📚【ダイレクト出版PR】落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密

落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密

 

なぜ失読症で本も読めず、ADHDで人の話を聞けない落ちこぼれ少年が、給料400万の社員からたった2年で億を超える大富豪になれたのか?

落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密

出典 : ダイレクト出版

 

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有し、毎年700億円以上稼ぐスーパー起業家マイケル・マスターソン。

 

しかし実は彼、失読症のため読書が苦手。

多動症候群のため、授業中はじっとできず、学生時代は『落ちこぼれ』と呼ばれていました。

 

「このまま変わらないと、落ちこぼれのまま単調な人生で終わってしまう。」

『そんな人生はイヤだ』

 

精神的にどん底に落ちた彼は、人生を変える決意をし”あるもの”を開発。

それは高校まで劣等生だった彼を、大学では優等生に、給料400万円くらいの出版社の一社員だった彼を昇進、独立、その後早期引退できる億万長者へと変貌させました…

 

大富豪と普通の人の違い

 

しかし、落ちこぼれと呼ばれていた人間が大富豪になれるものなのでしょうか?

これはほとんどの人が知らないことですが、実は大富豪と普通の人の間には「ほんの少し」しか違いがありません。

 

普通の人は、、、

 

・お金持ちになりたい

・出世したい

・自由な時間がたくさん欲しい

・もっと旅行に行きたい

・家族と過ごす時間を多く取りたい

・きれいな女性とお付き合いしたい

・仕事の時間を減らしたい

 

という欲求を持っています。

そして大富豪もまた、、、

 

・お金持ちになりたい

・出世したい

・自由な時間がたくさん欲しい

・もっと旅行に行きたい

・家族と過ごす時間を多く取りたい

・きれいな女性とお付き合いしたい

・仕事の時間を減らしたい

 

という欲求を持っています。

しかし『ほんの少し』だけ、目標に対する考え方が違います。

 

その違いをもたらすのは「目標に対する思考法」。

大富豪と普通の人の間にある目標に対する考え方の違いが行動の違いを生み、その行動の違いが結果の違いを生んでいます。

 

そして、大富豪の「目標に対する思考法」を誰でも達成可能にしたものを、大富豪の仕事術の著者マイケル・マスターソンは『マスタープラン』と名付けました。

これこそが落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密だったのです…

 

落ちこぼれ少年を大富豪に変えた
マスタープラン作成法

 

マスタープランには3つのポイントがあります。

 

ポイント1 『夢、目標、ゴールの違い』

ポイント2 『ゴール設定の4つのルール』

ポイント3 『ゴールを現実に変える課題リスト』

 

ポイント1 『夢、目標、ゴールの違い』

ではまず、夢、目標、ゴールの違いとはそもそも何でしょうか?

大富豪の仕事術の著者、マイケル・マスターソンはこのように定義しています。

 

夢とは、空想や妄想と同じことである。

つまり現実的でない、ただの欲求である。

ゴールとは、具体的で実行可能な時間を意識した現実的なものである。

目標とは、ゴールよりも具体的で、底に至るまでの期間も短いものである。

 

ゴールには夢とは違っていて、具体的で、実行可能で、時間を意識していて、現実的であるという特徴があり、これらの特徴をきちんと抑えていなければゴールを夢と変わらない曖昧なものになる。

 

ポイント2 『ゴール設定の4つのルール』

ゴールは今言った特徴を踏まえた4つのルールに従う必要があります。

 

<第一のルール>

「具体化する[数字]」

ゴールはできる限り具体的なものにしましょう。

たとえば、金持ちになりたいというゴールは、抽象的で一般的すぎるのでナンセンスです。

そのため純資産2000万円にする

このようにまずはゴールを具体的なものにします。

 

<第二のルール>

「実行可能なものにする」

ゴールはあなたの行動によって可能になるものにしましょう。

例えば、宝くじに当たるというのは単純な確率論。

運頼みで、それは夢と変わりません。

一方で「営業成績が支店でトップになる」などはゴールになります。

 

<第三のルール>

「時間を意識する」

時間制限を加え、時間を意識するように目標を立てましょう。

例えば、今から七年後。

2025年9月30日までに純資産を4000万円にする。

または2025年9月30日までに会社を立ち上げ、売上1億円企業の社長になる。

このように目標を具体的で時間を意識したものにします。

 

<第四のルール>

「現実的なものにする」

ゴールは現実的なものにしましょう。

たとえば、「純資産4000万円にする」というのは、現実的にありえそうだが、「7年後に純資産400億円」というのはちょっと現実離れしていますよね。

この正しい「ゴール」とそれに基づく「目標を確立することが、
あなたのゴールを現実にするための第一歩です。

『大富豪の仕事術』より

 

いかがでしょうか?

毎年700億円以上稼ぐスーパー起業家のマイケル・マスターソンは元々は「落ちこぼれ」と呼ばれる少年でした。

 

そして彼を変えたのは『マスタープラン』。

この続きは、3/5のメルマガで紹介する予定ですが、もしあなたが

落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密を一足先に知りたいと思うなら、ぜひこちらをご覧ください。

 

↓↓↓↓

大富豪の仕事術

/ マイケル・マスターソン著

/ ダイレクト出版

( 3,700円 税別・送料無料)

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^

 

ダイレクト出版 藤巻 大貴

 

📚マネーゲーマーという生き方 / 石田信一著 / インベストメントカレッジ(799円)

  もし、あなたが   ・老後は生活費や職場の人間関係のことばかり考える日々から開放されたい。 ・理想を言えば、自分が欲しいだけの時間や少しばかり贅沢な暮らしができるお金が欲しい。 ・やりたい時にやり […]

コメントなし

【無料プレゼントの御案内】年収1億円以上の人の意外な共通点

  国税庁が発表した統計年報によると、17年に年収1億円以上稼いだ人は2万3250人。 しかも、08年以降、億万長者は右肩上がりで増えて行っているとか。   一方、この10年間で年収200万円以下の人 […]

コメントなし

📚フォーカス・リーディング習慣ハンドブック/寺田昌嗣著/ダイレクト出版

  もし、1冊10分で本を読めるようになったら… あなたのビジネス・人生はどう変わるでしょう? 想像してください… 読みたい本を全て読破した、自分の姿を… 1冊10分のスピードを手に入れる1流の読書法 をこちら […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】色々計画を練ってみました

  100円積み立て投資&楽天ポイント投資は、その後、上がったり下がったりしながら値を上げています。       小心者の私にとって5万円はものすごい大金なのですが、「楽天 […]

コメントなし

🙀この先、年金だけでは生きていけなくなるって?!6/5放送「ミヤネ屋」まとめ

  6月3日の金融庁の発表によると、1か月あたり、男性65歳以上・女性60歳以上から給付される年金などの収入に対し、支出が毎月5万円以上も上回るとのこと。 (1ヵ月当たりの収入:約21万円、支出平均:約26万円 […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】連休明けはどうなるかと思いました

  まずは、前回の記事のお詫びをいたします。 色々と利益を計算したのですが、私は根本的な事を勘違いしていたようで、前回の計算が違う事が判明!   何を勘違いしていたかと言うと、「再投資型」で再投資され […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】スタンフォード大学教授が憲法9条を切る

  元英国首相マーガレット・サッチャーは、「政治・経済・国際問題に関して世界で最も重要な研究組織はスタンフォード大学・フーヴァー研究所であります」と評価。   本書籍の著者である西鋭夫教授は、同研究所 […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】急に値を上げてきましたが・・・

  久しぶりに【c0ban】について更新します。 【c0ban】を全部売って娘とお寿司を食べに行ってしまったもので、それ以来「こばんちゃんねる」で貯金する日々。   現在は5両貯まっているので、1両= […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】掛け金が2000円になりました

  小銭&ポイントを投資に回し、掛け金は2000円になりました。 3月25日の時点で掛け金が1600円だったのですが、楽天ポイントで積みたて投資をしているので、100ポイント=100円で、自動的に楽天証 […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】トータルリターンが100円を超えました!

  ほんとにほんとにチョットずつですが、楽天証券で続けている100円積みたて投資で、トータルリターンが何とか100円を超えました。     現在の掛け金(元金)は1600円。 今日1日で5円 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】落ちこぼれ少年を大富豪に変えた秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。