【メモリアルセレモニー】人気上昇中!「散骨」のやり方って?

このページの記事は、日本テレビでお馴染みの朝の人気番組「zip!」で、2018年7月13日に放送された内容をまとめたものです。最近よく話題となる終活。その中でも散骨を希望する方が増えているというお話ですが・・・。



 

散骨ってナニ?

 

お墓を作らずに、海などに遺骨を撒くことを「散骨」と呼びますが、その「散骨」はどのように行われているのでしょうか?

 

街で「散骨」について聞いてみると、様々な意見がありました。

 

お墓に閉じこもるより自由な気がする。(女性)

私は散骨してもらいたいなと思います。(50代女性)

 

と、「散骨」についてはいい意見が多かったようですよ。

今、希望者が増えているという「散骨」。

 

楽天リサーチで「ご自分の遺骨をどうしたいですか?」とアンケートを取った結果、以下のようなご意見が多くありました。

 

 

写真の通りなのですが、海外の方が読んで下さったときに写真だと翻訳機能が使えないので、重複しますが書き出しておきますね。

 

希望する埋葬方法

男性の場合

1位…先祖代々のお墓(36.3%)

2位…新しく用意するお墓(14.0%)

3位…散骨(11.2%)

女性の場合

1位…先祖代々のお墓(22.4%)

2位…散骨(22.0%)

3位…永代供養墓(14.0%)

 

アンケートの結果、「散骨」を希望する方は男性が11.3%、女性は22.0%(男性の約2倍)と、かなり高いことが分かります。

特に女性については、1位がとの差がわずか0.4%しかありません。




 

散骨の種類

 

では、その散骨は、どこでどのように行われているのでしょうか?

zip!スタッフさんが訪ねたのは、終活カウンセラー協会の武藤頼胡代表理事さん。

 

武藤さん>(お墓は)維持管理していくので、費用が毎年かかります。

少子高齢化ということで、「子供たちに負担をかけたくない」という方が増えてきていて、散骨を希望される方が年々増えています。

 

では、具体的にどんな散骨方法があるのでしょうか?

 

① 海に散骨する

 

 

これは、火葬後の遺骨を粉にして海に撒く、もっとも一般的な散骨方法です。

「海が好き」「大海原を漂いながら自然にかえりたい」という方が希望するそうです。

 

 

街の意見

一か所にとどまるんじゃなくて、いろんな所に流れて地球と一つになっちゃうのがいい。(50代女性)

 

 

海の「散骨」は、小型飛行機やヘリコプターを利用して空から散骨することもできます。

 

② 陸に散骨する

 

 

陸に散骨する場合はどこでもいいわけではなく、散骨が許可された山や無人島などの陸地に骨を撒く方法です。

 

③空に散骨する

 

 

写真は「バルーン葬」と呼ばれる散骨方法です。

風船に遺骨の粉末を入れて、空に飛ばします。

 

 

上昇した風船はおよそ2時間で高度35km付近の成層圏に達して破裂。

 

 

遺骨は大空を漂うといいます。

 

宇宙に散骨する

 

 

「宇宙へ行ってみたい」という夢を叶えてくれるのが、この「宇宙葬」。

 

 

遺骨を入れた専用カプセルをロケットに内蔵し、宇宙へ!

 

 

残された遺族は、星空を眺めるたびに亡くなった人を思い出すことができるといいます。

 

散骨時の注意点

 

 

希望に合わせて様々な散骨方法が出てきている一方で、注意すべき点もあります。

 

武藤さん>特に「散骨」についての法律はないんですが、土地でしたら、必ず誰かの所有なので、許可なく散骨はできません。

海でしたら、(漁業関係者などに)迷惑をかけるような散骨をしてはいけません。

 

 

また、自治体によっては条例で「散骨」を禁止しているところもあるため、葬儀社を通して行った方がトラブルを避けることができます。




 

様々な方法がありますが、散骨後に手元に遺骨が残らず後悔したという意見もありますので、「遺骨のすべてを散骨するのか」などについても、ご家族でよく話し合った方がいいとのことです。

 

お骨用の小さなカプセルなどもありますので、ほんの少しだけ手元に残すという事も可能です。

 

カプセルペンダント No,4 |

骨壺 骨つぼ 骨壷 仏具 

 

「散骨」は海のイメージがありましたが、今は宇宙にまでも散骨できてしまうんですね。

また、散骨希望者が多い事にも驚きました。

「散骨」についてはあとで後悔することがないように、ご家族で十分に話し合って決めていきましょう。


NHKで紹介されたよりそうのお葬式

 

🌼【終活】エンディングノートを書く意味と書き方

    エンディングノートというのは、病気によって余命が宣告された患者さんや、高齢者の方が「元気なうちに」と考えて、記録を付けるノートの事を言います。   元々、元気なうちに財産や延命処置の […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】人気上昇中!「散骨」のやり方って?

    お墓を作らずに、海などに遺骨を撒くことを「散骨」と呼びますが、その「散骨」はどのように行われているのでしょうか?   街で「散骨」について聞いてみると、様々な意見がありました。 &n […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】お葬式代の内訳

    たとえば、事前に知人からお葬式代が150万円前後だと聞いていたとしましょう。 そうすると、葬儀社の提示するプランが「30万円になります」というお話になると、「えっ?それでいいの?」と錯覚しやす […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】お葬式の費用の相場や平均について

    お葬式(仏教)の費用について、小さなお葬式さんが全国平均をまとめて下さっているので、ちょっと引用させて頂きますね。   葬儀費用の平均は? 全国平均 195万円 北海道平均 154万 […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】戒名とは?法名とは?

    仏教では、お亡くなりになった方が戒名(かいみょう)というお名前を頂く事が多いのですが、戒名とは何でしょうか?   そもそも戒名というのは、仏門に入る時に受ける名前の事なので、亡くなっ […]

コメントなし

🌼【メモリアルセレモニー】妻が願った最期の「七日間」

  奥様を癌で亡くした宮本英司さん(71)が、病院で入院中だった奥様がお話していた事を詩にして新聞の投書欄に送り、掲載されました。   すると、それを読んだ人たちがSNSなどで拡散。 大きな反響を呼ぶ […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】「喪主」と「施主」の違い

  <喪主とは> 「喪主」というのは、ご遺族を代表して弔いの中心になる方を言います。 葬儀の関係者や参列者、法事の時の対応、ご挨拶など、常に中心となるのが「喪主」となります。   そして、本来は「お布 […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】喪主とは? 喪主の決め方と役割

  喪主というのは、葬儀やご供養の責任を果たす中心的な人になります。 ご遺族の代表者で、葬儀においての責任を任される人。 そのように説明をしてしまうと、かなりのプレッシャーを感じてしまうかも知れませんが、実際に […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】ご臨終から三回忌まで

  お葬式では悲しむ時間もないくらい、慌ただしく時間が過ぎていきます。 特に、初めて喪主を務める方にとってみては、大きな緊張もあることでしょう。 ここでは、初めて葬儀を執り行うご家族のために、ご臨終から三回忌ま […]

コメントなし

🌼【メモリアル・セレモニー】ご家族がご臨終を迎えてからやるべき事①

  一番悲しいこの時が一番忙しい時でもあり、一晩中眠れないで看取った後に訪れる、更に眠れなくなる酷な時でもあります。   それは、ご家族がご臨終を迎えた直後、短時間でやらなければならない事がたくさんあ […]

コメントなし

【メモリアルセレモニー】人気上昇中!「散骨」のやり方って?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください