「スッキリ!」で紹介された老眼の話 / 予防・トレーニング

やっとこのホームページのリニューアルが終了しました。

本当に、こんなに時間がかかるなんて夢にも思いませんでした。

 

という事で、これから新しい記事を更新していきますね。

今日は久しぶりの記事更新という事で、「スッキリ!」でご紹介されていた老眼のお話についてまとめてみますね。

 

まずは、巷の「老眼にまつわるウワサ」について、眼科医 : 日比野佐和子(ひびのさわこ)先生の解説をご紹介します。




 

「若い時に目が良いと老眼になりやすい」って本当?

 

答え> ウソ

<解説>

視力の悪い人は、老眼になっても近くが見えるために「老眼ではない」と思い込みやすいそうです。

実際は水晶体も筋肉も衰えていて、気付かないうちに老眼になっているんですって。

 

 

「早めに老眼鏡を使い始めると老眼が悪化する」って本当?

 

答え>ウソ

<解説>

目が悪くなっても「悪化するから」と眼鏡をかけないでいると逆効果。

 

もちろん、老眼鏡を掛けてあげる事でサポートしてくれるわけですので、老眼鏡を掛けない事は逆効果になります。

 

「ブルーベリーは老眼にイイ」って本当?

 

答え>ウソ

<解説>

ブルーベリー自体は老眼の改善とは関係がありません。

 

 

ブルーベリーに含まれるポリフェノールが「眼精疲労に効果がある」という研究報告があります。

 

また、スッキリ!によると、ルテインという成分が網膜の病気を予防する効果も期待できるそうです。




 

「老眼の症状はいつか止まる」って本当?

 

答え>これは本当です。

 

個人差はあるんですが、大体70歳くらいになってくると、老眼の症状が安定してくるという事ですね。

 

 

老眼が進むという事は、まだ目に調整力が残っているという事。

そのため、早いうちに症状の進行を遅らせ、柔軟な目を保つ事が大切。

 

毎日トレーニングを続ける事で、老眼でない人にとっては老眼予防に、老眼の人にとっては進行を遅らせる事ができるそうですよ。

 

このあと、皆さんで目のトレーニングをやりました。

トレーニングについては以下の通りです。

 

遠近スライドトレーニング

 

期待できる効果>

目のピント調節を行う毛様体筋の収縮・弛緩を繰り返す事で、幅広くピント調節ができるようになる事が期待できます。

スマホ老眼の症状改善にも効果が期待されるとか。

 

やり方>

 

① 親指を立ててピントが合う一番近くで、1秒凝視する。

② 腕を伸ばして1秒凝視する。

③ 3m以上離れた対象物1秒凝視する。

 

これを1日に3セット(1セットあたり5回)繰り返すといいそうです。

合計で15回。

私も頑張ります!

 

8点グルグルトレーニング

 

期待できる効果>

眼球運動が素早くできるようになり、目の周りの血液の循環が良くなります。

また、それが別の老化予防にもつながると言われています。

 

やり方>

 

① 顔を動かさず、目だけで真上を1秒見る。

② 右斜め上、右、右斜め下・・・と、8箇所を1秒ずつ順番に見ていく。

(反対周りもやる)

 

これを左右一周ずつ、1日に3セットやるといいそうです。

私の子供の頃は4点トレーニングで、「グルグル体操」なんて言われていましたけど、今は8点なんですね。

良かったら試して下さい。

 

番組の感想>

ブルーベリーが老眼に効果なしなんて、びっくりでした。

でも、よく考えてみると、サントリーさんとかブルーベリーサプリメントを宣伝していますが、「老眼に効く」なんて事は一言も言ってませんもんね。

 

「目に良い」という話だけ。

ブルーベリーが老眼に効くと思い込んでしまったのは、利用者さんたちのコメントからなんでしょう。

 

あら、勘違い・・・。

老眼予防、頑張りましょうね。

 




 

 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 年 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

「スッキリ!」で紹介された老眼の話 / 予防・トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です