【メモリアルセレモニー】母の葬儀をしました~~浄土真宗葬儀

今回、実際に母の葬儀を行ったので、浄土真宗の葬儀や財産についてまとめてみます。葬儀はほとんど兄が手配をしましたが、兄は予め予算を決めて自分でプランを立てていました。
予算は100万円で、費用を抑えた密葬に

 

暫く記事を作成できず、申し訳ありません。

今月の14日に実家の母が他界しまして、精神的に滅入っていたのもあるのですが、葬儀の準備でバタバタしていました。

 

父の時は、私の記憶では葬儀に160万円かかったと思っていたのですが、兄の記録では260万円かかっていたようで、今回は兄が互助会とネットを利用し、100万円以内に抑えていました。

 

父については、病院で待機していた葬儀社に全てお任せしたので、葬儀社のプランを選ぶだけで簡単に進めていく事ができました。

 

ただ、兄にとってはサクサクとプランを選んでいく事が許せなかったようで、まるで葬儀を金額でランク付けされているような気分になり、かなり不満だったそうです。

だから今回は母のために互助会に入会し、自分で考えたかったみたいです。

 

では、兄がどのように進めていったかをご説明しますね。

 

お坊さんの手配はネット検索しました

大きな病院では、危篤状態の患者さんがいらっしゃると、葬儀社さんが裏口で待機している事が多く、まず、その葬儀社さんにお断りをしました。

 

それから、兄はすぐに互助会に電話をし、斎場の霊安室に母を移送しました。

斎場は、兄夫婦が互助会に入ったあとに見学していたそうで、「ほうさい殿」という所にしようと決めていたのだとか。

 

私の到着が遅かったもので、葬儀についてはほとんど兄とお嫁さんに任せました。

少人数の家族葬を選び、棺・料理等を決め、お坊さんや戒名だけは高額になるので、ネットで決めたそうです。

 

無宗教の兄は「戒名なんていらねえだろ!」とか、「お布施が高すぎなんだよ」とかブツブツ言いながら、最終的に辿り着いたサイトはお坊さん便でした。

 

選んだのは浄土真宗のお坊さんで、お通夜・告別式・初七日までを2日間お願いする事にし、料金は戒名込みで10万円(2019年4月現在)だったそうです。

 

父の時は戒名と読経で50万円くらいかかりましたよ。

 

兄はあまりの安さに、そのサイトが詐欺じゃないかと疑ってしまったようですが、口コミを読んだり直接確認をして、お坊さん便でお願いをしてみました。

 

実際に来てくださったお坊さん、素晴らしかったですよ。

戒名についても、母の事をちゃんと考えて付けて下さったものと思います。

心が温まるような素敵な戒名を頂きました。

 

お経についてはよく分かりませんが、途中、歌みたいなお経になり、お坊さんの声がとてもいい声でビックリしました。

兄も「あのお坊さん、歌うまいなあ」なんて言っていました。

 

私は何よりも、戒名について満足しています。

姉や父の戒名は違うお寺でお願いしたのですが、お坊さんが慣れてしまっているような、機械的に考えられた感じがする戒名だったので、「こういうものなんだな」と思っていました。

 

ですが、母の戒名に母の名前から一文字、お坊さんが考えた漢字を一文字加えられたのですが、その二文字の意味が感動でした。

 

お坊さん便には多くのお坊さんが登録しているようで、宗派も選択できるようです。

なので、全てのお坊さんが素晴らしいのかどうかは分かりませんが、私たちは「ここに頼んで良かった」と思っています。

 

互助会で手配してもらった料理が絶品

お料理の写真をご紹介したかったのですが、法宴料理なので写真を撮る事が非常識に思え、写真撮影はしませんでした。

 

なので、ほうさい殿のサイトから写真をお借りしました。

 

 

出典 : 泉ほうさい殿

 

お通夜の席で、私はこれまで料理を期待したことがなかったのですが、ほうさい殿の料理は美味しかったです。

お寿司も良かったけれど、特に煮物が美味しいと思いました。

美しい色合いで、盛り付けもきれいでしたよ。

 

翌日の告別式の後、火葬場でもお食事をしました。

お料理の写真は見つかりませんでしたが、ここのお料理も良かったです。

 

火葬場は神奈川県横浜市の戸塚斎場。

スタッフの方と少々お話してみると、元ホテルマンのスタッフもいらっしゃるようで、料理にはかなり力を入れているそうです。

 

お刺身とかはもちろん冷たいままなのですが、他の料理は温かく、料理も美味しかったです。

 

戸塚斎場では火を使う事ができないそうで、お弁当箱の紐を引くと温かくなる仕組みになっているようです。

 

その温め直しも計算し、ちょうどいい状態で全ての料理が温まるように、かつ、食中毒の危険性がないように、何度も何度も試作品を作って研究したのだそうです。

火葬場もすごいですね。

 

お経はカセットテープ?

火葬場のスタッフさんとお話していたら、以前、お坊さんを呼ばないでカセットテープを使用した方もいらっしゃったそうです。

 

カセットテープにはお経の音声が入っていて、1万円程度で購入したものらしく、その音声を流しながらお焼香をしたのだとか。

 

それだったら、お経なんてなくてもいいんじゃないかな?なんて思うのですが、考え方は人それぞれ。

お葬式代は高額なものですからね。

 

カセットテープを使用したという事は、CD化する前のお話なのでしょう。

恐らく、カセットテープが主流の時代は、まだお布施の一律定額サービスが無かった時代。

どんなに安く見積もっても、大きな金額なのは確か。

 

今なら、お坊さんを呼ばない葬儀というのも可能ですけどね。

まだスマートフォンがなく、PCが高額な時代。

インターネット検索なんて事は出来なかったのでしょうから、過去にはそんな葬儀もあったのでしょう。

 

逝去から火葬まで1週間保管しました

昔だったら亡くなった当日や翌日に通夜、その翌日に火葬するという早さなのでしょうけれど、今回、母が亡くなったのが日曜日だったので、参列者の皆さんのご都合を考えて土日に葬儀をしました。

なので、母の遺体は1週間保管して頂きました。

 

お通夜の当日、母の肌はきれいでしたよ。

まるで眠っているようで、生き生きした肌でした。

どうやって保管しているんでしょうね。

 

時間がある時にちょこちょこ母に話しかけ、いつもの会話をしている気分。

ですが、火葬した時に現実を目の当たりにし、「ああ、お母さんは・・・」と、そこで初めて母の死を感じました。

 

頭では分かっていても、ずっと眠っているように思っていたのでしょうね。

 

お焼香のやり方

ほうさい殿では、葬儀の前にスタッフの方がお焼香の仕方を説明して下さいました。

 

親族同士の挨拶(礼)は不要だそうです。

席を立ったら参列者に礼をするように言われました。

お坊さんにも礼をしないでいいそうです。

 

多分、それらは、参列者が多い時に時間的な関係で省略されるところなのだと思います。

参列者は少なかったんですけどね。

 

そして、祭壇の手前まで歩いて行き、合掌はせずに一礼。

続いてお焼香でした。

 

うちの実家は浄土真宗なので、お焼香は抹香を1回つまむだけ。

おでこの高さまで押し上げることはしないで、抹香をつまんだら、すぐに香炉にパラパラと落とすようです。

 

香炉に抹香を落としたら祭壇に向かって合掌。

1歩後ろに下がり、祭壇に向かって一礼。

参列者に一礼。

席に戻る。

 

という感じでした。

また、合掌する時のお数珠の持ち方が他の宗教と違うそうです。

 

通常は下の絵のように片手にお数珠をかけて、もう片方の手を添える感じになっていると思うのですが、

 

 

浄土真宗の場合は両手をお数珠に通して合掌するのだそうです。

皆さん、スタッフの方の説明を一生懸命に聴いていましたよ。

誰かが教えてくれないと、ずっと知らないままですもんね。

 

当日のお香典返し

昔は「葬式まんじゅう」というのが普通でしたが、今は数多い選択肢があるもので、今回は洋菓子とふりかけ、ハンカチのセットにして頂きました。

 

 

玄関で撮影したので照明が暗いのですが、こんな感じでした。

これも兄が選び、ほうさい殿の方で準備して頂きました。

まだふりかけやワカメは食べていませんが、お菓子は美味しかったですよ。

 

葬儀の総額は?

ただいま計算中です(100万円以内だそうですが)。少々お待ちください。

 

つづく

 


全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

 

 

【メモリアルセレモニー】相続税の計算は素人では難しい

  母が亡くなって、まだ四十九日にもなっていないのですが、兄が相続税の申請期限を3か月だと勘違いしていた事もあり、バタバタと過ごしてしまいました。   ですが、早めに始めていて良かったと思います。 と […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】母の葬儀をしました~~浄土真宗葬儀

  暫く記事を作成できず、申し訳ありません。 今月の14日に実家の母が他界しまして、精神的に滅入っていたのもあるのですが、葬儀の準備でバタバタしていました。   父の時は、私の記憶では葬儀に160万円 […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】お焼香の仕方・献花の仕方

  お焼香には「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」があります。 それぞれご説明すると、以下のようになります。 小さなお葬式さんが動画をアップしていますので、そちらも合わせてご覧下さい。   立礼焼香 […]

コメントなし

🌼【終活】エンディングノートを書く意味と書き方

    エンディングノートというのは、病気によって余命が宣告された患者さんや、高齢者の方が「元気なうちに」と考えて、記録を付けるノートの事を言います。   元々、元気なうちに財産や延命処置の […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】人気上昇中!「散骨」のやり方って?

    お墓を作らずに、海などに遺骨を撒くことを「散骨」と呼びますが、その「散骨」はどのように行われているのでしょうか?   街で「散骨」について聞いてみると、様々な意見がありました。 &n […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】お葬式代の内訳

    たとえば、事前に知人からお葬式代が150万円前後だと聞いていたとしましょう。 そうすると、葬儀社の提示するプランが「30万円になります」というお話になると、「えっ?それでいいの?」と錯覚しやす […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】お葬式の費用の相場や平均について

    お葬式(仏教)の費用について、小さなお葬式さんが全国平均をまとめて下さっているので、ちょっと引用させて頂きますね。   葬儀費用の平均は? 全国平均 195万円 北海道平均 154万 […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】戒名とは?法名とは?

    仏教では、お亡くなりになった方が戒名(かいみょう)というお名前を頂く事が多いのですが、戒名とは何でしょうか?   そもそも戒名というのは、仏門に入る時に受ける名前の事なので、亡くなっ […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】妻が願った最期の「七日間」

  奥様を癌で亡くした宮本英司さん(71)が、病院で入院中だった奥様がお話していた事を詩にして新聞の投書欄に送り、掲載されました。   すると、それを読んだ人たちがSNSなどで拡散。 大きな反響を呼ぶ […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】「喪主」と「施主」の違い

  <喪主とは> 「喪主」というのは、ご遺族を代表して弔いの中心になる方を言います。 葬儀の関係者や参列者、法事の時の対応、ご挨拶など、常に中心となるのが「喪主」となります。   そして、本来は「お布 […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】母の葬儀をしました~~浄土真宗葬儀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください