😸うちの猫たち/フーちゃんが家出&新しい家族が増えました

しばらくの間、犬2匹と猫のフーちゃん、ウサギ1匹との楽しい生活を続けてきましたが、ウサギは寿命を迎え、フーちゃんは彼氏欲しさに家出。フーちゃんを捕まえようと頑張りながら、我が家は2匹のニャンコを引き取る事になりました。
2匹のニャンコをお迎えに行きました

 

うちの愛猫が家を飛び出して行ってから、約半年。

たまに見かけるけれど、なかなか捕まえる事ができないまま。

そんな我が家に、新しい家族が増えました。

 

娘の友達が猫を4匹飼っていたそうで、そのうちの2匹を我が家で引き取る事になりました。

もちろん、私たち親子は猫が大好き。

お友達が「誰か、猫が欲しい人いないかな?」という話をしていたというので、立候補してみました。

 

すると、なんと、妊婦のニャンコを1匹引き取って欲しいと言うではありませんか!

ですが、彼女(娘の友達)に話を聞いてみると、かなり複雑な事情があり、彼女だけの問題ではないと理解し、引き取る事にしました。

そして、その妊婦猫ちゃんと一緒に、子猫も1匹引き取る事に。

 

2匹だけではなく、これから何匹増えるか分からないニャンコたち。

(楽しみではありますが・・・)

先住民の犬たちの嫉妬が心配だけれど、犬たちとも一緒に遊ぶ時間を作ろうと思います。

 

そんな事を考えながら、いよいよ猫の受け取り方法についてお話を始めました。

問題は妊婦猫。

早く引き取らないと赤ちゃん猫が生まれてしまう。

 

彼女は別居中のお母さんに連絡を取り、車を出してもらう事にしたのですが、私とスケジュールがなかなか合わずにいました。

焦っていた私は「車で迎えに行く!」と言い、ニャンコたちを引き取りに行く事にしたのです。

 

 

待ち合わせ場所に着くと、若いキレイなお姉さんが娘に手を振っていました。

よく分からない場所でNAVIがあてにならず、進入禁止の通りを逆走しそうになったり(気付いて方向転換しましたけど)、ちょっと迷いながら何とか到着。

そして猫を無事に引き取り、帰宅する事ができました。

 

元の飼い主さんが猫を飼えなくなった理由

 

元の飼い主さんは、娘と同じ学校に通う学生さん。

実は実家で一人暮らしをしています。

「えっ?実家なのに一人暮らしなの?」と娘に聞いてみると、みんな出ていってしまって独りぼっちになってしまったそうなんです。

 

最初にお父さんが出て行ってしまい、家にいたくないのか、お兄さんも出て行ってしまいました。

その後はお母さんと2人だけの生活をしていたのですが、お母さんも新しい彼氏の元に行ってしまったそうで・・・。

そんな事情があり、彼女は実家にいながらも、自分で生活費と学費を稼ぎながら生きていかなければならなくなったそうです。

 

いつから猫を飼っているのか知りませんが、自宅で生まれたメス猫が大人になり、さらに子供を産んでしまったのだとか。

何匹かは貰い手が見つかり、残ったのが4匹。

そのうちの2匹を、我が家で引き取る事になったのです。

 

↑ ちょっと部屋が散らかっているので、ハートでごまかしてみました。

 

ですが、心配なのはその後の事。

彼女のところに残っているのはお父さん猫とメスの子猫。

去勢しないと、また増えてしまう。

 

娘が彼女に確認したところ、もうすぐ学校を卒業するので、そうしたらアルバイトを増やすことができるから、ちゃんと去勢すると言っていました。

ちょっと心配だけど、彼女がそう言うのなら大丈夫でしょう。

 

猫だらけの生活プラン

 

そんなわけで、これから我が家は猫だらけになる予定。

猫トイレをいっぱい購入し、これ以上増えないように対策しないといけません。

当たり前の事かもしれませんが、これからのプランとして以下のように考えました。

 

トイレは猫の数+1個用意する

子猫を育てやすいスペースを作る

子猫が大きくなってきたら動物病院でオス・メスの区別をしてもらい、去勢手術可能な月齢になるまでオス・メス分けて育てる

大きくなったら去勢する

猫アレルギー対策として、こまめな掃除機がけとスプレーを使用する

 

所説ありますが、トイレは猫の数+1個が理想とされています。

猫はきれい好きな動物ですからね。

人間と同じように猫はそれぞれ感覚が違うもので、1回でも他の猫がオシッコしたトイレは避けてしまうという猫もいるのです。

だから、こまめなトイレ掃除もするのですが、トイレの数は多めに準備する必要があります。

 

それと、これから生まれてくる子猫ちゃんたちと、もしかしたら帰って来るかもしれないフーちゃんとで、猫の数は限界だと思います。

それに、母猫は去勢しないとたくさん子供を産み続け、弱っていくために早死にしてしまうのです。

これ以上増えることがないように、また、長生きしてもらうために、去勢手術を受けさせることにします。

 

アレルギー対策については、私たち親子は猫アレルギーなのかどうか検査したわけではありませんが、寒冷アレルギーと花粉症を持つアレルギー体質なんです。

そして、猫といるだけでクシャミが出たり、目がショボショボしてきたりするので、アレルギー対策もしっかりしていきたいと思っています。

予防接種も必要なのかな?

 

これから大変ですが、猫との生活も記事にしていくので、どうぞよろしくお願いします。

では、また・・・。

 

つづく

 

😸うちの猫たち/フーちゃんが家出&新しい家族が増えました

  うちの愛猫が家を飛び出して行ってから、約半年。 たまに見かけるけれど、なかなか捕まえる事ができないまま。 そんな我が家に、新しい家族が増えました。   娘の友達が猫を4匹飼っていたそうで、そのうち […]

コメントなし

😹ペットが心配!台風で避難出来なかった話

  実は、後で分かった事なんですが、私の住む地域の避難場所は全域ペット同伴可だったようです。 なのに私は「どうせペット不可に決まっている!」と思い込んで、全く問い合わせもしないで、自宅の2階に避難していました。 […]

コメントなし

🙀【神奈川県川崎市/24h365日/救急あり】アニマルメディカルセンターってどんなところ?

  急いでいる方のために、まずは病院リンクと基本情報を先にまとめます。   ↑ アニマルメディカルセンターはこちら     <主要8センター&相談室> この病院には、以下の8つのセ […]

コメントなし

我が家の猫は寝てばかり

  天気のいい日に、うちのフーちゃんが気持ちよさそうに寝ていたので、ちょっと写真を撮ってみました。     親ばかな私にとっては、このオヤジ顔の寝顔ですらかわいく思えるもので、見ているだけで […]

コメントなし

😺引っ越し後のフーちゃん、思ったよりすぐに新居に慣れました

    我が家では、以前飼っていた猫たちはみんな、引っ越しをするたびにどこかに隠れてしまい、数日間は姿を見られないという状態でした。   ですが、今回の引っ越しでフーちゃんが隠れてしまったの […]

コメントなし

😸猫好き建築士さんによるダンボールベンチは猫の憩いの場

    以前ご紹介したはなたろう君。     「アルフデザインさんの看板猫はなたろう君」の記事はこちら>   はなたろう君のご主人様、三原宏樹さんが制作したベンチがこちら […]

コメントなし

😼フーちゃんがパジャマにオシッコしちゃった!

    ついこの間の事ですが、早起きして一日中バタバタしていた日の事、朝一で洗濯したものが乾いたのでたたみ、ちょっとお昼寝をしてしまったんです。   今考えれば、その時にすぐ片付ければ良かっ […]

コメントなし

😼臭いを消したい!猫が床にオシッコをした時の対処法

    猫がトイレ以外の所でオシッコをする理由はいくつかありますが、その一つがマーキング。 マーキングについては処置が難しく、室内外の至る所で少量のオシッコをしてしまいます。   よく、去勢 […]

コメントなし

😸猫と暮らす人のための猫アレルギー対策(2018年夏)

  猫アレルギー対策商品と言えば、空気清浄機や飲み薬なども挙げられるんですが、今回は、猫ちゃんに吹きかけるスプレーや拭き取り剤、シャンプーなどを選んでみました。   大手通販サイトで特に人気のある商品 […]

コメントなし

🐈ネコが家族になってから② 植木や花瓶のお花対策

  棚の上の落下物は何とかなっても、困るのはテーブルの上の花や、窓際などに置いた植木。 エアコンや扇風機を使用すれば、その花びらや葉っぱの部分がユラユラ揺れて、猫にとっては格好の遊び道具。   ちょっ […]

コメントなし

😸うちの猫たち/フーちゃんが家出&新しい家族が増えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。