🌻ネットショップ販売戦略!まずやるべきことは?

【ネットショップをはじめました】はこちら>

 

最近は、簡単にネットショップを開けるようになりました。全くの素人からスタートして、毎月安定した生活費を稼ぐ主婦層も少なくありません。ですが、ネットショップで成功するためには、商品開発だけではなかなか難しいというのが現状。そのため、私たち親子は販売戦略を練る事にしました。



 

手作りアクセサリーを売るための絶対条件

 

個人的に、仕事に関して「戦略」という言葉を遣うのは好きじゃないのですが、あえてこの記事のタイトルに「戦略」を遣ってみました。

 

それはなぜかと言うと、無数に存在するライバルの中で、ただ商品を制作して出品しているだけでは、その星の数ほどある商品の海の底に、私たち親子の作品は沈んでいくに違いないという、そんな思いがあるからです。

 

ショップをオープンする前から、実際に軌道に乗る事がどれほど大変な事なのかは、アフィリエイトを続けながら予想している事ですので、これからどうするべきかをここでまとめてみたいと思います。

 

まず、絶対条件として挙げられることは、誰にでも理解できるような当たり前の事。

それは、

 

・質のいい商品を開発する

・商品の写真撮影にもこだわる

 

ということ。

また、それとはべつに、インターネットの仕組みを理解しておく必要もあるでしょう。

 

難しい事は覚えなくてもいいけれど、「ああすれば、こうなる」という、アクセス数を増やすための方法を押さえる必要があります。

 

インターネットについてはあとで触れますので、まずは商品開発という視点から・・・。

 


スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】

 

<商品開発について>

アクセサリー商品について考えると、個性的、魅力的、お得感があるなど、色々挙げられるでしょう。

 

ですが、実際に作ってみると、アクセサリーは「理屈ではない」というのを感じますね。

 

アクセサリーについては、勉強したり、他の作品を観察したり、経験を積んでいったりと、とにかく感性を磨きながら感覚を広げていく事が大切だと思います。

 

そして、イメージした作品を現実に作り上げるための技術や知識も大切。

やはり、それには経験していくしかないですね。




 

<写真撮影について>

そして、大切なのが写真撮影。私は、とりあえずスマホで写真を撮りましたが、どうしても室内灯では画像が暗くなってしまうので、少々パソコンで加工してみました。

 

でも、できれば実際の照明で、その商品本来の色を撮影したいもの。

パソコンでも、商品そのものの色を残したまま、明るい画面に加工する事は可能ですが、この件については、省スペースのミニスタジオを作成しようと予定しています。

 

まあ、ドールハウスのようなミニチュアセットか何かですけどね。

そこに簡単な照明器具を設置し、アルミホイルなどで反射板を作り、撮影できるようにしようと思います。

ミニスタジオができたら、こちらでご紹介しますね。

 


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

 

私が今回撮影しながら感じた事は、商品を売りたいがために過剰に美しく撮影したり、加工することは避けるべきだということ。

 

それは、お客様が購入した時、写真とのギャップに驚かれるといけないからです。

クレームを頂けるお客様ならまだいいのですが、顔の見えないお客様に商品を販売するわけですから、その辺は細心の注意を払わなければいけないでしょう。

 

写真とのギャップが大きいショップには、リピーターが少くなる事は当然の事。

ですが、商品を買って頂きたいのなら、キレイに撮影する事も大切。

 

だからこそ大切にしたいのは、その商品の魅力をアピールできる撮影方法。

決して商品の粗をごまかしたり、商品を化けさせたりするものではありません。

 

そのためには、お客様が商品を手に取った時に写真と大差がなく、喜んで頂けるような物を作るという事が大前提です。

写真の効果は、+アルファ程度でいいと思います。

 

ただ、画像が暗かったり、背景色が派手で商品が目立たなくなったりという事は良くないので、照明と背景には気を付けなければいけないと思っています。

 

<作品にストーリー性を持たせる>

これは、金時堂BOOKSでご紹介している本によく書かれているのですが、売りたい商品にストーリー性を持たせると、類似商品があっても、他の商品と比べ物にならないほど売り上げを伸ばす事ができるというものです。

 

商品の説明ページはもちろん、商品のタイトル、写真撮影をする時の背景にもストーリーがあるといいでしょう(私が背景まで手が回せるかどうか分かりませんが)。

 

最近ではテレビCMがその傾向にありますね。

きっと、CMが話題になる分、売上が伸びていると思いますよ。

 

私の作品にストーリー性を持たせるのはこれからですが、作品ごとに色々考えて行こうと思います。

 

インターネットの仕組みについて

 

ネットショップをオープンするのですから、インターネットをどう利用していくか考えてみましょう。

 

ネットショップがインターネットに求めるものは、アクセス数という事になるでしょう。

ですが、単にアクセス数だけが増えればいいという事ではなく、まさに今すぐその商品を欲しいという人が選びそうなキーワードを想定して、設定する事が大切。

(と、私のネットビジネスのお師匠様が言ってました)

 

アクセス数を増やすには、細かい事を挙げていくとキリがないのですが、インターネットに詳しくない方でも実践しやすい部分として、以下の事が挙げられます。

 

① 競合性が低く(ライバルが少ない)、検索ボリュームの大きいキーワードを選ぶ

② ショップの入り口を広げる

③ 拡散する

④一度来店(サイト訪問)したお客様が信頼してくれたり、ホッとするようなサイトにする。

 

①競合性が低く、検索ボリュームの大きいキーワードを選ぶ

これはSEO対策と言って、googleのキーワードプランナーを利用します。

 

ここで説明すると、とんでもなく長くなってしまいますので、興味のある方は上の青い文字をクリックして、お時間のある時にでも読んでみて下さい。

 

その中でGoogleプランナーの記事がありますので、キーワード選びの参考にどうぞ ↓

 

Googleキーワードプランナーの記事はこちら>

 

Googleキーワードプランナーの画面が変わってしまったので申しわけないのですが、そのうち最近の画像に張り替えますね。

 

ここで1つだけ実際にキーワードプランナーを使ってみましょう。

検証するキーワードは、私が冒頭で遣いたくないと言っていた「販売戦略」です。

ここでは「販売」と「戦略」の複合キーワードとして調べます。

 

それぞれのキーワードではこんな感じです ↓

 

 

月間平均検索ボリュームはどちらも1000~1万。

これは結構検索されているという数値なんです。

それに加え、競合性は「低」なので、ライバルが少なくて、よく検索されるキーワードだという事が分かります。

 

そして、複合キーワードとしてはこんな感じ ↓

 

 

月間平均検索ボリュームは100~1000と、ちょっと低いのですが、競合性は「低」。

SEOに有効な複合キーワードと言えるでしょう。

こんな風にキーワードを選んで、ちょっとずつ使用していきます。

 

というのは、限定されたキーワードをたくさん使用しすぎると、かえってGoogleのAIが「計算して使っている」と判断して順位を下げてしまう危険性があるからです。

 

その辺も気を付けなければいけない所でしょう。

無難なのは、1つの記事のタイトルに1回と、本文中に2~3回程度使用する事かと思います。

 


無料ショップ開設なら【BASE】

 

Googleのプログラムに設定されているアルゴリズムというものがあるのですが、恐らく記事全体の何%以上だとNGだという風に、割合で設定されているものだと思います。

 

ですが、割合で考えると面倒な話なので、2~3回キーワードを使用すると思えば間違いはないでしょう。

 

② ショップの入り口を広げる

簡単に言えば、ショップのページ数を増やすという事です。

商品がたくさんできれば、その商品の数だけページが増えますし、ページが増えた分だけお客様が入れる入り口が増えるわけです。

 

メルカリなどでは1商品でも売れるかも知れませんが、売れるまでの時間を短縮したければ、入り口を広げてアクセス数を増やす事が効果的です。




 

③ 拡散する

商品をサイトにアップしたら、気持の上で無理のない範囲で構いません。

拡散していくように心掛けましょう。

ご自分のSNSやブログを利用してシェアしていくと、商品を見てくれる人が増えます。

そして、見てくれる人が増えれば、誰かがキーワード検索をした時に、検索結果として表示される順位が上昇していくのです。

 

また、拡散した記事の順位が検索結果で上昇していく時は、他のページも上昇していく事が多く、そうなれば、他の商品も見て頂ける可能性が高まっていきます。

 

④一度来店(サイト訪問)したお客様が信頼してくれたり、ホッとするようなサイトにする

これは、サイトデザインとサイトの内容になります。

ですが、今回はミンネでの出品ですので、サイトデザインにはあまり手を加える事ができません。

 

ですので、内容を充実させていきます。

プロフィールもまだ作成できていませんので、まずはプロフィールを作成(これからですが)。

 

プロフィール写真はいつもの豆マーク。

コメントなど、何か書きこめる所があったら、全て埋めていこうと思います。

 

最近ではネット販売を利用した詐欺が増えていますし、読んで下さる方が増えているように感じます。

 

コメントやプロフィールを書きこむ理由は、お客様との距離感を縮めるため。

もしかしたら一生会う事ができないだろうお客様が、たまたま私のサイトを見つけて読んで下さるので、その時に少しでも身近な存在に感じて頂ければ、きっとまた見に来てくれるでしょう。

 

これも、ライティングテクニックの本には様々な分析がされていますが、何の計算も理屈も必用ありません。

ただ、誰か特定の人を思い浮かべて、その人が読んでくれる事を想像しながら書きこめば、自然とライティングテクニックに沿った文章になるものだと思うんですよ。

理屈で考えちゃうと、型にはめてしまいそうですもんね。

 

そんなわけで、これから商品を増やしながら、ショップサイトの運営を頑張っていきます。

一緒に作品を作ろうって約束していた娘は、睡魔に耐え切れず眠ってしまいましたが、少しでも先に進んでみます。

ではまた・・・。

 


21万名の作家さんによる260万点の作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケット≪minne(ミンネ)≫

 

【ネットショップをはじめました】はこちら>

 

🌻簡単ライティング スピードアップをするにはどうすればいいの?

  「目標を達成できたらココ(金時堂)の記事の更新をしよう」と思ったのですが、目標達成ができないもので、情報サイトがしばらく放置状態になってしまいました。 すみません。   そこで、今回はコーヒーブレ […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】最近安定しています

      本当にどうしたものかと思うほど値を落とした【c0ban】。 私が損切りをした後に、なんと、1両=20円くらいまで落ちたんですよ!   10円くらいに落ちたら購入しようと […]

コメントなし

🌻在宅ワークはまたまた異動?ライティングのお仕事復帰します

  ママワークスを通して紹介して頂いた在宅ワークをスタートしたのは去年(2018å¹´)の8月。   1件150文字(1ヵ月あたり1000件以上で1件60円、未満で55円)の簡単ライティングとしてスタート […]

コメントなし

🌻指輪のディスプレイ・スタンドを作ってみました

      今回は指輪用のディスプレイ・スタンドを制作したので、ご存知ない方のために、まずはどういう物なのかご紹介します。   ディスプレイ・スタンドというのは、その名の通りディス […]

コメントなし

🌻NAVERまとめのほったらかし不労所得12月分&2018年の合計収入

  12月も全く記事を追加できず、放置状態の報酬になります。 まだ換金できる金額に達していないので、これまでの累計になりますが、こんな感じになりました ↓     累計では、   […]

コメントなし

💍ネットショップに商品を追加中

      のんびり続けているネットショップに、やっと新作を追加できました。 とは言っても、大した作品ではないのですが・・・。   ビーズの星座チョーカー(みずがめ座) &nbsp […]

コメントなし

🌻【ネットショップ】ネットショップを始めて思った事

      ネットショップをする上で、サイトをどう運営したらいいのか解釈は色々ですね。 私の場合はミンネとラクマを利用していますが、まだ商品は売れていません。   まだ売れていない […]

コメントなし

🌻ママワークスで見つけた仕事はまだまだ継続できそうです

  ママワークスで見つけた在宅ワークですが、前回の記事ではデータ入力の仕事に異動した所までお話したんですね。   1件5円の簡単データ入力。 どうも、暫く続けて行けそうですよ。   1000 […]

コメントなし

🌻ただいま【c0ban】大暴落中!

      ちょこちょこご紹介してきた【c0ban】ですが、ついに1両=40円台にまで落ちてしまいました。   前回は60円台にまで落ちていて、開き直って「1両=100円で売り注文 […]

コメントなし

🌻ママワークスで見つけた在宅ワークでデータ入力をすることに!

    「経緯」というよりも、データ入力に移った「理由」と言った方がいいのでしょうか? 一言に言えば、私の仕事が遅いからなのだと思います。   契約先の会社の方から、とても簡単なデータ入力の […]

コメントなし

🌻ネットショップ販売戦略!まずやるべきことは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。