📚【ダイレクト出版PR】漫画立ち読み無料はあり? なし?




 

漫画立ち読み無料はあり? なし?

 

大手出版社の小学館が、「書店で漫画を立ち読みできないようにするフィルム包装を試験的になくした」というニュースを見ました。

 

対象作品は「闇金ウシジマくん」「MAJOR 2nd」「空母いぶき」「海街diary」など、35作品の1巻と最新巻。

 

包装がないので1冊まるごと読めます。

いくつかの店舗で試した結果、少女・女性向け漫画で売り上げが20%増えたため、今後拡大する方針だそうです。

 

、、、

、、、

、、、

 

さて、あなたはこの取り組みについてどう思いますか?

僕が思ったのは、

 

いい取り組み。だけど遅いな。

 

でした。




 

だって漫画の立ち読みOKって、つまりは無料お試しで、他の業界ではたくさん行われていますし、電子版の漫画が無料っていうのも数年前から普通にありました。

 

キングコング西野さんも絵本をネットで無料公開して波紋を呼びましたが、結果的に売上は増えてAmazonや楽天のランキングで1位を獲得しました。

 

(これは絵本を読み聞かせる時に、本という「物」が手元にないと不便なので、インターネット公開されていても、欲しい人は買うしかないという戦略的な狙いもありましたが)

 

また累計発行部数1000万超えの「ブラックジャックによろしく」は、10年近く前にweb上で全話無料公開になり、さらに広告・映像・小説などへの二次利用も完全フリー化されています。

(詳しくは「ブラックジャックによろしく 二次利用」で検索。)

 

さて、このような新しい取り組みには、批判的な意見がつきものです。

例えば、

 

「漫画無料で読めるんだから、わざわざ買う人なんていない」

「無料公開が増えると子どもに悪影響がある」

「作品にお金を払うという感覚が薄れてしまう」

 

など。

もしあなたが出版社の担当なら、どうしますか?

 

「大富豪の起業術」の著者であり、人生で20個、実に2年に1つのペースで新規事業を立ち上げたある大富豪は、このような方法を提唱しています。

 

Ready, Fire, Aim(構え、撃て、狙え)

 

時間と資金と経営資源の大半を、アイデアを試す準備にそそぎこもう。

コンセプトを完璧にするために、他にもやりたいことがあるかもしれないが、それは全て(変更が必要で業務のさまざまな側面に影響するため、コストがかかるうえに混乱を生じがちなので)可能な限りあとでやるべきだ。

アイデアが実行可能であると判明した場合、その時にやればいい。

(「大富豪の起業術」より)




 

Ready, Fire, Aimは、社内でしょっちゅう耳にする格言の1つです。

日本語にすると「構え、撃て、狙え」です。

 

普通は「構え、狙え、撃て」なので、撃った後に狙うのは順番が逆では?と思いますよね。

でも、これがアイデアを成功させるコツで、素早く行動して、後から軌道修正した方が結果的にお金と時間の節約に繋がります。

 

本当の射撃ではそんな余裕はないでしょうが、ビジネスでは可能です。

ビジネスでは、いくら頭で考えても、いくら机上で考えても、いくら素晴らしいプランを練っても、実際にやってみないと分かりません。

 

僕らもネットで広告を出してクリック率などの反応を見ていると、直感的に微妙だと思っていた
広告の反応が良かったり、最高の出来だ!!と思ったものがダメダメだったり、なんてことは日常茶飯事です。

 

新商品のリリースでも同じことで、いつも予想が当たるとは限りません。

なので、

 

さっさと「試作品」を小さく作って(Ready)

実際に売ってみて、(Fire)

それからフィードバックを集める(Aim)

 

という方法論が効果的になるわけです。

フィードバックを集めたら、試作品の改善に活かし、また売ってみて、またフィードバック集めて、また、また、また、、、、を繰り返す。

 

リーン開発、アジャイル開発なんて言われている手法も基本は同じです。

小さく試して改善を繰り返す。

これに尽きます。

 

もしあなたが、すごいアイデアや、やってみたい新規事業を心に秘めているなら、ぜひ Ready, Fire, Aim の心構えで、素早く取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

きっと、上司や知り合いよりも、お客さんや取引先の反応の方が正しい道筋を教えてくれるはずです。

 

Ready, Fire, Aimをもっと深く知りたい人はこちらをクリック

 

あなたのアイデアが実ることを願って…

PS

もちろん何でも試せばいいわけではないので、「構え」の段階でこの7つのポイントは押さえておきましょう。

 

1. 良いアイデアがあるか?

2. うまく行く気がするか?

3. 販売目標は現実的か?

4. アイデアを試す余裕があるか?

5. やるべき基本的な仕事が分かっているか?

6. それをできる社員がいるか?

7. いいと思ったアイデアが悪いと分かった場合の、代替案や撤退計画はあるか?

 

特に重要なのは、7番目です。

冒頭の漫画の例だと、うまくいかないと判断した場合、フィルム包装を復活させるだけなので、リスクは少ないですね。

それだけに、もっともっと早く試すべきだったと言えるでしょう。

 

「大富豪の起業術」の詳細はこちら

ダイレクト出版 福田 修平

 

📚【ダイレクト出版PR】一流がする名刺を仕事に変える方法

  Q.「名刺交換って何でやってるんですか?」 A.「正直に言うと、何のためにしてるか分からないです、、、」 セミナーや交流会で「名刺交換は何でやってるんですか?」と聞くと、多くの方は明確な答えが返ってきません […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】稼げる天職の見つけ方

  最高の仕事とは何でしょうか?     もちろん、その定義は人によって違うと思います。 しかし、大きな枠でくくれば、自分の好きなこと・かつ稼げる仕事ではないでしょうか?   たと […]

コメントなし

📚【電子ブックの感想】太宰治「人間失格」

出典 : Yahoo!ブログ-学問の部屋   デバイス〉iPad(第三世代) アプリケーション〉Apple Books   iPadは9.4インチの軽量なタブレットPCなので、電車の中でも、部屋でゴロ […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】リピーターを増やす秘訣

  「リピーターが増えない…」   あなたもこんな悩みを持っていませんか? 全てのビジネスはファンづくりであるといわれます。   ではどういう風にあなたは取り組んでいますか? 商品を買っても […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】競合に差をつける意外な思考法

  出典 : ダイレクト出版   「あなたも出版社です」   と言われたら、どう思いますか?   サイトの購読者数44万2000人を誇る「マーケティングプロフス」のCCO(最高コン […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】Twitterで1億円をバラまいた?

  この人、頭いいなぁ   例の騒動を聞いた時、僕はこう思いました。 なぜなら、1億円という金額以上の広告効果があると思ったからです。   連日テレビでも取り上げられ、、、 SNSでも話題に […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】追いかける営業、求められる営業

  営業マンには2種類あります。   出典:ダイレクト出版   一つは「追いかける」営業マン。 もう一つは「求められる」営業マン。 テレアポで訪問の約束を取り付ける。 飛び込み営業をする。 […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】最近安定しています

      本当にどうしたものかと思うほど値を落とした【c0ban】。 私が損切りをした後に、なんと、1両=20円くらいまで落ちたんですよ!   10円くらいに落ちたら購入しようと […]

コメントなし

📚Amazonでunlimited(読み放題)に申し込んでみた

  unlimitedというのは、Amazonの電子書籍が定額読み放題になるサービスです。 電子書籍を検索した時に、unlimitedの記載がある書籍は読み放題の書籍になります。   いいような、イマ […]

コメントなし

📚【インベストメントカレッジPR】[無料]TVにも出た投資家の本

  最近、“仮想通貨”のブームに乗って、一攫千金した人や、逆に大損している人の話をよく聞きませんか? 実は、2017年だけで、国内で331名もの人が1億円以上の儲けを出す、いわゆる「億り人」になったそうなんです […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】漫画立ち読み無料はあり? なし?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。