📚【ダイレクト出版PR】お客を引きつける記事の書き方




 

お客を引きつける記事の書き方

 

・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。 

・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが何を書けばいいか分からない。 

・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitterといったメディアを使って集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。 

 

それが、、、 

「面白いコンテンツが作れない」

ということです。 

事実、米国のある調査によると、コンテンツ・マーケティングの課題の1番は「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、全回答の41%を占めています。 




 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、 

いくら、多くのメディアを使っても、、、

いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

 

結局のところ、面白いコンテンツが作れなくては何の価値もありません。 
いったい、どうすれば面白いコンテンツを作れるのでしょうか?

 

その1つは、「読者の興味をそそる見出しを考える」ことです。

 

記事のタイトルやメールの件名など、情報の海に沈まないような見出しをつけなければ、そもそも読んでもらえないのは当たり前ですよね。

でも、見出しをしっかり考える理由はそれだけではありません。

 

読者が興味をそそる見出しを考えることで、読者が面白いと思うポイントを明確にすることができるんです。

 

あとはそのポイントに絞って記事を書けば、自然と読者が面白いと思うものを作り上げることができます。




 

では、どのような見出しをつければ良いのでしょうか?

「ストレッチ方法」を例に、いくつか気をつけるべき点をご紹介します。

 

1.好奇心のギャップを演出する

 

(例)…「1週間で猫背を治した、驚くほど効果のあるストレッチ方法」

 

※何かすごい情報があるということを読者に伝えて好奇心を刺激しつつ、それを完全には満足させないような書き方をすることで、続きを読むように誘いかける

 

というものです。

ただし、このテクニックは飽きられやすいので、使いすぎには注意が必要です。

 

2.読者に直接訴えかける見出しにする

(例)…「仕事中にできるストレッチの1週間プログラム」

 

ただ単に「ストレッチ方法」とするのではなく、読者の悩みを解決する具体的な情報を提供しますという見出し。

 

あなたの記事を読んでいる人は、どのような悩みを抱えているでしょうか?

この例なら、

 

・健康が気になる

・でも時間がない

・トレーニングが続かない

 

という悩みですね。

 

3.数字を使う

 

(例)…「仕事中にできる10秒ストレッチの1週間プログラム」

 

上の例の発展版です。

「10秒」という数字を入れることで、さらに期待感が高まりましたよね。

 

「7つの方法」や「10のチェックリスト」など、具体的な数字を入れることで、読者はさらに内容を想定しやすくなり、好奇心が高まります。

 

このような点に気をつけて記事の見出しをつければ、文章を書くのが苦手でも「面白いポイント」を正確に捉えているので、自然と読者が満足する記事を書けるでしょう。

 

PS.

お客さんを集める記事と見向きもされない記事は何が違うのか? 

お客さんをファンにする記事とそうでない記事では何が違うのか? 

売上に直結する記事といい話聞いたなで終わる記事では 
何が違うのか? 

 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』で、お客さんをどんどん集める魅力的な記事の書き方を知ることができるでしょう。

 

↓ 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』/ アン・ハンドリー著

 

ダイレクト出版 寺尾 たくみ

 

仮想通貨【c0ban】急に値を上げてきましたが・・・

  久しぶりに【c0ban】について更新します。 【c0ban】を全部売って娘とお寿司を食べに行ってしまったもので、それ以来「こばんちゃんねる」で貯金する日々。   現在は5両貯まっているので、1両= […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】掛け金が2000円になりました

  小銭&ポイントを投資に回し、掛け金は2000円になりました。 3月25日の時点で掛け金が1600円だったのですが、楽天ポイントで積みたて投資をしているので、100ポイント=100円で、自動的に楽天証 […]

コメントなし

【楽天証券100円積み立て投資】トータルリターンが100円を超えました!

  ほんとにほんとにチョットずつですが、楽天証券で続けている100円積みたて投資で、トータルリターンが何とか100円を超えました。     現在の掛け金(元金)は1600円。 今日1日で5円 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】頑張らないは「悪」なのか?

画像出典 : ダイレクト出版     1984å¹´12月1日 ある一人の男が、経営不振に陥る電話対応サービス会社を買い取り、経営者となりました。 彼は、自分の会社がアメリカで最高の電話対応サービス会社に […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」

  <地上波が報じない世界のタブー>   著書80冊以上・国際政治学者の「日本人が知っておくべき世界の裏側」全6講義セットを、今なら無料でプレゼント   *439人のレビューで平均満足度4. […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】[悪用厳禁]洗脳セールス

  洗脳で人を幸せにする?? 洗脳って聞くと怪しいイメージがありませんか?   実際にインターネットで洗脳について調べると、こんなキーワードが出てきました。   ・ナチスドイツ ・ヒトラー […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】「正しい先延ばし」の活用法

  本屋を歩くと、、、   「すぐやる人の〇〇」 「先延ばしを失くす方法」 「すぐに行動するための〇〇」   などの本がたくさんあります。 もちろん、多くの「先延ばし」は改善点として挙げられ […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】一瞬で信頼関係を構築する人脈活用法

  「えっ、Facebookとメッセンジャーだけで2000万円以上稼いだんですか…?」 「しかもたったの8日間で!?」   これはこの前、とある方と話した時の会話です。 この人は僕の昔からの知り合いで […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】忙しい社長のための『休む』技術

画像出典 : ダイレクト出版   あなたはこんな経験をしたことはありませんか?   ・休み明けの月曜日は、仕事をする気が起きない… ・金曜日は疲れが溜まっていて、仕事に集中できない、イライラする… ・ […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】「小さな会社のためのマーケティング入門」無料プレゼント!

これは、ダン・ケネディの著書「小さな会社のためのマーケティング入門」です。   ダン・ケネディが教える 小さな会社のためのマーケティング入門 / ダン・ケネディ著 (無料プレゼント中 / 送料550円) &nb […]

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。