📚【ダイレクト出版PR】「78歳が2歳児救出」のニュースから感じた事




 

「78歳が2歳児救出」について思うところ

 

お盆は実家の岡山で、珍しくTVを見ていました。

流れるニュースは「山口県行方不明2歳児を発見した、78歳のボランティア尾畠さん」の話ばかり…(・∀・)

 

TVを見ない人のために経緯をまとめておくと↓

 

・2歳の理稀(よしき)くんが、帰省中に行方不明になった。

・警察や消防などは約150人態勢で捜索していた。警察犬やドローンも投入したが見つからず2日経過。

・翌早朝、78歳のボランティア尾畠さんが大分県から山口県へと探しに来て、なんと30分で発見!!

・名前を呼ぶと「おじちゃん、ここ」と答え、男の子は元気な姿を見せた。

 

おー、おっちゃん凄いなーと僕が感心していると、両親は揃って「怪しいなー」と疑い出す。

 

「30分ってそんな短すぎるし、ほぼ飲まず食わずで元気すぎる。小さい子がはっきりと『おじちゃん、ここ』って言うのも信じられない。どこかに隠してたんじゃ?いや、隠すとしても難しいか、、、」

 

なんて、なぜか推理小説の刑事みたいになってました。

 

「おいおい、そんな疑うか?過去のボランティア歴もあるし、ただのいい人でしょ」と言うも、まだ納得いかない様子。

でも、こんないい話なのに、疑いたくなるのはなぜでしょう?

僕の予想だと、それはあまりに話が出来過ぎているから。

つまり、信じたくても信じられないんですね。




 

#完璧すぎると信じられない

実はこれ、販売、営業の提案、交渉などでやりがちなことなんです。

もしあなたが、商品を売りたいお客さんに対して、商品の良い点ばかりを伝えてしまうとどうなるでしょうか?

 

きっと話を聞いてる相手は、あまりにうまい話で信じられず、裏があるんじゃないかと疑ってしまうはずです。

 

たとえ本当のことを言っていても、完璧すぎる話は信じてもらえないことが多々あります。

では、どうすればこの事態を避けられるでしょうか?

 

お客を決断させるセールスの科学「クロージングの心理技術21」にはこうあります。

自分の製品のあまり良くない点、ライバルより劣る点、あるいは100パーセント完璧とは言えない点を1つか2つ明かすとしたらどうだろう。

 

(中略)

 

あなたの製品やサービスの弱点らしきことを見込み客に明かすことによって、

 

「あら、ライバルにはかなわないことも話しているわ。本当は私に知られたくないだろうに、この人は隠していない」

 

と思わせれば、すぐに相手の信頼を得ることができる。

(P.238 20章「欠点を表に出す」より)




 

さらにこの本の著者は、

 

欠点を明かすことで信頼のアクセルを強く踏め、あなたの言葉が信用できると思われるようになる。

さらには、見込み客はあなたの言葉だけでなく、あなたという人間を信じるようになる。

 

と主張しています。

241ページには、あなたの商品の価値を損ねず、信頼を得るために欠点らしきものを伝える3つ例が紹介されています。

 

1、最速ではないピザ店

「うちは他のピザ店より10分ほど長くかかります。ソースをその都度手作りしているからです。他の店は、何ヶ月も前に作ったソースを入れた大きな缶のものを使っているのですが」

 

2、在庫の少ないメガネ屋

「他の店のように何百ものフレームは置いていません。うちは安い一般的なフレームでなく、流行のファッション性の高いものを5ダース(60個)だけ置いていることを誇りに思っています。安い二級品をかき分けて一級品を探す手間が省け、半分の時間で新しいメガネをお選びいただけます。」

 

3、割高な造園業者

「他の業者に比べてうちは月2000円ほど高いです。なぜなら、週15-20分長く手作業で地面を掃き、塵ひとつない状態にするからです。チェック担当者は12の作業リスト全てが行われたか必ず確認します。」

ポイントは、さほど重要ではない欠点を選ぶことです。

そうすれば、あなたの商品の価値は損なわれず、メリットの信頼性のみが上がるでしょう。

 

あなたの商品・サービスで、より大きな信頼を得るために捨てても構わないような要素、欠点とも言える要素はありますか?

ぜひ一度探してみてください。

 

あ、もちろん欠点を伝え過ぎてもダメなので、くれぐれもバランスを大事に…(汗

本書には、このようなすぐに使える心理技術があと20個あります。

詳しく知りたい方はこちらから^^

 


「クロージングの心理技術21」

/ ドルー・エリック・ホイットマン著

/ ダイレクト出版(3,700円)

PS
240-242ページには、オープンハウスをしない不動産業者の例や、30分時間の長いハウスクリーニング業者の例も載っています。

 

ダイレクト出版 福田 修平

 

📚【ダイレクト出版PR】追いかける営業、求められる営業

  営業マンには2種類あります。   出典:ダイレクト出版   一つは「追いかける」営業マン。 もう一つは「求められる」営業マン。 テレアポで訪問の約束を取り付ける。 飛び込み営業をする。 […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】最近安定しています

      本当にどうしたものかと思うほど値を落とした【c0ban】。 私が損切りをした後に、なんと、1両=20円くらいまで落ちたんですよ!   10円くらいに落ちたら購入しようと […]

コメントなし

📚Amazonでunlimited(読み放題)に申し込んでみた

  unlimitedというのは、Amazonの電子書籍が定額読み放題になるサービスです。 電子書籍を検索した時に、unlimitedの記載がある書籍は読み放題の書籍になります。   いいような、イマ […]

コメントなし

📚【インベストメントカレッジPR】[無料]TVにも出た投資家の本

  最近、“仮想通貨”のブームに乗って、一攫千金した人や、逆に大損している人の話をよく聞きませんか? 実は、2017年だけで、国内で331名もの人が1億円以上の儲けを出す、いわゆる「億り人」になったそうなんです […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】2019年、人の動かし方

  今年も売上を上げたい!   これは社長や経営者なら常に考えることですよね。 でも、会社の売上というのは、起業当初のがむしゃらな時期はどんどん伸びるのに、ある時期を境に”ぱったり&#82 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】人生が変わる時間投資思考

  あけましておめでとうございます。       正月休みにも変わらず、この記事をご覧になっているあなたはきっと勉強熱心で、優秀な方だと思います。   しかし優秀であるが […]

コメントなし

🌻ただいま【c0ban】大暴落中!

      ちょこちょこご紹介してきた【c0ban】ですが、ついに1両=40円台にまで落ちてしまいました。   前回は60円台にまで落ちていて、開き直って「1両=100円で売り注文 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】つい買ってしまう心理学の秘密

本の売り上げを一番左右するものは何か? あなたはわかりますか? 書籍のタイトル?中身?表紙のデザイン? 実は、、、 本のタイトルです。 ある本屋さんで実験が行われたのですが、結果、全く同じ内容が書かれいる本で、片方は50 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】2018年、外国人が急増中。

    2015年:19,737,400 2016年:24,039,700 2017年:28,691,073   これ、なんの数字がわかりますか? 実はこれ、その年に、日本を訪れた外国人の数 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

    相場というのは、   「安く買って高く売る、高いときに 売って安く買い戻す」   という行為を繰り返すことであり、商売となんら違いはありません。   設備に投資し […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】「78歳が2歳児救出」のニュースから感じた事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。