📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?




 

営業チームは何人が最適?

 

Q.営業チームは何人が最適でしょうか?

はい、いきなりクイズです。

ちょっと考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

・・・・

 

時間になりました。

さて、何人と答えたでしょうか?

 

サッカー経験者なら11人、野球経験者なら9人、カバディ経験者(!?)なら7人と答えたかもしれませんね。

 

一例ですが、アマゾンではプロジェクトチームの人数は「2枚のピザルール」に従い、『2枚のピザをちょうど食べきれる人数』としているそうです。

 

ピザ2枚って、ぱっと何人か分からなかったんですが(笑)、要するに7人前後のようです。

 

あなたも会社を経営していたり、チームを率いているなら同じような経験があると思いますが、ダイレクト出版でも以前、10人を少しオーバーした事業部はどこか動きが遅くなっていて、コミュニケーションエラーも増え、ミスも増え、なんだかもどかしい、、、なんてことがありました。

 

そんな時に問題の原因を教えてくれた名著「スケーリング・アップ」によると、1人のリーダーが管理できるのは7人から10人と計算され、組織内に自然とグループが形成されていき、

 

・社員1-3人

(多くの個人ビジネス)

 

・社員8-12人

(リーダー1人とアシスタント集団の効率的な企業)

 

・社員40-70人
(5-7人のリーダーが、それぞれ7-10人のチームを率いる。まだ全員が社内全員の名前を知っている。)

 

・社員350-500人

(7人のリーダーそれぞれに7人の中間管理職がつき、その下に7-10人のチームがいる。非常に効率的なチーム)

 

・社員2,500-3,500人

(7-10人のチームがもっと多くなる)

 

となっていきます。

どの段階でも1チーム7人くらい。




 

実は、中小企業でも大企業でも、最適なチーム人数は同じなんですね。

 

じゃあ、何で15人や20人のチームが良くないかといえば、1つにはコミュニケーションの複雑さがあります。

次の図を見てください。

 

 

2人だとコミュニケーションの経路は2通りしかないです。

しかし、3人目が加わると一気に3倍の6通りになり、4人目が加わるとさらに4倍の24通りになります(!?)

 

3人から4人への拡大は、人数だと33%増加に過ぎませんが、複雑さは400%増すことになります。

3人から6人だと、人数は倍になっただけですが、複雑さはなんと12,000%(120倍)!!

数字で考えると恐ろしいですね…

実際、カナダで社員数2000人超の金融サービス会社を率いたCEOは、20年の実体験から、複雑さの脅威を肌で感じています ↓

 

企業が2人から10人体制に成長すると、そこで最初の「死の谷」に到達すると考えている。

そこでプロセスを変える必要が生じるからだ。

 

おそらく、マネジャーの補佐役を1人増やさなければならない。

「もう自分1人では会社を動かせない。だから経営方針を変化させる必要があるのだが、中にはそれを乗り越えられない経営者もいる」

社員数25人になると、また新たな変更を迫られる。

たとえば、財務を担当してくれる人材を雇わなければならない。

 

社員数100人ほどになると、「内部の意思伝達システムが必要になる。もう全員を集めた会議は開けないからだ」

「スケーリング・アップ」p.42より




 

どうでしょう?

もし、

 

・社内のスピード感が落ちてきた

・個人の意思だけで組織が動かなくなってきた

・過去に解決したはずの問題がまた出てきた

 

などの症状があるなら、リーダー1人が面倒を見る人数を7人に絞ってみてはいかがでしょうか^^

 

製造業であれば、開発、製造、営業1、営業2などに分けて、各チームを7人以下にすれば、きっと組織の動きがスピーディになるでしょう。

 

売上を成長させながら、組織も強くしていく方法が知りたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください^^

 

「スケーリング・アップ」成長できる企業とできない企業は何が違うのか

 

最後までお付き合い

ありがとうございましたm(._.)m

P.S
「死の谷」とはこれです。

↓

 

 

アメリカに存在する2800万社のうち、収益1億円を超えるのはわずか4%…

 

さらに減って10社に1社、全体の0.4%が収益10億円を達成し、収益50億円を超えるのは全体の0.06%である1万7000社。

 

面白いことに、山と谷を決めるのは収益よりも社員数。

人数が複雑さを増す大きな要素になるため。

死の谷の越える方法とは?

 

P.P.S
今日紹介したのは、「スケーリング・アップ」で扱う4つの重要な要素である人材、戦略、実行、キャッシュのうちの1つ、人材についてです。
 

ダイレクト出版 福田 修平

 

他の要素も気になる方はこちら

スケーリング・アップ / ヴァーン・ハーニッシュ著

 

📚【ダイレクト出版PR】起業に不安を抱える会社員の方へ

    いつまでこんな働き方を続けるのか?   (株)ネットマイルの調査によると、最も多い業種では、会社に勤める2人に1人以上(50.4%)が「いつか会社を辞めたい」と考えているそうです。 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】人手が足りない…このままじゃ、、、

    深刻な人手不足…   人が足りないから、仕事が大変になる、、、 仕事が大変だから、従業員が辞めていく、、、 さらに仕事が大変に、、、   人手不足の問題は、本当にヤバイです […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】知ってはいけない「世界の裏側」

  この本はビジネス、マーケティングのお話ではないですが、普段決して聞くことのない”世界の裏”の情報をお届けします…   刺激的な内容となっていますので、ご覧になる際は自己責任でお願いします・・ &n […]

コメントなし

日本テレビ【スッキリ】スーパー視察!オーケーストアのお惣菜・お弁当編

      続いてお二人が向かったのはオーケーストアさん。 オーケーさんは1958年創業。首都圏を中心に113店舗展開しています。     お店に入るとすぐに目についたの […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】お客を操作して商品を売る方法

    あなたは、人の感情を操作することに興味はありますか?     特に、商品を売る時に「この商品欲しい!」ってなるようにお客の感情を操作できたら、、、   いつもは売 […]

コメントなし

日本テレビ【スッキリ】スーパー視察!サミットお惣菜・お弁当編

出典 : wikipedia       今回もお馴染み、全国のスーパーを巡り歩いているスーパーマーケット研究家の菅原佳己さんと、中山美香さんのお二人がご紹介して下さいました。   […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】[無料]100万人の日本人に読んで欲しい本

    なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか / 本城武則著 / ダイレクト出版   この本は英語学習の本ではありません。 なので、読んだからと言って、英語のテストでよい点数が取 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】ある日突然行列ができたお店

    飲食店が立ち並ぶ僕の地元、大阪の福島駅でちょっと変わったことがありました。 普段から、飲食店街として賑わっているんですが、、、 その日はちょっと異常なくらいいろんなお店に行列ができていたんです […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】証拠金は返ってきました

        以前、「証拠金は退会するまで戻ってきません」なんてお話をしましたが、証拠金は個人認証手続きが終わると、残高の表示に加算されていました。   それで、実は前 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】売れるコンテンツを作りたい!

    「とりあえずコンテンツ。って聞くけど、、、 どう作ったらいいの!!」   あなたもこんな風に思ったことはありませんか? ・ホームページやブログでの記事 ・お客さんへのメール ・商品や […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。