🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル抗酸化作用の威力②

おいしい野菜くずスープの黄金比

 

今回教えていただいたのは、東京海洋大学特任助教授の松田寛子先生でした(上の写真)。

松田先生によると、野菜くずには甘みのあるものと苦いものがあるので、それをちょうどいい割合で使用すれば美味しいスープができるそうです。

 

松田先生>何も考えないでスープを作ってしまうと、苦みが前面に出てしまうので、スープに向いている野菜と向かない野菜をバランスよく取り入れる事が大事なんです。




 

スープに向いている野菜と向いていない野菜を挙げると、以下のようになります。

 

スープに向いている野菜

にんじん、トマト、かぼちゃ、パプリカなど、色が鮮やかで甘みが強い野菜&じゃがいもなど

スープに向いていない野菜

キャベツ、カブの葉、ピーマンなど緑色の野菜

玉ねぎの皮、にんにくの皮など苦味の強い野菜

 

じゃがいもは色が鮮やかな野菜ではありませんが、皮に付いている実のでんぷん質が甘みにつながるそうです。

 

松田先生>スープにはコクやアクセントが必用なので、甘味のある野菜だけだとコクやアクセントが出ません。

野菜スープに向く野菜と向かない野菜を7:3の割合で入れると、美味しいスープができるんです。

 




 

炊飯器で野菜くずスープを作ってみよう!

 

そして、できるだけ簡単に野菜くずスープができるように、炊飯器を利用した作り方を教えて下さいました。

 

 

<炊飯器での作り方>

野菜を切る

まずは野菜をカットします。

美味しいスープを作る場合の切り方は、スープに向く野菜と向かない野菜とでは異なりますので気を付けましょう。

 

スープに向く野菜の場合は、甘味を出すために小さく切っていきます。

 

 

スープに向かない野菜の場合は大きいサイズのまま使用します。

松田先生は手でバリバリ割いてましたよ。

 

野菜を炊飯器に入れてオリーブオイルを加える

野菜を炊飯器に入れたら、オリーブオイル(大さじ1)を入れます。

 

松田先生>ベータカロテンはファイトケミカルの一つで、それを前面に出していくためにオリーブオイルを大さじ1杯入れます。

 

脂溶性というのは、文字の通り油に解けるもの。

脂溶性の成分は、調理に油を使う事で抽出しやすくなるだけではなく、体内で吸収しやすくなるんですよ。

 

料理酒を入れる

次に料理酒(大さじ1)を入れます。

 

 

松田先生>料理酒は、アルコールで野菜に含まれる不快な野菜臭を消してくれるんです。

 

 

水を加える

水の量は「野菜が浸かるくらい」だそうです。

水を加えたら炊飯器のフタを閉め、炊飯のスイッチを入れ、

 

以上で、あとは出来上がるのを待つだけ。

 

そして1時間後。

 

野菜スープができました。

テレビではきれいに映っていたんですが、写真がイマイチですみません。

 

野菜くずとスープを分ける

出来た野菜スープはザルを使って野菜とスープに分け、できあがり。

 

出来上がりはこんな感じ。

 

口に入れるのはスープの方だけ。

美味しいようですよ。

 

アナウンサーさん>おいしい!ただ甘いだけではなく、色んな野菜のコクをしっかり感じる。

松田先生>7:3の黄金比と、炊飯器を使うところにポイントがあるんです。炊飯器は最初の温度帯が40~50度に保たれてから、100℃に加熱されていきます。

 

その炊飯器の温度が、ファイトケミカルを抽出するのにちょうどいいのだそうです。

 

松田先生>甘味成分のアミノ酸や、うま味成分のグルタミン酸が多く含まれ、それに苦み成分や辛味成分がアクセントになって、おいしい野菜くずスープができるんです。

 

おいしそうですね。

私も今、毎日出る少ない野菜くずを冷凍保存し、ためているところです。

作ったらこちらで紹介しますね。

 

1 2 3 4

 




 

 

【昭和な話】CHAGE&ASUKAさんとポップコーンの思い出

出典 : Amazon / 万里の河 [EPレコード 7inch]   それは昭和54年頃。 当時、「チャゲ&飛鳥」というグループ名はそれほど世間に浸透していなくて、同じく長渕剛さんについてもそれほどメジャーな […]

コメントなし

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017å¹´)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル抗酸化作用の威力②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。