母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

母が脳出血で倒れたのは2011年4月25日。現在、状態は落ち着いていますが、時間をかけながら緩やかにいろんな事を忘れていくようです。麻痺した手足は微妙に細くなってきました。家族の事は覚えていないようで、施設を出入りするヘルパーさんが家族だと思っているようです。
子供の存在を忘れてしまった母

 

母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。

私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。

 

話しかけてみても反応がイマイチですね。

無視はされませんけれど、母は、元気な頃に道端で知らない人と話をしていた時の表情で、私の質問に答えます。

通りすがりの人に話しかけられている感覚なのでしょうね。




 

無理に思い出さなくてもいい!

元気で幸せなら・・・

 

初めの頃は何とか思い出してもらおうと頑張っていましたが、そのうち、「忘れてしまったのなら仕方ないかな?」と、「私はあなたの娘です」と、その時間だけでも覚えてもらおうと努力してみました。

 

ですが、その行為も段々と面倒くさく感じているようで、母は「うるさいわねえ」という表情をするようになりました。

 

そんな時に、あるテレビ番組で、奥様が記憶障害だというご夫婦の特集をしていました。

 

その番組では、ご主人が、愛し合っている頃の記憶を奥様から呼び覚まそうと努力していたのですが、過去の記憶は蘇る事がありませんでした。

 

そして、御主人は奥様の気持ちをよく考え、奥様に会った時に「初めまして。〇〇と言います。どうぞよろしくお願いします」とあいさつをしたそうです。

 

それから、まるで初めてデートに誘うかのように食事や映画に誘い、何度も繰り返す中で奥様にもう一度愛されることが出来たのだとか。




 

その話から、私は毎回母に会う時に「こんにちは」と言いながら会うようになりました。

 

「初めまして」とまでは言いませんが、心の中では「初めまして」の思いで接していこうと思ったのです。

すると、母の態度が少々変わってきました。

迷惑そうな顔をしなくなり、私のお話に笑顔で返してくれるようになったのです。

 

母が記憶障害を起こして、私たち家族を忘れてしまうのは仕方ない事なのでしょう。

それなら、家族の方が母に合わせればいい。

 

一番大切な事は、母が私たちを思い出す事ではなく、母が元気で幸せに過ごしてくれる事。

施設の時間はのんびりと過ぎ、母は室内でゆったりと過ごしている様子です。

 

大好きなお相撲や韓国ドラマをテレビで見ながら、きっと、その時間は母にとって幸せな時間なんでしょうね。

元気なころに戻る事はないので、母がずっと幸せに過ごしてくれれば、それが一番。

 

 

来月は母の日ですね。

母にできる事は何なのか、毎年考えてしまいますが、やはりいつも通り、新しいパジャマを買っていこうかな?

 

皆さんは、母の日、どうしますか?

もしもご両親がお元気でいらっしゃるのなら、今のうちにたくさん親孝行をしておいて下さいね。

 

つづく>

 




 

 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 年 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です