【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載

「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い

「一杯のかけそば」に似たお話で感動しました

 

それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。

 

それは昭和の大スター藤山寛美さんの舞台。

そのお芝居のタイトルは忘れてしまったのですが、ストーリーは「一杯のかけそば」に似たお話でした。

 

藤山寛美さんがどれほどすごい役者さんなのか教えようと、母は何度も私に「寅さん(渥美清さん)が毎日、この藤山寛美さんの舞台を見て勉強しているんだって!」と繰り返していました。

 

実際には、ロケに入ると渥美清さんは多忙になるため、オフの期間のお話だったようですが、それでも、渥美清さんは藤山寛美さんを心から尊敬していて、昼の部も夜の部も、見られる舞台はほとんど見ていたそうですよ。




 

舞台で藤山寛美さんが登場すると、客席の空気が一変したのを覚えています。

お客さんがどれほど藤山寛美さんの舞台を楽しみに集まって来られたのか、小学生の私にも強く感じる事が出来た瞬間でした。

 

そして、藤山さんのちょっとした目の動きやセリフのドモリ方、トンチンカンな言動が面白くて、ずっとお腹を抱えて笑っていました。

 

そのお話には、お金が無くて途方に暮れていた二人の男性が出会い、屋台でおそばを食べたシーンがありました。

ハッキリとは覚えていませんが、そのお蕎麦のお金はもう一人の男性がポケットの中から出したなけなしのお金だったと記憶しています。

 

1人分を頼んだのか2人分を頼んだのか、とにかくその2人はそのおそばを食べながら、苦難を乗り越えて状況を変え、お互いに幸せになれるように頑張ろうと約束しました。

 

そして、更に「一年間必死に頑張ろう」と言い、「一年後にまた会おう」とも約束していました。

その2人のうちの1人が藤山寛美さん。

何だか、心が温まるシーンでした。

 

そして、時は流れ一年後。

スーツを着てカッコよく(したつもりの)藤山寛美さんが登場。

お相手の男性は商売が軌道に乗り、大きくて立派な家に住んでいました。

 

2人でその1年間の苦労について語り合い、その会話の中でも所々笑えるシーンがありました。

ですが、本当は何をやってもうまくいかなかった主人公。

ウソを重ねるごとに、自分で自分を追い詰めていきました。

 

画像出展元についてはページ下部に記載

藤山寛美さんの泣きのシーンは

一生涯心に刻まれる

 

後には耐えかねて正直なお話をし、藤山寛美さんが得意としていた泣きのシーンへ。

その泣き方、本当に素晴らしかったです。

 

うまくいかない人生をごまかし、「お約束していた今日一日だけ何とか(ウソで)乗り切ればいい」と、お金がないのに無理にいいスーツを買い、着飾って来たのだと涙を流すシーン、お客さんは大泣きでした。

 

そこには、ウソで心を痛めていただけではなく、そのお相手との友情や、そのごまかしの1回だけで関係を断ちたくない大切な友達への思い、辛い事ばかりだった1年間の思い、絶対に再復帰しなければならないと思っていた責任感と、努力が何も実らなかった絶望感と、先が見えないこれからの不安、そして、そのお友達との再会をどれほど楽しみにしていたかなど、藤山寛美さんはその涙に全て凝縮していたように思えました。

 

とにかく、すごいシーンでした。

これはDVDでは分からない、舞台でなければ伝わらない感情だったと思います。




 

その後、藤山寛美さんが亡くなり、もう二度と見られなくなってから、1回でも舞台が見られたことを本当に母に感謝できました。

 

もうすぐ平成も終わってしまいますが、平成では舞台が随分進化してしまい、役者さんの演じ方も変わったように思えます。

なので、平成には平成の素晴らしさがあるとは思いますし、藤山寛美さんと比較できる役者さんはこの先出てこないでしょう。

 

ただ、藤山寛美さんのお芝居は、渥美清さんをはじめ多くの役者さんに影響を及ぼしていましたので、今でもその影響は受け継がれているのでしょう。

 

当時小学生だった私が言うのもおこがましいのですが、昭和の大スター藤山寛美さん、ものすごい役者さんでした。

今は舞台を見る事ができませんが、ぜひチャンスがあれば、大画面で見ていただきたいと思います。

 

今回は、そんな昭和を代表する大スターのお話をしてみました。

 

つづく>

 

画像出典 : アナウンサーのひとりごと★藤川奈々

 




映画観るなら<U-NEXT>

 

【介護サービスのお話】はこちら

【ちょっと気になる芸能人・有名人】はこちら




 
 

 
 

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

【副業:エキストラ】萩原健一さんとの思い出

出典 : KENICHI HAGIWARA OFFICIAL WEB SITE   以前、このサイトで萩原健一さんの話題に触れた事があるので、その内容については下の文字をクリックしてみて下さいね。   […]

コメントなし

【感想】シティーハンター劇場版「新宿プライベートアイズ」観てきました!

  先月は休みなく働いてしまったので、10日の日曜日にやっと映画を観に行く事ができました。 獠ちゃん、カッコ良かったですよ~!   神谷さんが「感覚的に(冴羽獠を)取り戻すのが大変でした。(昔のシティ […]

コメントなし

🎤三浦大知さん「歌声の響」いよいよ明後日!

出典 : オフィシャルブログ   「三浦大知さんの部屋」はこちら>>     2月17日に発表されたご予定では、式典は以下の通りになっています。   天皇陛下御在位三十年式典のご予 […]

コメントなし

🎬劇場版シティーハンター「新宿プライベートアイズ」が楽しみ!

出典:YouTube   いつもなら、何か調べたり紹介したりという記事を作成するのですが、今日はただただ「シティーハンターが楽しみ」と言いたいだけでブログを更新しています。   20歳代の頃にテレビで […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

😈新元号詐欺にご用心!銀行員・携帯会社社員を名乗る事も!

  もうすぐ平成が幕を閉じ、令和の時代がスタートします。 巷では様々なサービスをスタートする一方、そのサービスに紛れて詐欺被害の報告があるそうです。   テレビ(いつもの「スッキリ!」ですが)で注意を […]

コメントなし

【昭和な話】CHAGE&ASUKAさんとポップコーンの思い出

出典 : Amazon / 万里の河 [EPレコード 7inch]   それは昭和54年頃。 当時、「チャゲ&飛鳥」というグループ名はそれほど世間に浸透していなくて、同じく長渕剛さんについてもそれほどメジャーな […]

コメントなし

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください