【昭和な話】あんパンが10円に値上がった時のショックな話

近所の酒屋さんで買っていたあんパン

 

私の小さな頃、あんパンと牛乳をセットで食べる事が、お昼やおやつの楽しみでした。

 

初めて一人で買いに行ったのが何歳の頃で、その時にいくらで買ったかは覚えていませんが、まだ小学生になる前に(多分5歳くらい)、あんパン1個が3円に値上がった記憶があります。

 

多分2円持っていって買うことができず、「1円高くなったんだー!」と思ったんですね。

それでも安く買えてお腹を満たしてくれるあんパンが、私は大好きでした。




 

そのあんパンはどこのあんパンだったのかも覚えていませんが、私の家の近くに第一パンさんのパン工場があり、私の住んでいた地域では、学校給食も商店街も第一パンさんの商品が中心になっていたんですよ。

 

そのため、私は第一パンさん以外のパンは知らなかったので、私の食べていたあんパンも第一パンさんのものだと思います。

 

今のように出来立てにこだわったり、他社さんに負けない商品開発を目指すような時代ではないので、昔からあるベーシックなあんパン。

これに牛乳があれば、私はそれだけで幸せに満たされたいました(大げさな話ではなく、本当に幸せを感じていたんです)。

 

バブル期には急激に物価が高騰した

 

その後、あんパンは少しずつ値を上げていきました。

3円が4円に、4円が5円にと・・・。

 

5円になった頃には、「あんパンが5円になったなんて、信じられないね!」と、家族や友達と話していたものです。

 

友達の1人は、「うちのお母さんなんて、もうあんパンなんて買わないって言ってたよ」なんて話をしていました。




 

あんパンはたしかに美味しいけれど、当時のあんパンは安い事に価値があったように思います。

 

あんパンの値段が上がった当時は、日本は高度経済成長期真っ只中。

次々に電化製品が発売され、それが飛ぶように売れていったのです。

 

電化製品に限らず、あらゆるものにおいて価格が高騰していきました。

そして、あんぱんの値上げも勢いを増す事になったのです。

 

とうとうあんぱんが10円に!

 

忘れはしないあの瞬間!

前日までは9円で、1ケタだったあんぱんの価格。

それが、10円になってしまったのです。

 

見た感じも食べた感想もずっと同じあんぱんなのに、10円になったということで、我が家では「高い!」と、買ってもらえない食品になってしまいました。

 

私が「幸せ」だと思っていた、牛乳とあんぱんのコラボを楽しむ時間を手放す事になったのです。

 

何とか親に値だって買ってもらっても、不機嫌になって「こんなものに10円なんて、高いのよ!」とあんぱんにブツブツ文句を言う親を目の前に、値だった事への罪悪感で幸せが半減してしまいました。

 

あんぱんには何の罪もないのに、そんなに怒らなくても・・・と、嫌な思いをしながら食べたものです。

今考えてみれば、急激にあんぱんが値上がった当時は第一次オイルショックの時期だったのでしょう。

 

突然値上げしたのはあんぱんだけではなく、製造過程でオイルを使う物全てが値上がったので、母の不満は家計を脅かす値上がりラッシュの中において「たかがあんぱんごときが値上がりするなんて!」というものだったのでしょう。

 



国内のショッピングサイトをワンクリックでまとめて検索【オークファン】

 

それから数年後、母の気分も落ち着いて、たまにスーパーであんぱんを買ってきてくれるようになり、私に幸せが返って来ました。

 

その後、平均所得も物価も同時に上昇していきながら、まだ日本人は価格設定がうまくできなかったのだと思うのですが、あんぱんは100円を越え、120円、130円、140円と値上がり、高くなりすぎて売れない商品となりました。

 

いくらまで上がったのか、あまりに高額になると人はあんぱんに見向きもしなくなり、意識すらしなくなってしまいます。

それでパン屋さんが考えを改めて、価格設定を微調整している時期がありました。

 

少しずつ値下げし、130円になったり120円になったり。

そして、多分、100円か110円くらいで落ち着いたのでしょう。

パン屋さんも、単価を上げても売れなければ利益が得られないという事を理解したのだと思います。

 

今のあんぱんは、当時と比較すればほとんど焼き立てに近い状態で売っています。

そして、東京ではお手頃価格である60円程度のあんぱんから、高級パン屋さんで売られる数百円(お店によっては1000円を越えるものもあると思います)のあんぱんまであります。

 

それらを選ぶのは消費者ですし、高級あんぱんについてはお土産としても人気があるので、消費者の視点も変わってきます。

多くの商品から、消費者が選ぶ時代なんですね。

私にとっては、やはり昔からのあんぱんが一番ですけど。

 

今日は、そんなあんぱんのお話でした。

みなさんも、食べ物で幸せを感じる事はありませんか?

そのささやかな幸せ、ぜひずっと大切にして欲しいなと思います。

 

私は最近、アップルパイに浮気することも・・・。

あんぱんよ、ごめんなさい・・・。

 

 

【介護サービスのお話】はこちら

【ちょっと気になる芸能人・有名人】はこちら




 
 

 
 

🍺舞祭組がスナックモッチーにご来店!(2018年5月12日)

    モッチーさん>いや~!昨日はお客様も大盛り上がりで楽しかったなあ~!この写真、絶対に消さないでおこう!絶対に消すまい。消すまい、ケスマイ! 横尾渉さん>はい!キスマイでーす! モッチーさん>消 […]

コメントなし

㊞降谷さんの印鑑が飛ぶように売れる今日この頃

    降谷さんというのは、名探偵コナンシリーズに出てくるキャラクターの一人、安室透のことなんです。   名探偵コナンと言えば、ファンが多いのはコナン君だけではなく、魅力あふれるキャラクター […]

コメントなし

🎤生田斗真さん 日本テレビzipでのインタビュー(2018年5月11日放送)

    生田斗真さんは、ジャニーズでは異例の俳優さん。 アイドル路線ではなく、徹底して役者に専念しています。     11歳でジャニーズに入った生田さん。そのきっかけは? &nbs […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

    松田優作さんは熱い男としても知られている役者さん。 そのため、どうしても許せなくて、暴力事件を起こす事もありました。   ですが、その反面、自分で納得できない役を演じる事はなかったの […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

【昭和な話】あんパンが10円に値上がった時のショックな話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です