😹ペットが心配!台風で避難出来なかった話

今月、台風19号が私の住む地域を直撃しました。「経験のない台風」として、毎日ニュースや天気予報で警戒を呼び掛けていましたが、ペットがいる我が家では避難が難しいと思い、結局、自宅にいる事にしました。この問題、何とか方法はないものでしょうか?
「どうせペット同伴では避難できないに決まってる!」と思い込んでいたけれど

 

実は、後で分かった事なんですが、私の住む地域の避難場所は全域ペット同伴可だったようです。

なのに私は「どうせペット不可に決まっている!」と思い込んで、全く問い合わせもしないで、自宅の2階に避難していました。

 

皆さんの地域はいかがでしたか?

ペットは大丈夫でしたか?

 

他の地域で「ペットはダメ」と聞いていたので、ペットが複数いる我が家では最初から諦めていました。

なので、ペットたちのご飯やらトイレセット、人間用の非常食、充電池など、色々と2階に運んで避難したつもりになっていました。

 

我が家の前では小さなお子さんを連れたご家族が避難場所に向かっていて、ちょっぴり羨ましい思いで見ていたんですよ。

考えてみれば、お子さんがまだ小さいご家庭では早めに避難しないと大変ですものね。

 

そんな事を考えながら、我が家の前を通り過ぎる人たちの声に耳を傾けていると、スマホに近隣の川が氾濫するかも知れないとの緊急速報が届きました。

その上、町内放送で避難を促す放送まで流れ、ペットたちを見つめながら「この子たちを置いてなんて行けないよ!!」と、自宅に残る事を決断。

 

私は幸い、何事もなく無事に過ごす事ができましたが、ニュースによると、ペットと避難出来ないという理由から自宅に残り、お亡くなりになった方もいらっしゃいます。

 

動物に興味の無い方には理解できないでしょうけれど、ペットは家族ですからね。

その家族を残して、自分だけ避難するなんて事は出来ないんですよ。

おそらく私も、川が氾濫したら同じ運命を辿っていたのだと思います。

 

まあ、私の地域はペット可だったんですけどね。

 

避難場所でペットはOKなの?まずは市区町村に問い合わせましょう!

 

問い合わせもしなかった私が言うのも何ですが、まずはご自分の住む地域で、ペット可の避難場所があるかどうか問い合わせてみましょう。

 

SNSの書き込みをずっと読んでいたら、「ペット不可」と言われて激怒したという方が多くいらっしゃいました。

お気持ちはよく分かります。

 

自宅が危険だから避難場所に行くのに、「ペットは自宅に置いて来てください」なんて言われたら、「ペットは死んでもいいという事なの?!」と思いますよね。

でも、避難場所にはアレルギー体質の方もいらっしゃいますし、一緒に避難出来ない理由があるのも認めなければなりません。

何とか、ペットに関する対策をして欲しいですね。

 

地元がダメなら近隣地域に問い合わせよう!

 

実際、ペットの避難対策が遅れている地域で口論している場合ではないので、ダメな場合は近隣地域に問い合わせてみましょう。

いくつ問い合わせても断られるかも知れませんので、早めに行動を起こした方が良さそうです。

(私は何もしていませんでいたが・・・)

 

一例を挙げると、私の住んでいる地域と周辺地域は全域OKでした。

どこかと言うと、東京都の多摩市・立川市・八王子市・調布市です。

 

その他、豊島区・中野区・墨田区は全域、ペットと共に避難できるそうです。

それと、千葉県千葉市においては問い合わせが多かったからか、後でペット可の避難場所が出来たようです。

また、葛飾区も一部の避難場所でペット可だったようです。

 

ただ、この情報は今回の台風に限る情報なのかも知れません。

もしも該当地域に住んでいたとしても、何かあった時には役所等にお問い合わせください。

 

避難場所には担当者の指示に従って避難しましょう

 

一番多く見られたのが、ケージに入れて同伴する形。

狭いケージの中に長時間閉じ込められてしまうのはかわいそうですが、これは仕方ない事ですね。

 

その他、避難場所によってはワンちゃんをリードで繋ぐ事が許されていたり、同じ場所に避難する事が出来ず、玄関口にケージに入れて置いておくというのもありました。

それでも、同じ建物なら会いに行けるから、自宅に残して行くことを考えたらありがたいですね。

 

我が家のウサギちゃんは老衰で亡くなってしまったし、猫のフーちゃんはオス猫と家出中ですが、もしもウサギちゃんとフーちゃんがいたら、犬も2匹いるので避難が大変。

家族(ペット)がいっぱいいる方は、何回かに分けて家族を避難させてから、最後に人間が避難するようになるのでしょう。

食料も用意しないといけないですし、ちょっとした引っ越しです。

 

台風が過ぎてから我が家の近くでフーちゃんを見かけたので、フーちゃんは無事だったようですよ。

捕まえようとしたら狭い隙間に入って行ってしまいましたが、今度見つけたら絶対に捕まえます!!

台風の中、どうしていたんでしょうね。

 

ペットも避難できるのが当たり前の社会に!

 

ペットにとって避難場所の確保も大変ですが、避難物資の問題も解決していかなければなりません。

また、ケガや病気をした時には獣医さんだって不足します。

 

災害時には、まず最初に人間についての対策が挙げられますが、対策本部が立てられたとしても、ペットたちについては全くと言ってもいいほど何の対策も無いように感じます。

ある程度状況が落ち着いてから、二の次三の次にペット達の話になるのでしょう。

地域によっては全く問題視されないところもあります。

 

難しい事だとは思いますが、人間と同じように、災害が起こる前から国や地域で意識を高めてくれるといいなと思います。

彼らも命ある存在なんですから、助けて欲しい。

そんな事を政治家の皆さんや都道府県知事、市区町村の皆さんに訴えたいです。

また、一人でも多くの方にご理解頂けたら嬉しいです。




 

😹ペットが心配!台風で避難出来なかった話

  実は、後で分かった事なんですが、私の住む地域の避難場所は全域ペット同伴可だったようです。 なのに私は「どうせペット不可に決まっている!」と思い込んで、全く問い合わせもしないで、自宅の2階に避難していました。 […]

コメントなし

🙀【神奈川県川崎市/24h365日/救急あり】アニマルメディカルセンターってどんなところ?

  急いでいる方のために、まずは病院リンクと基本情報を先にまとめます。   ↑ アニマルメディカルセンターはこちら     <主要8センター&相談室> この病院には、以下の8つのセ […]

コメントなし

我が家の猫は寝てばかり

  天気のいい日に、うちのフーちゃんが気持ちよさそうに寝ていたので、ちょっと写真を撮ってみました。     親ばかな私にとっては、このオヤジ顔の寝顔ですらかわいく思えるもので、見ているだけで […]

コメントなし

😺引っ越し後のフーちゃん、思ったよりすぐに新居に慣れました

    我が家では、以前飼っていた猫たちはみんな、引っ越しをするたびにどこかに隠れてしまい、数日間は姿を見られないという状態でした。   ですが、今回の引っ越しでフーちゃんが隠れてしまったの […]

コメントなし

😸猫好き建築士さんによるダンボールベンチは猫の憩いの場

    以前ご紹介したはなたろう君。     「アルフデザインさんの看板猫はなたろう君」の記事はこちら>   はなたろう君のご主人様、三原宏樹さんが制作したベンチがこちら […]

コメントなし

😼フーちゃんがパジャマにオシッコしちゃった!

    ついこの間の事ですが、早起きして一日中バタバタしていた日の事、朝一で洗濯したものが乾いたのでたたみ、ちょっとお昼寝をしてしまったんです。   今考えれば、その時にすぐ片付ければ良かっ […]

コメントなし

😼臭いを消したい!猫が床にオシッコをした時の対処法

    猫がトイレ以外の所でオシッコをする理由はいくつかありますが、その一つがマーキング。 マーキングについては処置が難しく、室内外の至る所で少量のオシッコをしてしまいます。   よく、去勢 […]

コメントなし

😸猫と暮らす人のための猫アレルギー対策(2018年夏)

  猫アレルギー対策商品と言えば、空気清浄機や飲み薬なども挙げられるんですが、今回は、猫ちゃんに吹きかけるスプレーや拭き取り剤、シャンプーなどを選んでみました。   大手通販サイトで特に人気のある商品 […]

コメントなし

🐈ネコが家族になってから② 植木や花瓶のお花対策

  棚の上の落下物は何とかなっても、困るのはテーブルの上の花や、窓際などに置いた植木。 エアコンや扇風機を使用すれば、その花びらや葉っぱの部分がユラユラ揺れて、猫にとっては格好の遊び道具。   ちょっ […]

コメントなし

🐈ネコが家族になってから① 落下物対策

  猫は高いところが好きだから、棚の上やカーテンレールの上、エアコンの上などに乗ることがよくあります。   棚の上に何か置いてあっても、前足でとけて自分の居場所を作ってしまうので困りますね。 &nbs […]

コメントなし

😹ペットが心配!台風で避難出来なかった話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。