「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

この記事は、2018年7月17日に日本テレビの人気番組「スッキリ!」で放送された「夏血栓」についての特集をまとめたものです。あまり耳慣れない言葉「夏血栓」。一体どういうものなのでしょうか?



 

「夏血栓」と「熱中症」は見分けられるの?

「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか?

そして、効果的な予防法とは?

それらについて、大谷院長が解説してくださいました。

 

加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事でよろしいんですよね?

大谷院長>はい。「血栓症」は病名ですが、それが夏に起こるということで、いわゆる「夏血栓」ですね。

 

視聴者に勘違いがないように、説明が追加されたようです。




 

加藤さん>では、メカニズムを説明していただいてよろしいですか?

大谷院長>はい。夏になると脱水によりまして、血管の中の水分が失われて、血液がドロドロになります。

 

 

そして、ドロドロの血液の中から血栓ができてしまう。

 

 

それが血管に詰まってしまうのが「血栓症」ですね。脳に詰まれば「脳梗塞」、心臓なら「心筋梗塞」、肺だったら「肺塞栓症」。

どれも突然死になり得る怖い病気なんです。

加藤さん>これ(血栓症)は夏に限らず起こる病気なんですけど、夏の場合はやっぱり、汗をかくことでなり得る可能性が高いと考えてよろしいですか?

大谷院長>おっしゃる通りです。

加藤さん>これ、だから、自分で症状を(分からずに)熱中症だと勘違いして「ちょっと熱中症っぽいな」と思って水を飲んだり、経口補水液とか飲みながら「横になれば大丈夫」だと思ってしまい、それで血栓ができていたら大変なことになるという事ですよね。

 

 

大谷院長>そうなんですね。「夏血栓」の場合は一発で「突然死」の原因になりますので、これは大変なことになりますよね。

水卜アナ>では、症状の違いというのを教えていただきたいと思います。

加藤さん>「夏血栓」と「熱中症」の見分け方ということですか?

大谷院長>はい。まず、この「夏血栓」自体はですね、発病されてから10~30%の死亡率なんですね。

発見しても、診断してから治療が間に合わなければ30%亡くなってしまう。一方で、「熱中症」の場合は、救急搬送された中で、実際に亡くなった方は1%くらいいらっしゃるという、それ(1%)でも多いんですけど、「夏血栓」の場合は死亡率が最大30%になってしまいますから、それだけ怖い病気なんです。

 

 

「夏血栓」の初期症状として、めまい・倦怠感・頭痛などは熱中症と同じでございます。

 

それに対して、「心筋梗塞」であれば胸が圧迫される、締め付けられる。「肺塞栓症」でしたら呼吸困難、または動悸がする。「脳梗塞」でしたら手足のしびれたり、ろれつが回らなかったりというような症状が出てまいります。

 

 

(脳梗塞としての見分け方は)たとえばこの「ドロップハンド試験」というんですけども、

 

 

手を前の方に出して頂いて

 

 

ここから同時に手を離し(力を抜く)ます。

そうすると、ゆっくりと(両手が)落ちていくと思うんですが、「脳梗塞」で麻痺がありましたら、パッと片方が落ちてしまいます。

 

 

周りの人が見分けるときに、いい方法かなと思います。

加藤さん>「肺塞栓症」とか「心筋梗塞」についてはどうしたらいいですか?

大谷院長>まず、水分を摂って頂きながら、冷たいところで安静にしていただき、でも、それでも戻りが悪い場合には、「熱中症」が重症化している可能性と、もう一つは「血栓症」の可能性がありますから、どちらの症状であっても、その場合には急いで医療機関を受診して頂いた方がよろしいかと思います。




 

素人判断はせずに、様子がおかしかったらすぐに医療機関で診て頂きましょう。

 

加藤さん>これは高齢者だけではないんですよね?

大谷院長>はい。高齢者は屋内での熱中症が非常に問題になっておりますけど、若い方から高齢者まで。

実際、私は数年前に、大学生が外の炎天下で走っているところで倒れて救急搬送されて、不幸な結果になった患者さんもいらっしゃいます。

 

情報・画像:「スッキリ!」より

 




老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

 

 




 

 

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017年)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください