【メモリアルセレモニー】お葬式の費用の相場や平均について

どこのサイトでも質問が多いのが費用の問題。今は必要ないと思えても、どこで調べればいいのかは把握しておくといいでしょう。ここでは、どのような事に費用がかかるのかをまとめてみました。



 

一般的なお葬式の費用はどれくらい?

 

お葬式(仏教)の費用について、小さなお葬式さんが全国平均をまとめて下さっているので、ちょっと引用させて頂きますね。

 

葬儀費用の平均は?

全国平均 195万円

北海道平均 154万円

東北平均 202万円

関東A(千葉・群馬・茨城・栃木)平均

238万円

関東B(東京・神奈川・埼玉)平均

186万円

中部A(新潟・富山・石川・福井)平均

227万円

中部B(愛知・静岡・岐阜・長野・山梨)平均

245万円

近畿平均 189万円

中国平均 163万円

四国平均 156万円

九州平均 166万円

小さなお葬式】より(データは日本消費者協会「2017年葬儀についてのアンケート調査」を元に計算されています)




 

 地域によってこれだけの差が生じるのは、その地域の風習や、長い間、その金額が相場だと思われている事もあるのでしょう。

 

意外にも、都心が全国平均より低いという所が驚きですね。

大切なのはこの内訳です。

 

お葬式代の内訳は基本プランとオプションとお布施

 

葬儀社さんが費用について説明してくれる時、基本プランだけを聞いて「このくらいなら」と思う方が多いと思いますが、それに様々なオプションやお布施が加わる事になりますので、トータルでいくらくらいなのかを算出しておきましょう。

 

まず、葬儀にかかる費用は、葬儀社さんが提案して下さるプランを元にしますので、基本的なプランとその内容を押さえておかなければなりません。

 

プランによって内容が異なりますが、葬儀そのものにかかる費用(たとえば花代や物品費用なども含め)をトータルすると、その平均は約121万円とされています。

 

そして、お通夜から葬儀までにかかる飲食接待費の全国平均は約30万円、寺院におさめる御布施(読経や戒名等)の相場は47万円という事なので、プランの料金だけでは全く足りません。

(これらを合計して121万円になるという事ではありません。それぞれの平均と相場の金額になります)

 

この料金を抑えるためには、お料理で安いコースを選んだり、戒名の階級が高くない方(戒名の階級は選べません)などは、多少お安くなるでしょう。




 

葬儀は大切な儀式なので、料金が高いとか安いといったお話は不謹慎かも知れませんが、実際の話、人によっては支払えるかどうかという問題にもなりかねません。

 

だからこそ、これから葬儀をする可能性がある方は、「縁起でもない」と思いながらも費用について確認しておく必要があります。

 

「助かるかも知れない」「生きていて欲しい」と願いながらも辛いお話になるでしょうが、一度、お葬式代を確認しておく事をおすすめします。

 

上記の葬儀費用は内訳までまとめましたが、更にどのような事にいくらかかっているかという事も分れば、費用を見直す事が可能ですね。

 

ですので、次回からは内訳の詳細についてまとめていきたいと思います。

多分、1週間以内には記事をアップできると思いますので、また良かったらご覧ください。

 



全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

 

投稿が見つかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください