【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

今はヨーカドーさんと合併して、日本を代表する会社となりましたが、セブンイレブンが出来たばかりの頃はこんな感じでした。今回は、「コンビニ=セブンイレブン」だった時代の話をします。



 

「セブンイレブン」の名前の意味は?

当時のCMは?

 

うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんがお店に合わせて買い物に行く時代でした。

 

そんな時代に出来たセブンイレブンは、当時、画期的だったんですよ

営業時間は朝の7時~夜の11時。

その営業時間が、そのまま店舗名となったんです。

 

CMソングも印象的でした。


セブンイレブン初期CM-7-Eleven

 

〽セブン イレブン いい気分

開いてて良かった!〽

 

うちの近所の商店なんて、全部17時には閉まっていたので、何かと不便でした。

 

コンビニが出来る前はご近所さんに

調味料を借りに行く事がよくありました

 

この頃のドラマを観ると、ご近所さんが夕方訪れて、「ちょっとお醤油貸してくれませんか?」なんて言うシーンがたまにあります。

実際に、当たり前のようにあった事なんですよ。

 

お味噌を借りたり、お醤油を借りたり、お塩やお砂糖も。

必ず後でその分をお返しするというのが常識なんですが、中には「あら、いいわよ~!うちも何かあったらお借りすると思うし」なんて、お互いに貸し借りを続けているケースもありました。




 

そんな風にお付き合いしていたから、ご近所さんは、ある意味親戚みたいな存在。

もちろん、仲のいいご近所さんにしか借りませんが、温かい近所付き合いがそこにあったものです。

(仲の悪い人もいたようですが)

 

そして、コンビニが出来た事で、調味料を借りに行かなくても済むようになり、セブンイレブンの話題はすぐに近所中で知られるようになりました。

 

セブンイレブンは

お笑いのネタとしても大受けでした

 

お笑い芸人のお名前が思い出せないのですが、当時、セブンイレブンをネタにして笑いを取っていた2人組の芸人さんがいました。

 

YouTubeにないかな?と思って探してみましたが、残念な事に見つかりませんでしたので、一部のネタだけ書きますね。

文字で書いてしまうと勘違いのもとになるかと思いますので、どうか日本大学関係の方は気にしないで読んで頂きたく思います。

 

あくまで、お笑いのネタですので・・・(;´・ω・)

 




ニキビ集中ケアの体験エステ <エステのエルセーヌ>

 

お笑い芸人の一人は日本大学卒の方で、相方が何かをきっかけにイライラした雰囲気を演じ、こんな風に展開していきました。

 

相方>お前、日大だったなあ!

日大出>そうだけど、それが?

相方>日大って、別名「セブンイレブン大学」って言うんだろ?

日大出>どういうこと?

相方>あいてて良かった大学だ!

 

そして、相方が、日大を「誰でも入れる大学だ」と言い出すようなネタだったんです。

実際、日大は生徒数がおおいものの、やはり名門大学なんですけどね。

 

何が言いたかったかと言うと、セブンイレブンのCMは、お笑い芸人のネタになるほど誰でも知っているCMだったという事。

 

今はどんな内容でもお笑いネタになっしまうので、ピンとこないか方もいらっしゃるでしょうが、当時はある程度有名な話をネタにしていたもので、このセブンイレブンネタは随分とウケていましたよ。

 

スーパーマーケットが少ない地方に

セブンイレブンが多かった

 

今は随分と店舗数が増えましたが、私の学生の頃はまだまだ店舗数が少なかったように思います。

友達との話題にもなっていましたよ。

「ねえ、近所にセブンイレブンある?」なんて感じで・・・。

 




世界にひとつだけの特別な言葉を刻んだ時計を決して忘れることの出来ない大切な日、大切な人に贈ろう。

 

そんな時に驚いたのが、千葉県習志野市の友達の家に行った時のこと。

習志野市とは言っても、友達の家は駅からかなり離れていて、車で駅まで迎えに来てもらったほどでした。

 

学校のみんなで話をしていた時に、その彼の家がかなり大きいという話題になり、大人数で遊びに行ったんですが、まあ、その広さにビックリでした。

古風な日本家屋で、お庭も素晴らしかったですよ。

 

そんな友達の家を車で往復したわけですが、とにかく途中にセブンイレブンがいっぱいありました。

家も何もない所でも3軒も建っていると、本当に夜の灯りがセブンイレブンだけで、不思議な感じがしました。

 

セブンイレブンは、当時、ドミナント戦略と言われるビジネス戦略に力を入れていて、同じ地域に集中して店舗数を増やしていたのです。

 

今考えてみれば、習志野市のその一画にセブンイレブンが多かったのは、ドミナント戦略によるものだったのだと思います。

 

特に買い物が不便な地域を選び、かつ物件が安い地域で成長していったのでしょう。

 

セブンイレブンは

多くのライバル登場で24時間営業に!

 

朝7時から夜11時までの営業だったセブンイレブンは、その後、多くのライバル出現で営業時間を変更したのでした。

全店舗ではありませんでしたが、徐々に変わっていったようです。

 

ライバル店はバックに大手スーパーマーケットがあり、例えば西友系のファミリーマートやダイエー系のローソンなど、その経営には長年培ってきたノウハウが生かされ、コンビニがすごい勢いで増えていったのです。




 

私は個人的にセブンイレブンが心配になりましたが、やはりドミナント戦略は強かったようで、すでに地域に密着したコンビニとして親しまれていて、うまく乗り切っていたようです。

 

セブンイレブンがドミナント戦略を取ったのは、こういった事も想定しての事だったのでしょう。

現在は24時間営業が多いセブンイレブンですが、都心で、今でも朝7時~夜11時の店舗がある事にビックリ。

 

そこはオープン当時からずっと同じ時間帯で商売しているから、それはそれでいいのでしょうね。

今日は、そんなセブンイレブンのお話をしてみました。

 

今は随分変わり、インターネット販売が充実していますね。

何だかそれが嬉しいような、昔懐かしい雰囲気のセブンイレブンが愛おしいような、そんな気持ちが同居している今日この頃です。

 

 

【介護サービスのお話】はこちら

【ちょっと気になる芸能人・有名人】はこちら




 
 

 
 

🍺舞祭組がスナックモッチーにご来店!(2018年5月12日)

    モッチーさん>いや~!昨日はお客様も大盛り上がりで楽しかったなあ~!この写真、絶対に消さないでおこう!絶対に消すまい。消すまい、ケスマイ! 横尾渉さん>はい!キスマイでーす! モッチーさん>消 […]

コメントなし

㊞降谷さんの印鑑が飛ぶように売れる今日この頃

    降谷さんというのは、名探偵コナンシリーズに出てくるキャラクターの一人、安室透のことなんです。   名探偵コナンと言えば、ファンが多いのはコナン君だけではなく、魅力あふれるキャラクター […]

コメントなし

🎤生田斗真さん 日本テレビzipでのインタビュー(2018年5月11日放送)

    生田斗真さんは、ジャニーズでは異例の俳優さん。 アイドル路線ではなく、徹底して役者に専念しています。     11歳でジャニーズに入った生田さん。そのきっかけは? &nbs […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

    松田優作さんは熱い男としても知られている役者さん。 そのため、どうしても許せなくて、暴力事件を起こす事もありました。   ですが、その反面、自分で納得できない役を演じる事はなかったの […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です