🎥ドラマ「ごくせん2008」★三浦春馬さんの出演作品紹介&感想

「ごくせん2008」はドラマ「ごくせん」シリーズの3作目。このドラマから三浦春馬さんのファンになった人は多いのではないでしょうか?春馬さんのファンの間で人気の高い作品です。今回は、そんな人気ドラマについてご紹介・感想をまとめてみました。

 

三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>

 

「ごくせん2008」ってどんなドラマ?

 

ドラマ「ごくせん」は森本梢子先生の漫画「ごくせん」を原作に、ドラマ化・映画化されたシリーズです。

主演は数学教師役の仲間由紀恵さん。

 

学校名は白金学院(第1シリーズ)・黒銀学院(第2シリーズ)・赤銅学院(第3シリーズ)と、各シリーズごとに変わっているのですが、原作で使われているのは白金学院だけ。

第2シリーズの「ごくせん2005」と第3シリーズの「ごくせん2008」は、登場人物もストーリーも原作とは異なるオリジナル作品になっています。

 

 

この画像の舞台は八王子市のとある専門学校。

そして川沿いの風景を見てみると、どうも八王子市の浅川の風景のようですよ。

多分、八王子でよく撮影していたのでしょう。

 

<「ごくせん2008」のあらすじ>

「ごくせん」とは「極道」と「先生」を掛け合わせた造語。

ヤンクミは子供の頃に事故で両親を失い、母方の祖父である極道・大江戸一家の組長に育てられながら、学校教師であった父と同じく教師になる事を夢見て育ってきました。

 

第1シリーズで夢が叶い教師になり、第2シリーズを経てこの第3シリーズが日テレ開局55周年記念としてスタート。

 

南の島で教師を続け、たくさんのクレームを受けて失業した数学教師・山口久美子(仲間由紀恵さん/以下ヤンクミと記載)。

そんなヤンクミの元に訪れたのは、白金学院・黒銀学院で一緒だった猿渡教頭先生(生瀬勝久さん)。

 

猿渡教頭は、赤銅学院でどうしようもない不良ばかりを集めた3Dのクラス担任をして欲しく、ヤンクミをうまく言いくるめて東京に連れてくるのでした。

ヤンクミは、職員室の他の先生の様子を見ながら状況を理解し、またもや不良たちの担任に!

 

 

しかし、白金や黒銀とは違い、赤銅のリーダーはツー・トップの派閥争い中でした。

リーダー格の一人は風間簾(かざま れん / 三浦春馬さん / 以下レンと記載)、もう一人は緒方大和(おがた やまと / 高木雄也さん / Hey!Say!JAMP / 以下ヤマトと記載)。

2人はつねにライバル心を持ち、トップの座を争っていたのです。

 

2人はどちらも3人グループでつるんでいて、レンは市村力也(仲間純太さん / ジャニーズWEST(当時は関西ジャニーズJr.) / 以下イッチーと記載)・倉木悟(桐山照史さん / ジャニーズWEST(当時は関西ジャニーズJr.)以下クラと記載)と、ヤマトは本条健吾(石黒英雄さん)・神谷俊輔(三浦翔平さん)と行動を共にしていました。

 

 

レンとヤマトの2人は、2年生の時、別々のクラスで番長をしていて、それが3年生で同じクラスになり対立。

ケンカばかりしていたのです。

 

その後、学校周辺で発生した連続強盗事件の容疑がレンにかかり、他の教師たちがレンを犯人だと思い込んでいた中、ヤンクミだけはレンの言葉を信じて犯人捜しを始めました。

 

必死になってレンの無罪を証明しようとしているヤンクミを見て、ヤマトも一人で犯人捜しを始め、最終的に犯人を見つけ出し、レンとヤマトの関係は良くなっていく兆しを見せました。

 

その後、ヤンクミが2人にケンカと暴力の違いを教えたり、3Dの生徒が不良たちに絡まれているところをヤンクミが助けに入ったりしながら、レンとヤマトに友情が芽生えていき、バラバラだった3Dの生徒たちがまとまっていきました。

 

1話はレンの強盗疑惑とツートップの派閥争いをテーマに、2話は「暴力は自分より弱いものに対し一方的に攻撃するもの」「ケンカは誰か(何か)を守るために対等な条件で闘うもの」というヤンクミの思いと、チンピラに絡まれる話。

 

3話はやる気のない3Dの球技大会と名門高校生による集団通り魔事件をテーマに。

 

 

4話は三浦春馬さん演じるレンにスポットをあて、レンの家庭環境とアルバイトの問題がテーマに。

 

レンは小学生の時にご両親を亡くし、姉・薫子(山田優さん)がクラブのホステスをしながらレンを高校に通わせていたのでした。

そして、女性問題にだらしない猿渡教頭がそのクラブの常連客で、特に薫子の客であったことから、レンが教頭を小バカにするシーンが面白い。

 

 

生意気だけどお姉さん思いの弟レンが、お姉さんにこれ以上迷惑をかけないためにと思い、一人暮らしをするためにアルバイトを始めました。

レンの面倒を見るために、お姉さんは男性からのプロポーズを断った事があり、レンはそれをずっと気にしていたのです。

この4話は、レンの生意気だけど優しい一面が見られる、心温まるお話です。

 

 

5話ではハチャメチャな三者面談からスタート。豆腐屋の息子である本城が自宅にあったお金を使いこんだり、先輩に騙されたり。

真面目な父親の姿を見ながら、ヤンクミがお金の価値や父の偉大さを教えていきます。

 

 

6話は桐山照史さん演じるクラの恋物語。

クラは病院で知り合った藤村早希(小嶋陽菜さん)に一目ぼれし、2人はすぐに親しくなるのですが、早希は重い病気を患っているのでした。

クラの純粋な想いに胸打たれることでしょう。

 

 

7話は赤銅祭。女の子のお客さんをターゲットにした「イケメンカフェ」をすることに。

ですが、楽しい学生生活をしている事が気に入らない卒業生・郷田(松田悟志さん)が邪魔をしたり絡んで来たり。

 

郷田は赤銅学院の「伝説の番長」だったのです。

そんな郷田に負けないで赤銅祭に参加する3Dが、面白くもあり力強くもあります。

 

 

8話は三浦翔平さん演じる神谷の話。

合コンで知り合った女の子とのデート中に、荒高(あらこう)の不良に絡まれ、「お前は仲間がいないと何もできない」とからかわれます。

 

一方的に殴られた事から「どうせ俺は」とやるせない気持ちになる神谷。

そんな神谷に、ヤンクミが真の強さを諭していくお話です。

 

 

9話は卒業後の進路について考えるお話。

受験を控える生徒や就職先を探す生徒、家業を継ぐ生徒など様々ですが、一部の生徒が赤銅学院の生徒だというだけで会社から嫌味を言われ、投げやりになってしまいます。

 

そして、不良・芝山(八神蓮さん)と付き合うことに。

 

転落していこうとする生徒たちを、ヤンクミとクラスメイト達が全力で守ろうとするところが見もの。

 

 

10話は高木雄也さん演じるヤマトのストーリーと、生徒たちにヤンクミの実家が大江戸一家であることがバレてしまう話。

 

ヤマトはいつも、厳しい父(名高達男さん)から優秀な兄と比較されながら育ってきました。

両親の離婚問題や、乱闘による問題も絡み合いながら、ヤマトが自分なりの答えを見出してきます。

 

 

最終話は補習授業の話と、再び伝説の番長・郷田が登場する話。

郷田は仲間と強盗事件を起こし、逃げているところを目撃したヤマトたちが郷田を見かけた事を警察に話しました。

 

郷田はそのことを根に持ち、赤銅学院に乗り込んできました。

その時にヤンクミは、「何の解決にもならない無意味な争いはするな」と3Dの生徒たちを諭しました。

 

郷田は気持ちが収まらないのか、今度はレンやヤマト達を待ち伏せし、倉庫で暴力を奮う。

しかし、3Dの生徒たちはヤンクミとの約束を守り、やり返す事は無く、一方的に暴力を受けるばかり。

 

 

そんな中で、レンが殴られた拍子に倉庫の資材が崩れ落ち、レンは下敷きになってしまいました。

レンは病院に運ばれましたが、生死を彷徨う事に。

 

ヤンクミは大切な生徒に大けがを負わせた郷田に対し、悔しさや憎さを感じながらも、「人はやり直せる」と諭しました。

郷田は目を潤ませながら「俺もやり直せるのか?」と言い、心を入れ替えようと思うのでした。

 

「ごくせん2008]の見どころ

 

個人的にどの場面を切り取ってみても面白いと思うので、特におススメのシーンをご紹介するのが難しく、ポイントだけご紹介しますね。

 

<「ごくせん」は役者さんのアドリブが詰まったドラマ>

以前、速水もこみちさん(「ごくせん2005」出演)がテレビ番組でお話していた事ですが、「ごくせん」の撮影は役者さんたちに自由なアドリブをさせてくれていたそうです。

 

監督さんや演出家さんが細かく指示を出すよりも、役者さんたちが自由に演じている方が面白い作品になるという事だったと記憶しています。

そのため、もこみちさん演じるツッチーはいつも扇子を小道具として使用していたのだとか。

 

「ごくせん2008」についてもアドリブの連発です。

生瀬勝久さんのアドリブは「ごくせん2002」から随分と楽しませて頂きましたし、「ごくせん2008」については、現在絶好調の佐藤二朗さんもご出演。

三浦春馬さんの仕草などもユニークです。

 

一人一人の役者さんが自由にアドリブを生かし、この作品は出来ているので、セリフがなく、後ろの方で細かい演技をしている役者さんたちも注目してみると、新しい発見があるかも知れませんよ。

 

<ヤンクミのアクションシーンや熱い思い>

ヤンクミと言えば無敵のアクションシーン。

どんな悪党でも、何十人向かって来ようとも、ヤンクミにかかれば瞬殺。

 

「私のかわいい生徒に手を出すんじゃねえ!」という名台詞とともに、生徒を守るために闘うのです。

基本は素手。

相手がどんな武器を持ってこようが、素手で闘うヤンクミに敵う事はありません。

 

ですが、そんなヤンクミが闘おうとしなかった事もありました。

第3話に出てくる集団通り魔事件の犯人です。

 

なんと、その犯人は高校生。

進学校・青芝高校の生徒たちだったのです。

ヤンクミは、そんな青芝高校の生徒たちも諭していきます。

 

また、世間ではどうしようもないと思われている3Dの生徒たちを心から信頼し、誇りに思い、どんな相手に対しても胸を張って「私は赤銅学院3Dの担任」だと言える、熱い心を持った先生。

そんなヤンクミの言葉に感動した人は多いのではないでしょうか。

 

 

<大江戸一家とおじいちゃん>

ヤンクミのおじいちゃんと言えば、大江戸一家の三代目組長・黒田龍一郎(宇津井健さん)。

おじいちゃんは、ヤンクミが生徒の事で悩むたび、さり気なくアドバイスをしてくれるのです。

その言葉の一つ一つが温かい。

 

兄貴分の若松弘三(阿南健治さん)や菅原誠(両國宏さん)が、ヤンクミの成長や、テツ(朝倉てつ / 金子賢さん)の片思いを温かく見守るシーンや、テツとミノル(達川ミノル / 内山信二さん)のコントのようなシーンも面白いです。

 

<クマの奥さん>

「ごくせん2002」から出演している熊井ラーメンの店主クマ(熊井輝夫 / 脇知弘さん)は、白金学院時代のヤンクミの教え子。

クマは高校生の時、一目ぼれした女子高生・亜美(石原あつ美さん)と結婚。

 

出会った当時は亜美には彼氏がいましたが、その彼氏が通り魔事件を起こしている高校生たちに目を付けられ、亜美と彼氏が人気の無い倉庫に連れ込まれてしまったという話が、第1シリーズの中にありました。

 

 

その時、亜美の彼氏は亜美を置いて逃げてしまい、残った亜美は男子高校生たちの餌食になるところだったのです。

そこへクマがたった一人で飛び込んできて、バッドを持っている複数の男子高校生に立ち向かっていったのです。

 

勝ち目のない状況の中、クマはボロボロになりながら亜美に「逃げろ!」と、身を挺して亜美を守ろうとしたのでした。

もちろん、ヒーローの如くヤンクミが助けに来てくれたのですが、「ごくせん2008」では、ヤンクミが南の島から帰ってくると、「ごくせん2002」当時は高嶺の花とも思えた亜美とクマが結婚していたのです。

 

そして、二人の間にかわいい赤ちゃんも!

ドラマ・映画・スペシャルの全てに出演しているクマの、幸せな生活にも注目です。

 

三浦春馬さんと「ごくせん2008」

僕は今回、学園ものが初めてなので、このドラマで、「ごくせん」で、役者としても人間としても大きくなりたいなと思っています。頑張ります。

<「ごくせん2008」スタート直前スペシャル、三浦春馬さんのインタビューより>

 

「ごくせん2008」の撮影がスタートした頃、春馬さんはまだ17歳でした。

そして、テレビで放送がスタートした2008年4月19日は、18歳になっていました。

 

実生活でも、「ごくせん」と同じ高校3年生だったのです。

当時の春馬さんは大ブレイク中で、毎日忙しく過ごしていたもので、なかなか学校には行けなかったそうですが、この作品の中で高校生活をエンジョイしていたのかも知れませんね。

 

最終回のシーンで、レンが「俺、卒業できるかな?」と言うシーンがあるのですが、実は、実生活の方でも卒業が危なかったのだとか。

恐らく、出席日数が足りなかったのでしょう。

 

高校3年生の終わりごろ、事務所の配慮で暫く芸能活動を休止。

補講を受けて、何とか卒業に間に合いました。

 

そんな高校生時代の春馬さん。

ユニークな演技に感動です。

 

私が個人的に好きなシーンは、職員室で猿渡教頭に絡むシーン(4話)、廊下でヤンクミにアルバイトの件で問い詰められた時の表情(4話)、教室で机の上に回りながら座り込むシーン(6話)です。

 

↑ ぶれてしまいましたが・・・。

 

皆さんは春馬さんのどんなシーンが好きですか?

何度見ても面白いドラマなので、いつまでも大切に見続けてたいですね。

 

三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>

 

※画像出典>ごくせん2008

※参考文献>ごくせん2008日誌、週刊文春(令和2年8月6日号)




 


 

📺「三浦春馬×佐藤健 in N.Y.」★三浦春馬さんの出演作品紹介&感想

  三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>     このDVDは、2009年に三浦春馬さんが事務所から休暇をもらい(という設定)、一番の親友である佐藤健(さとう たける)さんと二人でニ […]

コメントなし

🎥映画「君に届け」★三浦春馬さんの出演作品紹介&感想

  三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>     <解 説>   「君に届け」の原作は、2006å¹´1月~2017å¹´12月に別冊マーガレットで連載されていた漫画です。 作者は […]

コメントなし

🎥ドラマ「ごくせん2008」★三浦春馬さんの出演作品紹介&感想

  三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>     ドラマ「ごくせん」は森本梢子先生の漫画「ごくせん」を原作に、ドラマ化・映画化されたシリーズです。 主演は数学教師役の仲間由紀恵さん。 […]

コメントなし

🎤仲野太賀さんの部屋 プロフィール&基本情報

画像出典 : pinterest 芸名>仲野太賀(なかの たいが) 旧芸名>太賀 本名>中野太賀 職業>俳優、カメラマン 所属事務所>スターダストプロモーション 生年月日>1993å¹´2月7日 出身地>東京都 身長>168 […]

コメントなし

📺ドラマ「わたしを離さないで」★三浦春馬さんの出演作品紹介&感想

画像出典 : pinterest   三浦春馬さんの出演作品紹介&感想はこちら>>     なぜこの作品を三浦春馬さんの作品紹介コーナー1作目に選んだかと言うと、私個人の感想として、春馬さん […]

コメントなし

【昭和な話】私の叔母とアメリカ兵との恋の話

↑ 写真>一番左より私の母、叔母、叔父と祖母です。   私が中学生の頃、部屋で探し物をしていると、小さなお守り袋のような巾着が出てきました。 「何が入っているんだろう」と興味を持ち、私は中身を確認する事にしまし […]

コメントなし

🎤清野菜名さんの部屋 プロフィール&基本情報

出典  : Instagram 芸名>清野菜名(せいの なな) 本名>不明(芸名=本名だと思われます) 職業>女優、ファッションモデル 所属事務所>株式会社ステッカー 生年月日>1994å¹´10月14日 出身地>愛知県稲沢 […]

コメントなし

🎤橋本環奈さんの部屋 プロフィール&基本情報

出典 : Twitter(マスクを縫う橋本環奈さん) 芸名>橋本環奈(はしもと かんな) 本名>橋本環奈 職業>女優 所属事務所>ディスカバリー・ネクスト 生年月日>1999å¹´2月3日 出身地>福岡県 身長>152cm […]

コメントなし

🎥伊藤健太郎さんの部屋 プロフィール&基本情報

出典 : Twitter 芸名>伊藤健太郎(いとう けんたろう) モデル時代の芸名>kentaro 俳優デビュー当時の芸名>健太郎 ※2018å¹´6月30日~本名・伊藤健太郎で活動 本名>伊藤健太郎 職業>俳優 所属事務所 […]

コメントなし

🎥「今日から俺は!!」観てきました

出典 : 「今日から俺は!!」公式サイト 『今日から俺は!!』キャストコメント付き特別映像   これからご覧になる方のためにネタバレはしませんが、私が特に感動したシーンをいくつか挙げますね。   <紅 […]

コメントなし

🎥三浦春馬さんの出演作品紹介&感想「ごくせん2008」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。