🌼【メモリアル・セレモニー】ご家族がご臨終を迎えてからやるべき事①

ご家族がご臨終を迎えてからやるべき事

 

一番悲しいこの時が一番忙しい時でもあり、一晩中眠れないで看取った後に訪れる、更に眠れなくなる酷な時でもあります。

 

それは、ご家族がご臨終を迎えた直後、短時間でやらなければならない事がたくさんあるからなんです。

 

喪主・ご家族の方が倒れるといけないので、ちょっとでも時間ができたら仮眠をとるように心掛けて下さい。




 

ご家族がご臨終を迎えてからやらなければならない事は、以下の5項目になります。

 

① ご遺体の搬送先を決め、搬送し、ご安置をする。

② 通夜・葬儀・告別式の準備をする。

③ 通夜・葬儀・告別式を執り行う。

④ 火葬・還骨法要を執り行う。

⑤ 葬儀後の片付け、支払い。

 

最近では、その後にすぐ四十九日忌法要を続けて執り行う場合もありますが、その件についてはいずれ記事にしていきますね。

 

まずはじめに、葬儀社を事前に決めている方は葬儀社に連絡を入れましょう。

その後の流れを分かりやすく説明して頂けますし、準備がスムーズに進みます。




 

急にお亡くなりになったり、忙しくて葬儀社を決めていらっしゃらないご家族の方は、急いで葬儀社を決めなければなりません。

 

その際に、葬儀社の決め方は2通り。

1つはこのようなサイトや役所などで調べる方法で、もう1つは、ご臨終の直後に葬儀社の方がいらっしゃるので、その場でお願いするという方法です。

 

多くの葬儀社は病院の敷地内で待機しているので、何も準備をする気力が持てない方は、このような葬儀社にお任せするといいでしょう。

 

 

料金がもの凄く高額になるという事はありませんし、一般的な費用で進めてくれます。

プランもいくつか準備して下さっているので、パンフレットを見ながら選んでいき、料金の見積もりを出してもらう事ができます。

 

ただ、縁起でもないお話と思われるかも知れませんが、お亡くなりになる前に葬儀社を決めておいた方が、ご希望に合ったプランを選ぶことができます。

 

また、ご臨終直後は近親者・親類・友人知人に連絡をしましょう。

後日、死亡診断書を病院で受け取りますが、役所の手続きなどで提出する前にコピーをとっておくといいでしょう。

 

ご遺体の搬送先を決める

 

葬儀社の方も説明して下さいますが、ご遺体の搬送先をすぐに決めなければなりません。

これも、早めにご家族で話し合っておくといいでしょう。

 

一般的に、病院の安置室にご遺体をご安置出来るのは数時間ほどです。葬儀の時までというわけにはいきません。

 

搬送先として挙げられるのは、

 

・ご自宅

・葬儀社ホールの安置室

・火葬場などにある霊安室

・遺体搬送専門の寝台自動車会社

 

などになります。

搬送は葬儀社にお願いするか、ご自分で搬送専門業者にお願いしますが、葬儀社ではほとんどパック料金が設定されていますので、葬儀社にお願いした方がいいように思います。

 

搬送先についても、先にご家族で話し合っておけば慌てないで済みますね。

 

自宅に搬送する場合

ご自宅に搬送する場合は、自宅にご安置するスペースを作っておかなければなりませんので、御棺が入るくらいの場所は確保しておきましょう。

 

また、ご自宅の場合は弔問に訪れる方がいらっしゃいますので、その対応についても準備をしておきましょう。

 

葬儀社ホールの安置室に搬送する場合

ご遺体をご安置するスペースの確保が難しかったり、弔問に訪れる方たちの対応が難しい場合は、葬儀社ホールの安置室がいいでしょう。

 

火葬場などにある霊安室の場合

火葬場に併設されている、斎場の霊安室になります。

葬儀を行わないで火葬のみの場合や、安置室の無い葬儀社に依頼した場合などに、ここにご安置します。

 

最近では海での散骨など、様々な見送り方が増えていますので、そういった方が火葬場の霊安室を利用する事もあります。

 

また、高額なお葬式代を惜しむ故人も多くいらっしゃるので、直葬というのも一つの考えです。

 

遺体搬送専門の寝台自動車会社の場合

寝台自動車会社の場合、全ての会社に安置室があるわけではありません。

もしご希望の場合は、事前に調べておく必要があります。

 

ですが、安置室をご利用する方は、ご自宅にご安置できない事情のある方が多いので、特にご希望なさる方は少ないかと思います。

 

葬儀社の方が配送先の選択肢として挙げられるようでしたら、きっといい安置室でしょうから、どのような安置室かお伺いしてみるといいですね。

 

つづく>>

 

 




【メモリアルセレモニー】人気上昇中!「散骨」のやり方って?

    お墓を作らずに、海などに遺骨を撒くことを「散骨」と呼びますが、その「散骨」はどのように行われているのでしょうか?   街で「散骨」について聞いてみると、様々な意見がありました。 &n […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】お葬式代の内訳

    たとえば、事前に知人からお葬式代が150万円前後だと聞いていたとしましょう。 そうすると、葬儀社の提示するプランが「30万円になります」というお話になると、「えっ?それでいいの?」と錯覚しやす […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】お葬式の費用の相場や平均について

    お葬式(仏教)の費用について、小さなお葬式さんが全国平均をまとめて下さっているので、ちょっと引用させて頂きますね。   葬儀費用の平均は? 全国平均 195万円 北海道平均 154万 […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】戒名とは?法名とは?

    仏教では、お亡くなりになった方が戒名(かいみょう)というお名前を頂く事が多いのですが、戒名とは何でしょうか?   そもそも戒名というのは、仏門に入る時に受ける名前の事なので、亡くなっ […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】妻が願った最期の「七日間」

  奥様を癌で亡くした宮本英司さん(71)が、病院で入院中だった奥様がお話していた事を詩にして新聞の投書欄に送り、掲載されました。   すると、それを読んだ人たちがSNSなどで拡散。 大きな反響を呼ぶ […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】「喪主」と「施主」の違い

  <喪主とは> 「喪主」というのは、ご遺族を代表して弔いの中心になる方を言います。 葬儀の関係者や参列者、法事の時の対応、ご挨拶など、常に中心となるのが「喪主」となります。   そして、本来は「お布 […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】喪主とは? 喪主の決め方と役割

  喪主というのは、葬儀やご供養の責任を果たす中心的な人になります。 ご遺族の代表者で、葬儀においての責任を任される人。 そのように説明をしてしまうと、かなりのプレッシャーを感じてしまうかも知れませんが、実際に […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】ご臨終から三回忌まで

  お葬式では悲しむ時間もないくらい、慌ただしく時間が過ぎていきます。 特に、初めて喪主を務める方にとってみては、大きな緊張もあることでしょう。 ここでは、初めて葬儀を執り行うご家族のために、ご臨終から三回忌ま […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】ご家族がご臨終を迎えてからやるべき事①

  一番悲しいこの時が一番忙しい時でもあり、一晩中眠れないで看取った後に訪れる、更に眠れなくなる酷な時でもあります。   それは、ご家族がご臨終を迎えた直後、短時間でやらなければならない事がたくさんあ […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】喪服選びのマナー / 特にお通夜には気を付けて

  お葬式といえば黒い喪服に黒いネクタイ。 それが当たり前と思っている方がとても多いのですが、実は大きな間違いなんですよ。   喪服には正喪服・準喪服・略喪服があり、それぞれ意味があるんです。 洋服の […]

コメントなし

ご家族が亡くなってからやるべき事①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。