血管が柔らかくなるお話 

テレビや雑誌でもよく取り上げられる「血管が柔らかくなる食材」。

でも、同じものばかり食べ続けるのは、そのうち辛くなっていくでしょう。

 

ですので、いくつかピックアップして、ローテーションを組みながら食べていくというのも一つの考え。

飽きて続かなくなる健康法よりも、毎日の食事を楽しめる健康法のために、「おすすめ食材」と言われている物をいくつか挙げてみましょう。




 

食べ物で血管が柔らかくなるらしい

 

「血管にいい食材」としてよく紹介されるものを挙げると、次のようになります。

 

DHA、EPAが含まれる食品

DHAやEPAは、青魚などに多く含まれます。

たとえば、サバやサンマ、いわしやブリなどが有名ですね。

 

その他にも、マグロのトロにも豊富に含まれているといいます。

今はサプリメントでも摂取できますが、できればこういったお魚類を普段から食べているといいようです。

 

以前ニュースで、「週に8食以上お魚を食べている人たちは、脳疾患や心疾患になる割合が低いというデータが得られた」と言っていました。

 

お魚には鮭やアジなどもありましたが、お魚を食べるという事はDHAやEPAを普段から摂取しているという事なので、血管が柔らかくなるという事なのでしょう。

 

他にも認知症予防にいいそうなので、毎日お魚を食べる習慣を付けるといいですね。




 

ケルセチンが含まれる食材

ケルセチンというのは玉ねぎに多く含まれる成分で、抗酸化力が非常に強いポリフェノールの一種です。

ケルセチンという成分は耳慣れていなくても、玉ねぎが血管にいいというのは、ご存知の方が多いのではないでしょうか?

 

このケルセチン、血管を柔らかくして、血管年齢を若返らせる効果が期待できるそうですよ。

 

広島大学病院の東幸仁教授によれば、「1日に半玉~1玉食べると、血管年齢を10歳~20歳若返らせる事も夢ではない」のだとか。

 

毎日でなくても、1日置きに玉ねぎを半玉食べるだけで大きな効果があるというお話です。

 

また、玉ねぎほど多くはありませんが、モロヘイヤもケルセチンが豊富な食材になります。

 

モロヘイヤと玉ねぎで、血管を若返らせることが出来そうですね。

 

血管を強化する食べ物もおすすめ

 

血管を柔らかくする食材は他にもありましたが、やはり魚・玉ねぎ・モロヘイヤがダントツで良いという事なので、ついでに血管を強化する食材も調べてみました。

 

ファイトケミカル(ルチン・リコピン・アントシアニン・カテキンなど)

 

トマトに含まれるリコピン、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、緑茶に含まれるカテキンなど、ファイトケミカルも血管の強い味方。

 

特に蕎麦に含まれるルチンは高い抗酸化効果があり、素晴らしい成分なのです。

皮膚の結束力を高めるためにビタミンCが不可欠ですが、ルチンはビタミンCとの相性が抜群。

 

その上、血管の柔軟性を高めて血管を強化し、血流を良くします。

また、ハーバード大学の研究によると、ルチンは血流をスムーズにし、血栓を予防する働きがあるのだとか。

 

その他にも悪玉コレステロールを分解したり、糖尿病の改善や予防、関節の痛みを軽減し、アルツハイマーの予防、癌や生活習慣病の予防、美肌効果などが挙げられるそうです。

 

ルチン、恐るべし!

 

しかも、韃靼(だったん)蕎麦には通常の蕎麦の100倍のルチンが含まれていて、おすすめ。

蕎麦アレルギーなど、蕎麦が食べられない方もいらっしゃいますので、アレルギーの方は無理に食べないで下さいね。

 

ファイトケミカルは基本的に野菜に多く含まれていますので、野菜を多く食べていれば自然と体内に入ってくるもの。

ぜひ、健康的な食生活を続けていきましょう!

 

参考サイト>

・動脈硬化改善・予防に良い10の食事・食べ物・食品・サプリ

・キニナル

 




 

 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 年 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

血管が柔らかくなるお話 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です