松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

昭和の大スター松田優作さんは、とにかく熱いハートの持ち主だったと語られています。先輩を立て、後輩を大切にし、作品の細かいところまで見逃さない個性派俳優。今回は、そんな松田さんについて、いくつか伝説になりつつあるエピソードを紹介させていただきます。
松田優作さんの部屋はこちら>

 

作品についての疑問点は食いつくように問い詰め
細かいところまで追求する役者魂!

 

松田優作さんは熱い男としても知られている役者さん。

そのため、どうしても許せなくて、暴力事件を起こす事もありました。

 

ですが、その反面、自分で納得できない役を演じる事はなかったのでしょう。

いや、そもそも演じていなかったのかも知れません。




 

よく役者さんが「役作り」という言葉を遣いますが、松田優作さんは役を作らず、その人自身になっていたように思います。

 

そのためには、随分細かいところまで演出家に食いついたと言われています。

カップの中のコーヒーについて「なぜ湯気が立っているんだ?!」とか、「これは誰が飲むんだ?!」とか、ちょっとでも引っかかる所があると、納得できるまで問い詰めたという話。

 

一片の迷いでもあれば、松田さんの役は作られた役になってしまうという事なのでしょう。

演じるのではなく、その人になる事。

そして、撮影中はその人である事。

だからこそ、そのシーンがリアルなものになる。

 

おみごと!バルーンアートの松田優作さん

台本に書かれていないセリフや演技の数々

個性豊かなアドリブを展開

 

その役になり切っている松田さんは、アドリブ力に長けていたと言われています。

と言うのも、そもそもその人になり切っていれば自然と出てきてしまう言動があるようで、自由に演技していたという話です。

 

人気刑事ドラマ「大都会」のシリーズでは、舛田利雄監督は、「ああいう役者は好きな様にやらせておけばいい、そうでないと使う意味が無い」と、そのアドリブを大きく買っていたそうです。

 

松田優作さんの作り出す世界は、監督にも想像のつかない新たな世界だったのかも知れません。




 

最近人気のある実力派若手俳優・菅田将暉さんは、何作も掛け持ちしながら撮影を続けているため、「本当の自分がどんな人物なのか分からなくなる」と話したことがありましたが、それは実際にその役になり切っているからこそ出てくる言葉。

 

ただ、松田優作さんについては時代の違いがあり、当時は役者さんが菅田さんのように掛け持ちする事は少なかったのだと思います。

 

何か1つ撮影している作品があれば、その作品に集中できた時代。

掛け持ちをしなかったわけではありませんが、その時その時に特に力を入れている作品があり、CM出演はあるものの、主役である役者さんは一つの作品に集中し、魂を吹き込んでいたように感じます。

 

最近の役者さんがそのような思いで作品に取り組んでいたとしたら、菅田さんのように短時間で他の人物に切り替わるのですから、本当の自分を忘れてしまうかも知れませんね。

 

松田優作さんは菅田さんのように感じた事は無かったのでしょうか?

口に出さなかっただけかも知れませんね。

 

松田優作さんと岩城滉一さん

上下関係を大切にし仲間を想う

熱い男松田優作

 

すぐにカッとなる短気な性格ではありましたが、曲がった事が大嫌いな部分もあったのでしょう(だからと暴力はいけませんけどね)。

 

上下関係に厳しく、誰よりも先輩を立てていたと言います。

そして後輩想いで、仲間想い。

人を心から大切にしていたのでしょう。

 

誰かに何か言われれば簡単に聞き流す事ができず、カッとなる事もありましたが、逆にそれが向上心を高める要因にもなったようです。

 

小さな子供にからかわれた事をきっかけに、「誰にも文句を言わせない作品を撮るぞ!」と、熱く語ったという話もあるほど。

人の言葉をまともに受け取ってしまうからこそ、常に自分を見つめ、一つ一つの役柄が出来上がっていったのかも知れません。

 

そんな松田優作さんの出演作品は、今でもファンの心を掴んで離す事はありません。

懐かしい作品の数々、時間のある時にゆっくりと振り返ってみるのもいいかも知れませんね。

 

3画像出典 : インスタグラム

参考サイト : wikipedia

 

 

松田優作さんの部屋はこちら>

 




 
 

 
 

🍺舞祭組がスナックモッチーにご来店!(2018年5月12日)

    モッチーさん>いや~!昨日はお客様も大盛り上がりで楽しかったなあ~!この写真、絶対に消さないでおこう!絶対に消すまい。消すまい、ケスマイ! 横尾渉さん>はい!キスマイでーす! モッチーさん>消 […]

コメントなし

㊞降谷さんの印鑑が飛ぶように売れる今日この頃

    降谷さんというのは、名探偵コナンシリーズに出てくるキャラクターの一人、安室透のことなんです。   名探偵コナンと言えば、ファンが多いのはコナン君だけではなく、魅力あふれるキャラクター […]

コメントなし

🎤生田斗真さん 日本テレビzipでのインタビュー(2018年5月11日放送)

    生田斗真さんは、ジャニーズでは異例の俳優さん。 アイドル路線ではなく、徹底して役者に専念しています。     11歳でジャニーズに入った生田さん。そのきっかけは? &nbs […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

    松田優作さんは熱い男としても知られている役者さん。 そのため、どうしても許せなくて、暴力事件を起こす事もありました。   ですが、その反面、自分で納得できない役を演じる事はなかったの […]

コメントなし

【感想】名探偵コナン ゼロの執行人

出典 : 名探偵コナン ゼロの執行人   近所の映画館がなくなってしまい、今回はちょっと電車に乗って映画を観に行きました。 地元の映画館はいつもガラガラだったので、映画館が満席になっているのを見たのは10年ぶり […]

コメントなし

🎤郷ひろみさん スナックモッチーにご来店(2018年5月5日放送)

    モッチーさん>〽屋根よ~り高い鯉のぼ~り~〽 今日は子供の日っと。 郷ひろみさん>郷~ひろみです!5月5日は郷ひろみです。     モッチーさん […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌎【リキシャーズ】人力車で五大陸制覇の旅!再出発準備中!

  リキシャーズから皆様へ吉報です=´∀`   鈴木さんご本人のお話から、ただ今出発準備中のご様子。 海外に行くという事は、どんなに優しい人たちに囲まれていても、誰にも頼れない部分が必ずあるもので、で […]

コメントなし

🍺竹内結子さん スナックモッチーにご来店(ズムサタ2018年4月28日放送)

モッチーさん>あ~あ・・・。ちょっと今月の売り上げ、イマイチだったから、値上げしちゃおうかな? 柿ピーは・・・800円・・・・カッコ一粒。     モッチーさん>ご飯は・・・800円・・・カッコ一粒。 […]

コメントなし

松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です