「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

この記事は、2018年7月17日に日本テレビの人気番組「スッキリ!」で放送された「夏血栓」についての特集をまとめたものです。あまり耳慣れない言葉「夏血栓」。一体どういうものなのでしょうか?



 

「夏血栓」とは?

「熱中症」とどう違うの?

 

熱中症と初期症状が似ている夏血栓。

これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。

 

 

去年(2017年)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった人は全国で302人もいました。

しかし、池袋大谷クリニックの大谷院長はこんな事をおっしゃっています。

 

 

大谷院長>熱中症よりも怖いと言われているのが夏血栓なんです。夏血栓では、突然死の原因になってしまうんです。

 

熱中症よりも恐ろしい症状。

それが夏血栓だといいます。

 

 

健康な状態のときは、私たちの血液は赤血球などが固まることなく、血管の中をサラサラと流れています。

 

 

ところが、水分を奪われることによって血液がドロドロになりやすくなり、やがて血管の中に血の塊が出来てしまいます。

 

 

 

その結果、血流がストップする、これが夏血栓です。

 

 

大谷院長によれば、夏血栓によって「脳梗塞」や「心筋梗塞」を招くと、死亡率は最大30%にも上るといいます。

 

 

これは夏血栓にかかった50歳代男性患者の、肺のレントゲン写真。

どんな異変が起きていたのでしょう?

 

実際にこの男性を診察した大谷院長は、以下のように説明しています。

 

 

大谷院長>この方の正常な(血管の)太さが、この太さなんです。

 

 

これが正常だとすると、こちらはやはり血管が太くなっている。

血栓が詰まることによって、その手前が太くなっていたんですね。

 

この男性は、肺に血液を送る動脈の血管が詰まったため、血管が太くなっていました。

これこそが、命をも危険にさらす「夏血栓」の恐ろしい症状です。

 

この50歳代の男性は、夏のある日、息苦しさを感じて病院に駆け込みました。

そして蘇生処置によって、血管は通常の状態に戻ったのです。




 

しかし、もしも放っておいたり、受診が遅れたりすると、最悪な場合、命を落としていた可能性もあると大谷院長は指摘します。

 

 

夏血栓によって招くことがある重大な病気。

それは、脳の血管が塞がれて起こる「脳梗塞」、心臓の血管が塞がれると「心筋梗塞」、肺の血管が塞がれると「肺塞栓症」になり、場合によっては身体に麻痺が残るケースや突然死に至るケースもあるといいます。




 

大谷院長>夏血栓は、若い方も含めて誰にでも起こり得る病気なんです。

 

老若男女関係なく、決して他人事ではない病気「夏血栓」。

しかも・・・、

 

夏血栓が怖いのは、初期症状が熱中症と似ているところがあるんです。

 

 

「夏血栓」と「熱中症」は初期症状が似ているため、判断しにくいケースもあるといいます。

では、「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはあるのでしょうか?

 



無料入居相談受付中!!【シニアのあんしん相談室】

 

情報・画像:「スッキリ!」より

 

 




 

 

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017年)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください