📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?




 

営業チームは何人が最適?

 

Q.営業チームは何人が最適でしょうか?

はい、いきなりクイズです。

ちょっと考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

・・・・

 

時間になりました。

さて、何人と答えたでしょうか?

 

サッカー経験者なら11人、野球経験者なら9人、カバディ経験者(!?)なら7人と答えたかもしれませんね。

 

一例ですが、アマゾンではプロジェクトチームの人数は「2枚のピザルール」に従い、『2枚のピザをちょうど食べきれる人数』としているそうです。

 

ピザ2枚って、ぱっと何人か分からなかったんですが(笑)、要するに7人前後のようです。

 

あなたも会社を経営していたり、チームを率いているなら同じような経験があると思いますが、ダイレクト出版でも以前、10人を少しオーバーした事業部はどこか動きが遅くなっていて、コミュニケーションエラーも増え、ミスも増え、なんだかもどかしい、、、なんてことがありました。

 

そんな時に問題の原因を教えてくれた名著「スケーリング・アップ」によると、1人のリーダーが管理できるのは7人から10人と計算され、組織内に自然とグループが形成されていき、

 

・社員1-3人

(多くの個人ビジネス)

 

・社員8-12人

(リーダー1人とアシスタント集団の効率的な企業)

 

・社員40-70人
(5-7人のリーダーが、それぞれ7-10人のチームを率いる。まだ全員が社内全員の名前を知っている。)

 

・社員350-500人

(7人のリーダーそれぞれに7人の中間管理職がつき、その下に7-10人のチームがいる。非常に効率的なチーム)

 

・社員2,500-3,500人

(7-10人のチームがもっと多くなる)

 

となっていきます。

どの段階でも1チーム7人くらい。




 

実は、中小企業でも大企業でも、最適なチーム人数は同じなんですね。

 

じゃあ、何で15人や20人のチームが良くないかといえば、1つにはコミュニケーションの複雑さがあります。

次の図を見てください。

 

 

2人だとコミュニケーションの経路は2通りしかないです。

しかし、3人目が加わると一気に3倍の6通りになり、4人目が加わるとさらに4倍の24通りになります(!?)

 

3人から4人への拡大は、人数だと33%増加に過ぎませんが、複雑さは400%増すことになります。

3人から6人だと、人数は倍になっただけですが、複雑さはなんと12,000%(120倍)!!

数字で考えると恐ろしいですね…

実際、カナダで社員数2000人超の金融サービス会社を率いたCEOは、20年の実体験から、複雑さの脅威を肌で感じています ↓

 

企業が2人から10人体制に成長すると、そこで最初の「死の谷」に到達すると考えている。

そこでプロセスを変える必要が生じるからだ。

 

おそらく、マネジャーの補佐役を1人増やさなければならない。

「もう自分1人では会社を動かせない。だから経営方針を変化させる必要があるのだが、中にはそれを乗り越えられない経営者もいる」

社員数25人になると、また新たな変更を迫られる。

たとえば、財務を担当してくれる人材を雇わなければならない。

 

社員数100人ほどになると、「内部の意思伝達システムが必要になる。もう全員を集めた会議は開けないからだ」

「スケーリング・アップ」p.42より




 

どうでしょう?

もし、

 

・社内のスピード感が落ちてきた

・個人の意思だけで組織が動かなくなってきた

・過去に解決したはずの問題がまた出てきた

 

などの症状があるなら、リーダー1人が面倒を見る人数を7人に絞ってみてはいかがでしょうか^^

 

製造業であれば、開発、製造、営業1、営業2などに分けて、各チームを7人以下にすれば、きっと組織の動きがスピーディになるでしょう。

 

売上を成長させながら、組織も強くしていく方法が知りたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてください^^

 

「スケーリング・アップ」成長できる企業とできない企業は何が違うのか

 

最後までお付き合い

ありがとうございましたm(._.)m

P.S
「死の谷」とはこれです。

↓

 

 

アメリカに存在する2800万社のうち、収益1億円を超えるのはわずか4%…

 

さらに減って10社に1社、全体の0.4%が収益10億円を達成し、収益50億円を超えるのは全体の0.06%である1万7000社。

 

面白いことに、山と谷を決めるのは収益よりも社員数。

人数が複雑さを増す大きな要素になるため。

死の谷の越える方法とは?

 

P.P.S
今日紹介したのは、「スケーリング・アップ」で扱う4つの重要な要素である人材、戦略、実行、キャッシュのうちの1つ、人材についてです。
 

ダイレクト出版 福田 修平

 

他の要素も気になる方はこちら

スケーリング・アップ / ヴァーン・ハーニッシュ著

 

📚【ダイレクト出版PR】あなたが最近買った高額な商品はなんですか?

    ちょっと、買ったときのことを思い出してみてください… おそらく購入に踏み切る前に下調べをしたと思います。   その下調べに、何時間かけましたか? 1時間でしょうか。 それともまる1ヶ […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】あなたは魚を釣りたい時、どこへ行きますか?

    あなたは魚を釣りたい時、どこへ行きますか?   海? 川? 渓流? 堤防?   もちろん「何を釣りたいか」にも寄りますが、いずれにしても、魚を釣りたいなら「魚のいる場所」に […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】一瞬で信頼を勝ち取る凄い方法

    もしあなたが、こんなことを言われたらどうでしょうか? 普通なら「本当か?」と疑いますよね。   そうです。 多くの人は、セールスマンの言うことを鵜呑みにはしません。   で […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】頑固な人を変える方法

    あなたは人に変わってほしい… なんとかして変えようと思ったことはありませんか?   ちなみに、、、 僕はあります。   それは先月の話です。 僕の父親は、テレビを大音量で聴 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】ドナルド・トランプの成功の秘密

    おはようございます。   最近、ニュース番組などでトランプ大統領の名前を聞かない日がありませんね。 米朝首脳会談やG8などなど、話題が尽きない大統領です。   もしかすると […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】稼ぐ社長が絶対にやらないコト

    プルルルル、、、 ガチャ   「はい、鈴木です。あー高橋さん。いつもお世話になってます。今日はどうされましたか?」   これはビジネスシーンで”よく&#8221 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】車の安売りを避ける賢い方法

    あなたならどうしますか? ちょっと考えて欲しいのですが…   あなたは車を販売するクルマ屋さんです。 つまり、1台数十万から数百万円の車を取り扱い、できれば高い車を売りたいと思ってい […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】また「ハズレ」の新人か…

    「最近雇った新人が使えなくて…」 こんなふうに、社長が新しい従業員に対して不満を持つことは日常茶飯事ですよね。 多額の採用費をかけて、何人も面接して、新人を教育して…   そこまで頑 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】社長の「一般常識」は間違ってる?

    あなたは、「大衆は常に間違えている」というアール・ナイチンゲールの言葉を知っていますか?   実は、ビジネスにおいても、この原則はよく当てはまります。 例えば、、、、   […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】あなたのブログ読まれてる?

    私たちのように言葉を扱う仕事をしている人、メルマガ、ブログ、HPなどを使ってメッセージを発信している人なら、このことを心に留めておかないといけませんよね。   今はネットを開けば、ブ […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】営業チームは何人が最適?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.