家族が出来る限り気を付けなければいけないんですね。




 

実際にはご家族も忙しい毎日を過ごしていらっしゃるから、気をつけていても「なんで?」という事はあるのでしょう。

それでも、気をつけていれば失敗はかなり減るに違いない。

 

進行を緩やかにするのはリハビリや薬、生活環境の調整、ケアなどの複合的な力です。

しかし、薬やリハビリで能力を高める事ができたとしても、その能力を実際の生活場面で発揮できるかどうかは気持ち次第です。

治療やリハビリの効果を生活に反映させるためにも、ご本人が自信をもってやってみようと思えるかどうかが大切なのです。

朝日新聞(朝刊) 2017年11月25日31面掲載より

 

認知症の治療というと、薬やリハビリを中心に考えてしまいますが、ご本人の気持がすごく大切だという事なんですね。

ご本人が自信をもって、自分で出来る所は自分でやるという事が重要。

ご家族はそのためにフォローしてあげるという事ですね。

 

これで、朝日新聞に掲載された繁田雅弘先生のお話は終わりです。

認知症のご家族に対して、どう接するか戸惑う事はあるでしょうし、ご家族の方が精神的に参ってしまい、ケアを必要とする場合があります。

 

どうか一人で抱え込む事のないように、介護サービスをうまく利用しながら、認知症のご家族と幸せな時間を過ごしていきましょう。

 




 
 
 
 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 年 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です