🌳認知症は早期発見・早期治療が大切①

高齢社会である日本では、認知症は身近な病気。私たちは認知症とどう向き合ったらいいのか、認知症の人とどう暮らしたらいいのか、2017年11月25日発刊の朝日新聞を参考にまとめてみました。
認知症ってどんな病気?

 

朝日新聞で認知症の特集をしていた事があり、その記事についてまとめてみたいと思います。

この新聞記事では、東京慈恵会医科大学附属病院精神神経科の繁田雅弘先生が解説。

とても分かりやすい言葉で、丁寧に説明して下さいました。




 

認知症とは、時間の感覚が不確かになって不安になったり、約束を忘れて自分を責めたり、仕事や家事を失敗して落ち込んだりする病気です。

原因は、神経細胞に有害な老廃物(異常タンパク)がたまったり、血管が詰まって血液の流れが悪くなったりして起こります。

代表的な認知症が、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症です。

 

そして、特にアルツハイマー型認知症を中心に説明。

アルツハイマー型認知症は、認知症全体の5~6割を占めているそうです。

 

厚生労働省の推計によると、2012年の時点で日本人65歳以上の認知症患者数は約462万人とされています。

繁田先生は、恐らくこのうちの半数が軽症で、もし中等度まで進んでいたとしても、十分に自宅で暮らせる程度なのだそうです。




 

この認知症患者のうち、アルツハイマー型認知症と診断された人の中には、進行が緩やかなタウオパウチー(嗜銀顆粒性認知症、神経原線維変化型認知症)と呼ばれる病気も含まれています。

そしてさらに、これらの病気について詳しく解説して下さいました。

 

アルツハイマー型認知症はアミロイドとタウという2種類のタンパクがたまりますが、タウオパウチーはタウだけしかたまりません。

そのため進行が遅く、ちょっとした支援で症状が重くならないまま寿命を迎えられます。

 

認知症と診断が付かないMCI(軽度認知障害)の人にも高い確率で、タウオパウチーが含まれます。

 

そしてアルツハイマー型認知症についても、ケアや環境調整、生活習慣病のコントロールなどの多くの知見が得られ、悪化のスピードも20年前から30年前に比べれば半分から3分の1以下になりました。

 

本人のストレスを避けられれば『恍惚の人』に描かれているような重度の認知症になる人はまれです。

朝日新聞2017年11月25日(土)付31面より

 

 

繁田先生のおっしゃるように、今は食事の管理、運動などで生活習慣病をコントロールする方が多いですね。

 

ちょっと「本人のストレスを避けられれば」という部分が気になりますが、ストレスについてはあとで説明がありました。

 

1 2 3 4

 




 

 

🙀この先、年金だけでは生きていけなくなるって?!6/5放送「ミヤネ屋」まとめ

  6月3日の金融庁の発表によると、1か月あたり、男性65歳以上・女性60歳以上から給付される年金などの収入に対し、支出が毎月5万円以上も上回るとのこと。 (1ヵ月当たりの収入:約21万円、支出平均:約26万円 […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

😈新元号詐欺にご用心!銀行員・携帯会社社員を名乗る事も!

  もうすぐ平成が幕を閉じ、令和の時代がスタートします。 巷では様々なサービスをスタートする一方、そのサービスに紛れて詐欺被害の報告があるそうです。   テレビ(いつもの「スッキリ!」ですが)で注意を […]

コメントなし

【昭和な話】CHAGE&ASUKAさんとポップコーンの思い出

出典 : Amazon / 万里の河 [EPレコード 7inch]   それは昭和54年頃。 当時、「チャゲ&飛鳥」というグループ名はそれほど世間に浸透していなくて、同じく長渕剛さんについてもそれほどメジャーな […]

コメントなし

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017å¹´)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。