🌻急な寒気は危険信号? 突然死をした叔父の症状

数日前まで元気だった叔父の死因

 

こんなタイトルだと、この記事を読む気が失せてしまうかも知れません。

ですが、あまりにも突然に叔父が亡くなり、今は驚きと悲しみでいっぱいです。

 

あとで叔母から話を聞くと、明らかに症状がおかしかったので、今回は叔父の症状についてお話させていただきます。




 

叔父には元々、糖尿病で高血圧でした。

毎日、医師の指示通りにお薬を飲んでいたんですよ。

 

ですが、亡くなる前日は急激にもの凄い寒気に襲われ、布団にくるまっても何をしても、その寒気はひどくなるばかりだったそうです。

 

暫く体を温めるも、ロレツが回らなくなっていき、叔母が「おかしい!」と気付いて救急車を呼んだのだとか。

 

ですが、救急車に乗る時には意識が朦朧としていて、病院に着いて医師に診ていただきましたが、間に合いませんでした。

死因は脳幹出血(脳出血の一つ)。

 

脳幹について、病気ナビさんでは次のように書かれています。

 

脳幹出血は、脳出血全体の5%程度ですが、もっとも危険な脳出血で致命的になるケースも少なくありません。

 

脳幹は、間脳、中脳、橋、延髄という4つの部分からなり、運動、感覚のほか、体温調節、呼吸、心臓の運動などの生命維持にかかわる神経が集中しています。

 

脳幹出血は、突然の頭痛で発症し脳幹の部位によっては、眼球運動障害(両目が一つの方向にかたよったり、鼻を見つめたりする状態)、めまい、四肢マヒ、しびれ、意識障害などが起こります。

 

一気に大量に出血すると、呼吸が止まり、数分で死に至ることもあります。また、高熱を発するのもこの出血の特徴です。

 

脳幹出血は、部位的に脳外科的手術ができないことが多く、強い後遺症が残る場合がほとんどです。

病気ナビより引用

 

叔父はここに書かれている「運動、感覚のほか、体温調節、呼吸、心臓の運動などの生命維持にかかわる神経が集中」の中の「体温調節」に異常が現れたのでしょう。

 

しかも、大量出血だと「数分で死に至る」というのと、「部位的に脳外科的手術ができないことが多い」という事で、非常に怖い病気なんだなと分かりました。




 

他にも若くして脳幹出血になった親戚がいましたが・・・

 

私のハトコ(お互いの親が従妹同士)が、数年前に脳幹出血になり、現在は健常者とほぼ変わらなく見えるほど回復しています。

病気が発症した頃、彼女はまだ30歳代でした。

 

食べる事が大好きで、急激に太った上に高血圧になっていて、その高血圧が問題だったようです。

 

彼女が助かったのは、妹と電話をしている時に急変したからです。

彼女は数日前から妹に「具合が悪い」「めまいがする」などと話していたので、妹から「お姉ちゃん、大丈夫?」と電話がかかってきて、話をしていたのです。

 

彼女の妹がすぐに救急車を呼んでくれたので、彼女の命は救われました。

ですが、しばらく麻痺がひどく、早い段階で強制的にリハビリをさせられていたので、回復するまで、本人にとってはとんでもなく辛かったそうです。

 

病院のリハビリは動作や言語だけではなく、日常生活についてのリハビリもあったそうです。

 

それはたとえば料理など。

「ほとんど味の付いていない肉じゃがを作った」と言っていましたよ。

 

救急車を呼んでから現場に到着するまで、平均6分かかると言われていて、この6分はどうしても覚悟しなければなりません。

 

ですので、私たちにできる事は、とにかく早く救急車を呼んで、必要があれば心臓マッサージや人口呼吸などをする事しかありません。

 

早く気付いて救急車を呼べるかどうかで、この脳幹出血の症状は大きく変わってしまうのでしょう。

 

叔父は亡くなってしまいましたが、急激な寒気や異常なほどのめまいがあった場合、「明日の朝一で」なんて言わず、早急に病院に行く事が大切。

 

でも、実際にそんな場面に遭遇した時、みなさんは救急車を呼べますか?

私自身、その時にならないと分かりません。

 

この二人のキーワードは、色んな症状が現れてからの「ロレツが回らない」症状のようです。

話し方がおかしくなってきた場合には、迷わず救急車を呼びましょう。

 




 

 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 å¹´ 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です