📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?




 

営業チームは何人が最適?

 

Q.営業チームは何人が最適でしょうか?

はい、いきなりクイズです。

ちょっと考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

・・・・

 

時間になりました。

さて、何人と答えたでしょうか?

 

サッカー経験者なら11人、野球経験者なら9人、カバディ経験者(!?)なら7人と答えたかもしれませんね。

 

一例ですが、アマゾンではプロジェクトチームの人数は「2枚のピザルール」に従い、『2枚のピザをちょうど食べきれる人数』としているそうです。

 

ピザ2枚って、ぱっと何人か分からなかったんですが(笑)、要するに7人前後のようです。

 

あなたも会社を経営していたり、チームを率いているなら同じような経験があると思いますが、ダイレクト出版でも以前、10人を少しオーバーした事業部はどこか動きが遅くなっていて、コミュニケーションエラーも増え、ミスも増え、なんだかもどかしい、、、なんてことがありました。

 

そんな時に問題の原因を教えてくれた名著「スケーリング・アップ」によると、1人のリーダーが管理できるのは7人から10人と計算され、組織内に自然とグループが形成されていき、

 

・社員1-3人

(多くの個人ビジネス)

 

・社員8-12人

(リーダー1人とアシスタント集団の効率的な企業)

 

・社員40-70人
(5-7人のリーダーが、それぞれ7-10人のチームを率いる。まだ全員が社内全員の名前を知っている。)

 

・社員350-500人

(7人のリーダーそれぞれに7人の中間管理職がつき、その下に7-10人のチームがいる。非常に効率的なチーム)

 

・社員2,500-3,500人

(7-10人のチームがもっと多くなる)

 

となっていきます。

どの段階でも1チーム7人くらい。




 

実は、中小企業でも大企業でも、最適なチーム人数は同じなんですね。

 

じゃあ、何で15人や20人のチームが良くないかといえば、1つにはコミュニケーションの複雑さがあります。

次の図を見てください。

 

 

2人だとコミュニケーションの経路は2通りしかないです。

しかし、3人目が加わると一気に3倍の6通りになり、4人目が加わるとさらに4倍の24通りになります(!?)

 

3人から4人への拡大は、人数だと33%増加に過ぎませんが、複雑さは400%増すことになります。

3人から6人だと、人数は倍になっただけですが、複雑さはなんと12,000%(120倍)!!

数字で考えると恐ろしいですね…

実際、カナダで社員数2000人超の金融サービス会社を率いたCEOは、20年の実体験から、複雑さの脅威を肌で感じています ↓

 

企業が2人から10人体制に成長すると、そこで最初の「死の谷」に到達すると考えている。

そこでプロセスを変える必要が生じるからだ。

 

おそらく、マネジャーの補佐役を1人増やさなければならない。

「もう自分1人では会社を動かせない。だから経営方針を変化させる必要があるのだが、中にはそれを乗り越えられない経営者もいる」

社員数25人になると、また新たな変更を迫られる。

たとえば、財務を担当してくれる人材を雇わなければならない。

 

社員数100人ほどになると、「内部の意思伝達システムが必要になる。もう全員を集めた会議は開けないからだ」

「スケーリング・アップ」p.42より




 

どうでしょう?

もし、

 

・社内のスピード感が落ちてきた

・個人の意思だけで組織が動かなくなってきた

・過去に解決したはずの問題がまた出てきた

 

などの症状があるなら、リーダー1人が面倒を見る人数を7人に絞ってみてはいかがでしょうか^^

 

製造業であれば、開発、製造、営業1、営業2などに分けて、各チームを7人以下にすれば、きっと組織の動きがスピーディになるでしょう。

 

売上を成長させながら、組織も強くしていく方法が知りたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください^^

 

「スケーリング・アップ」成長できる企業とできない企業は何が違うのか

 

最後までお付き合い

ありがとうございましたm(._.)m

P.S
「死の谷」とはこれです。

↓

 

 

アメリカに存在する2800万社のうち、収益1億円を超えるのはわずか4%…

 

さらに減って10社に1社、全体の0.4%が収益10億円を達成し、収益50億円を超えるのは全体の0.06%である1万7000社。

 

面白いことに、山と谷を決めるのは収益よりも社員数。

人数が複雑さを増す大きな要素になるため。

死の谷の越える方法とは?

 

P.P.S
今日紹介したのは、「スケーリング・アップ」で扱う4つの重要な要素である人材、戦略、実行、キャッシュのうちの1つ、人材についてです。
 

ダイレクト出版 福田 修平

 

他の要素も気になる方はこちら

スケーリング・アップ / ヴァーン・ハーニッシュ著

 

📚Amazonでunlimited(読み放題)に申し込んでみた

  unlimitedというのは、Amazonの電子書籍が定額読み放題になるサービスです。 電子書籍を検索した時に、unlimitedの記載がある書籍は読み放題の書籍になります。   いいような、イマ […]

コメントなし

📚【インベストメントカレッジPR】[無料]TVにも出た投資家の本

  最近、“仮想通貨”のブームに乗って、一攫千金した人や、逆に大損している人の話をよく聞きませんか? 実は、2017年だけで、国内で331名もの人が1億円以上の儲けを出す、いわゆる「億り人」になったそうなんです […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】2019年、人の動かし方

  今年も売上を上げたい!   これは社長や経営者なら常に考えることですよね。 でも、会社の売上というのは、起業当初のがむしゃらな時期はどんどん伸びるのに、ある時期を境に”ぱったり&#82 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】人生が変わる時間投資思考

  あけましておめでとうございます。       正月休みにも変わらず、この記事をご覧になっているあなたはきっと勉強熱心で、優秀な方だと思います。   しかし優秀であるが […]

コメントなし

🌻ただいま【c0ban】大暴落中!

      ちょこちょこご紹介してきた【c0ban】ですが、ついに1両=40円台にまで落ちてしまいました。   前回は60円台にまで落ちていて、開き直って「1両=100円で売り注文 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】つい買ってしまう心理学の秘密

本の売り上げを一番左右するものは何か? あなたはわかりますか? 書籍のタイトル?中身?表紙のデザイン? 実は、、、 本のタイトルです。 ある本屋さんで実験が行われたのですが、結果、全く同じ内容が書かれいる本で、片方は50 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】2018年、外国人が急増中。

    2015年:19,737,400 2016年:24,039,700 2017年:28,691,073   これ、なんの数字がわかりますか? 実はこれ、その年に、日本を訪れた外国人の数 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

    相場というのは、   「安く買って高く売る、高いときに 売って安く買い戻す」   という行為を繰り返すことであり、商売となんら違いはありません。   設備に投資し […]

コメントなし

📚北岡秀紀のプルスウルトラJ(デジタル本)/ダイレクト出版(11月30日まで100円)

    コンサルタントと聞くと、   企業相手に経営の指導をする頭のいい人、   そんなイメージを持たれるかもしれませんが、そういった人ばかりではありません。   お客さ […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】ムチャクチャ下落中の今日この頃

        前回までスキャルピング(小さな売買利益で稼ぐ事をこまめに繰り返す手法)で稼ぐと言っていたのですが、最近、【c0ban】の下落の勢いがすごいですね。   9 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。