🚗最近の交通事故について思う事

つい最近、自動車の接触事故が原因で、お散歩中の幼児が犠牲になりました。今回は高齢者による事故ではありませんが、あまりにショックが大きく、私個人としての考えをまとめてみました。
見通しのいい交差点でも事故は多い

 

まだ2歳のお子様2人が命を落とした交通事故。

テレビのニュースで知った私たちでさえも、やるせない思いでいっぱいになります。

お2人のお子様に、心からご冥福をお祈りいたします。

 

また、現在も1人のお子様が意識不明の状態らしく、このお子様が1日も早く目を覚まし回復できるよう、心からお祈りしています。

 

今回の事故は、右折車のドライバーが「直進車をよく見ていなかった」事が原因で起こったもの。

見通しのいい交差点だから生じてしまう気の緩みが、その根底にあるのでしょう。

 

また、数十年も運転しているベテランドライバーについても、過去には「道路で落書きしている小1の子供に気付かなかった」「前を走っていた自転車(子供)が突然転倒した」「自宅の駐車場から車を出す時に、子供がいたのが見えなかった」等、ベテランだからこそ生じてしまう「慣れ」により、小さな命が奪われてしまいました。

 

車の運転をしていると、当たり前の事ではありますが、事故を起こす日数よりも無事故で帰って来る日数が多いもので、それがある意味、運転に自信を付ける事にはなるのですが、同時に気の緩みが生じる原因にもなっていきます。

 

今回の事故は安全確認の欠如により起きたもの。

「見通しがいい交差点」「いつも通る道」「運転に慣れている」という事が、注意意識を緩めてしまったのでしょう。

 

これは、ドライバーなら誰にでも起こりうる問題として捉えるべき事なのでしょう。

特に慣れている道、運転しやすい道、死角が生じやすい道には緊張感を持って、「車は走る凶器」という事を忘れないで運転しましょう。

 

また、飲酒運転や運転中のスマホ操作などは、安全確認以前の問題です。

絶対にダメですよ!

 

 

進化する自動車の安全装置は完璧とは言えない

 

私の自動車には安全装置が付いていますが、どうも、最近の事故をいくつか振り返ってみると、この安全装置も完璧とは言えないようです。

私は実際に運転していて、衝突回避システムにより救われた事がありました。

暗闇の中、車を発進しようとしたらブレーキがかかったのです。

 

もちろんライトは点灯していましたが、真横に立っていた人が死角にいたのか、全く見えなかったのです。

その人は突然私の車の前に出てきて、自動ブレーキのおかげでその人に接触しないで済みました。

急発進したわけではないのですが、本当にビックリしました。

 

その他にも、病院の駐車場からバックして出ようとした時、急に小さな男の子たちが私の車の後ろスレスレのところに走り込んで来た事もありました。

 

その時は子供たちが走って来るのに気付いたので何も問題はありませんでしたが、振り返って見てみると子供たちの姿は死角にスッポリと入ってしまい全く見えませんでした。

 

私は運転に自信がない分バックモニターなども付けているので、それ以来どんなに急いでいても、必ずバックモニターで後ろを確認してからバックするようになりました。

 

他にも、アクセルとブレーキを踏み間違えた事もあります。

ですがこの車、踏み間違えた時には発進しないのです。

もう私も結構いい年ですからね。

何か起こる前に、できる限り安全装置にお金をかけましたよ。

もちろん、これらに依存してはいけないんですけど。

 

そして、ずっとずっとこれらの安全装置を信じて運転してきたんです。

ですが、なんと、以前に起きた事故の映像を見てみると、私と同じ車が事故を起こしていたんです。

 

 

私の車には衝突回避システムが標準搭載されていて、しかも、その車は事故当時に特にスピードを出していたというわけではありません。

ドライバーのハンドル操作ミスだったのですが、私としてはかなりショックでした。

 

どの角度でこのシステムが反応しなかったのか、自動車同士の衝突では双方のスピードが加算されるから衝突回避システムには意味がないのかとか、色々考えてしまいました。

 

衝突回避システムが付いていても、それは「事故を100%回避する」というものではないので、安全運転を心がけて安全確認を怠る事なく、出来る限りの事をした上での補助的装置として解釈しなければいけないのでしょう。

 

自動ブレーキシステムはアクセルとブレーキの踏みまちがいに効果がある

 

それでも、自動ブレーキが搭載されていれば、多発するアクセルとブレーキの踏み間違え事故はほとんど無くなると思います。

 

昨日は保育園の子供たちが公園で遊んでいる時に、傍のパーキングから自動車が急発進し、保育士さんが子供をとっさに突き飛ばして身代わりになるような形で車と衝突。

その車の運転士は「急に車が発進した」と話していたとの事。

 

もちろん、自動車を検証すれば、その時にブレーキを踏んでいたのかアクセルを踏んでいたのかがハッキリと分かるのだけど、今はまだ検証結果が出ていないので「踏み間違え」とは断言できません。

でも、本当にこのような事故が多いものです。

「ブレーキがきかなかった」「車が急に止まらなくなった」など。

 

たしかに自動車の安全装置は完璧なものではありませんが、急発進を回避する事はできると思います。

本当にこの自動ブレーキ・システムの有無が人の命を左右するのなら、シートベルト・ベビーシート・エアバッグのように、これからの自動車に義務付けるものになるかも知れませんね。

 

 

ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んでしまうのはほんの一瞬。

その一瞬で大惨事を招いてしまう。

間違える恐れがあるのなら初めから運転しない方がいいですし、それでも運転しなければならないのなら、自動ブレーキシステム搭載の自動車に替える事をお勧めします。

 

自動車を買い替える事が難しくて今すぐは無理であったとしても、できるだけ早いうちに・・・。

事故を未然に防ぐことが何よりも大切な事。

この世に命よりも大切なものはありません。

 

よく聞く「気を付けていれば大丈夫」「スピードを出さなければ大丈夫」という言葉に惑わされず、「絶対無事故」の運転について今一度考えてみましょう。

 

もちろん、私も含めてですが。

 

🏠最近買った物⑦ 最高時速6kmのルームランナーでのんびりトレーニング

  今回購入したのはクラウドウォーキングという電動ルームランナーです。 一般的には最高時速10kmという商品が多い中、この商品の最高時速は6km/hとゆっくりめ。 この速度が私にはちょうどいいのです。 出典 : […]

コメントなし

💻我が家の近隣小中学校もオンライン授業の準備を始めました

出典 : Pixabay   昨日は近所の中学校にお手伝いに行きました。 週に2日、私は授業に付いていけなくなった生徒に、マンツーマンで勉強を教えているんです。 ボランティアですけどね。   昨日使っ […]

コメントなし

🌻中古アパート一棟購入しました⑯ DIYで床の補強をやってみた

  突然ですが、皆さんは床を踏んだ時に「ミシミシッ!!」と床が沈んでしまう経験はありませんか? 古い住居によくあるのですが、床の傷みがひどい時に、人の体重がかかる事で床の一部が沈んでしまうのです。   […]

コメントなし

🎥「今日から俺は!!」観てきました

出典 : 「今日から俺は!!」公式サイト 『今日から俺は!!』キャストコメント付き特別映像   これからご覧になる方のためにネタバレはしませんが、私が特に感動したシーンをいくつか挙げますね。   <紅 […]

コメントなし

📖私の職場のコロナ対策 100円ショップ商品でウイルスガード製作②

  前回の記事から随分時間が経ってしまい、すみませんでした。 職場のコロナ対策に追われていました。   前回の記事で写真だけ掲載しました、ウィルスガードの2作目を今回はご紹介します。 因みに、この机の […]

コメントなし

📖私の職場のコロナ対策 100円ショップ商品でウイルスガード製作①

  最近は随分と都内の感染者数が減っていますが、この先も他人ごとではありません。 やはり、心配ですね。   現在の教室対応としては、保護者の方々とお話合いの上、宿題対応やSNS対応、2カ月間の休会など […]

コメントなし

最近買った物⑥ ダイソー商品でサイドワゴンを作ってみました

  作る前に写真を撮っておけば良かったのですが、ブログにアップする気が無かったもので撮っていませんでした。 すみません・・・。   今回、ワゴンづくりに使用したものは以下の通りになります。 &nbsp […]

コメントなし

💉コロナ終息を目指し 在宅ボランティアに参加

  コロナウィルスは感染症なので、素人の私は現場でのボランティアが出来ません。 感染症用の防護服も不足している中、ボランティア用の防護服など揃える余裕もないと思うのです。 それに、何よりもボランティアが感染して […]

コメントなし

💉これってコロナ? 保健所に検査を受けられるか聞いてみました

画像出典:ぱくたそ   コロナウィルスについて、まずは個人的なお話です。   実は、私、最近2週間、倦怠感とめまいがひどくなり、万が一の事を考えて自宅で過ごしていました。 通常、何も問題が無ければ、近 […]

コメントなし

🤖「2019国際ロボット展」に行って来ました② 介護ロボット・設備編

  <ポータブルトイレ> 介護コーナーに入って真っ先に向かったのが排泄関係。 ポータブルトイレをベッドの横に設置しているご家庭は多いと思いますが、タンク式のポータブルトイレは、こまめに手入れをしていても臭いが気 […]

コメントなし

🚗最近の交通事故について思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。