📚【ダイレクト出版PR】<特集>ビジネスモデルの作り方 その2

 

昨日に続き、今日もビジネスモデル特集です!




 

昨日の特集を読んでいただけると、さらに面白い内容になっていると思いますので、まだの方は昨日のメールもチェックしてみてくださいね。

さて、今回は「キャンペーン主導モデル」と銘打っていますが、わかりやすく言うと期間限定セールみたいなものです。

 

昨日の特集のように、見込み客との信頼関係をしっかりと作り上げた状態で、キャンペーンを打つことができれば、注文が殺到すること請け合いです。

さらに、定期的に売れるキャンペーンを作ることができれば、ビジネスは一気に安定します。

 

このキャンペーンで重要になってくるのが、

 

1)オファー

2)キャンペーンの理由

 

この2つです。

今回の特集では、この2つを取り上げていきます。




 

<1)オファー>

オファーが全てと言っても過言ではないほど、オファーは重要です。

何を、いくらで提供するのかが、ほとんどすべてを決めてしまいます。

では、オファーを構成するものは何でしょうか?

それにはざっくり3つあります。

 

1つ目は、価格。

キャンペーンでは、期間限定で割引をすることが多いと思います。

 

どれくらい割引すればいいのか?

というのは商品や業界によって異なってくるので、正解はテストするしかありません。

ただし、注意点がひとつ。

「割引のやりすぎは禁物」です。

年がら年中割引をやっているようなお店をたまに見かけますが、お客さんから「ずっとセール中だな」と思われると、一気にキャンペーンの威力が激減します。

 

割引をするなら、明確な意図を持って、慎重にしなければなりません。

 

しかし、割引せずともキャンペーンの価値を上げる方法があります。

 

それが2つめ、特典です。

キャンペーン期間中だけ特典をつければ、商品価格を下げることなくお得感をつけることができます。

 

例えば、メガネ屋さんなら予備レンズをつけたり、整体院なら自分でできるストレッチのパンフレットをつけたり、、、

扱っている商品や知識でいくつでも特典を作ることができると思います。

 

そして3つ目が、保証。

今では当たり前にある保証ですが、これがあるのと無いのでは、やはり効果が全然違います。

お客さんは保証があれば安心できますし、「商品に自信があるんだな」と信頼感を生む効果もあります。

ポイントは、あなたの商品の一番の強みを保証にすることです。

上記の例でいくと、デザインのいいメガネを推しだすなら

 

「友人にメガネいいねと言われなかったら返金します」

 

といったように、あなたが思う、自分の商品やサービスの一番の強みを保証できれば、信頼感のある強いオファーになるでしょう。




 

<2)キャンペーンの理由>

理由のないキャンペーンを続けてしまうと、お客さんから「そっちの都合だろ」と感じられてしまい、納得感が得られなくなってしまいます。

 

では、どんな理由がいいのか?

実は、結構なんでもアリです(笑

 

・新商品だから

・歳末だから

 

という理由でもいいですし、

 

・お客さんや自分の誕生日だから

・間違って発注してしまったから

 

みたいな理由でも構いません。

(誤発注はあからさまだと炎上するケースがありますが笑)

 

大切なのは、どんなキャンペーンでも理由を作るということです。

さて、今回の記事では注文が殺到するキャンペーン主導のビジネスモデルについてお話しました。

 

ぜひこの記事やいろんな企業のキャンペーンを参考にして、売上を爆発させるキャンペーンを立ててみてくださいね。

 

PS.
明日はいよいよ特集の第三号「超安定したビジネスを生み出す継続課金ビジネスの極意」をお送りします。

明日の記事もお見逃しなく!

【特集内容のオススメ本】

 

世界一ずる賢い価格戦略 / ダン・ケネディ、ジェイソン・マーズ著

 

ダイレクト出版 寺尾 たくみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。