📚【ダイレクト出版PR】売り込まれたい男vs気弱な店員




 

売り込まれたい男vs気弱な店員

 

今日の本題に入る前に質問です。

 

Q. ほぼリスクなしで 『売り込み』に関する面白い情報を得る機会があれば、利用してみたいですか?

(心の中で選択肢を選んでください)

1. はい、ぜひ!!

2. 利用してみたい

3. どちらかといえば、はい

4. いいえ、結構です

 

…ご回答ありがとうございます^^

4の「いいえ」を選ばれた方は、ここで読み進めるのをやめてもらっても結構です。

さて、ではこちらのストーリーに進んでください。

 

↓↓↓

 

ゴクリ、と唾を飲み込む音。

ドクンドクンと高鳴る心臓。

暑くもないのにシャツをぐっしょりと濡らす嫌な汗。

「勉強カフェ」に興味を持って見学に行った僕(見込み客)に、対応するスタッフのお兄さんは緊張しているように見えた。

 

その瞬間は近づいていた。

そう、最後に売り込む瞬間、クロージングの瞬間だ。

 

自分で言うのもなんだが、路上で看板を見て、HPで利用時間や料金をざっと調べ、雰囲気次第では「アリだな」と思い、自ら見学に飛び込んで行った、かなりホットな見込み客に対して、どう出るのか。

 

どんな売り込みが来るのかと、半分楽しみに待ってしまうマーケティング病(売り込まれたい病)にかかっている僕は、身構えるわけでもなく、ただ待っていた。




 

しかし、勉強カフェのスタッフのお兄さんは細身でおとなしいからか、自信なさげに見える。

(お、来るか、来るか、どう売り込んで来る?)

 

ス「あのー、この後は利用されますか?」

(控えめなアプローチで来たか…しかし、正直なところ迷う。雰囲気と机の質がどうかなぁ…)

 

僕「うーん、今日はいいかなぁ。と思っています」

(さぁ、どうする???せっかくなら1時間だけでも、と来るか?もう一押しされたらYESって言っちゃうかもよ!!それとも1週間有効な無料の利用券で弱めのアプローチ?

いやいや、ノウハウがたまってるだろうし、何か別の手があるのかも。)

 

ス「あぁ、そうですか。もしよかったら、またwebから無料体験も申し込めますので…」

 

(ウェ、Web!?)

 

僕「…はい。ありがとうございました。では失礼します。」

(もう来ないだろうなぁ…)

 

軽い失意を胸に秘めたまま、僕は立ち上がった。

エレベーターの↓ボタンを右手の人差し指でそっと押した。

お兄さんの視線を背中に感じながら。

 

自ら網に飛び込んだはずが、網目が大きすぎてすり抜けて生還してしまった魚のような気持ち。

 

(なぜ?)

(なぜだ?)

 

僕は考えていた。




 

なぜ、スタッフのお兄さんは、自ら捕まろうとする魚を逃してしまったのか?

まるで「申し込まなくてもいい」と言わんばかりの対応。

もう少しだけ売り込んでくれていたら…。

 

デートに誘われて迷っている人に『1時間だけでもどう?』と言えるような、あと一握りの勇気がお兄さんにあれば。

 

(せっかく売り込みを受けて、マーケティングの勉強をしようと思ったのに。くそっ…)

 

だったら自分で勉強してやる。

 

お兄さんみたいに、押しの弱い人でもできるクロージングがないのか。

僕は家に帰り靴を脱ぎ捨てた。

 

本棚から「クロージングの心理技術21」を手にとって、パラパラとページをめくった。

そして、あった。見つけた。

お兄さんにぴったりの心理技術。

 

 

『一貫性』買わないことに居心地の悪さを感じさせる

ゴクリ。

さすが心理技術とあるだけあって、恐ろしい…。

これなら押しの弱い人でも使える。。。

****

そんなわけで今日は、「クロージングの心理技術21」の187ページに書かれていることを簡単に紹介しようと思います。

↓↓

===============

 

 

「一貫性の原理」というものがある。

(中略)

見込み客は偽善的に行動することを避けるために、すでに明言した立場を維持するような購買決定をする。

例)

コンコンコン。

近所の8歳の可愛い少年が
ドアをノックする。

ドアを開けるとクリップボードを持って立っている。

「こんにちは。僕の学校のいじめをやめさせる署名を、お願いできませんか?」

もちろんあなたは署名をする。

「自分は体が小さいから、いじめられやすいんです」と少年は言う。利口な子だ。

署名を確認して少年は言う。

「わー、ありがとうございます!あのですね、『僕をいじめるな!』とプリントしたTシャツを作るために、300円だけ寄付してもらえると嬉しいんですが、、、

 あ、いいですか!ありがとうございます!」

あなたには、他の選択肢はなかった。

まず少年は、あなたの考え方を明らかにさせた。

いじめ反対だと。

次に、あなたの考えと一致するはずの少額の寄付という行動を求めることで、その考え方の強さをテストした。

偽善者のように振る舞わないことを強制したのだ。

=================

どうでしょう?

自分で言ったこととやっていることが一致していないと、人は気持ち悪く感じるので、その心理を利用した例ですね。

しかし恐ろしく賢い少年ですw

勉強カフェの気弱なお兄さんも、この心理技術を知っていれば結果は違っていたでしょうね、、、

あっ、そうそう!! 冒頭で

ほぼリスクなしで『売り込み』に関する面白い情報を得る機会があれば利用したい

と回答したあなたに耳寄りの話があります。

実は、今なら、「クロージングの心理技術21」という本を試すことができますが、どうしますか?

気にいらなければ全額返金、返品も不要の90日満足保証付き、
つまりほぼリスクなしです。

あ、ご利用されますか?
ありがとうございます!!!

ではこちらより手続きをお願いします^^

ほぼリスクなしで試す

PS
今回紹介したような心理技術があと20個あります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

「クロージングの心理技術21」

 


スタバでPCの横に置いていたら、顔馴染みの店員さんが、

「クロージングの心理技術…最後持っていくやつですか?気になりますね、、、」

と言ってくれました(笑)

スタバのお兄さんも気になる本の詳細はこちら

 

ダイレクト出版 福田

 


 

若手・事務・仕事術・外国語
話術・教材・投資
50音順
お役立ち情報・ブログ

📚【ダイレクト出版PR】[発見]レム行動・ノンレム行動

  睡眠には2種類あります。 レム睡眠とノンレム睡眠です。   人は眠っている時、この2種類の睡眠を繰り返すことをあなたは知っていますよね? しかし、、、   眠っている時だけではなく、日中 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版】寝不足は二日酔いと一緒

    寝不足と二日酔いでは、脳の集中力はほとんど同じであるという研究結果を知っていますか?   ある研究では、毎日6時間以下の睡眠を続けると、脳の集中力が「二日酔い」の時と変わらない状態に […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】優秀な人ほど辞めていく…

    先日、僕がお世話になっているとある居酒屋のマネージャーが、独立して店を出すためにその居酒屋を辞めることになったと聞きました。   マネージャーは1号店をオープンした当初からの一番の古 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】ちょっとズルい商品を目立たせる方法

    おはようございます。 今日は、ちょっとズルいと感じるかもしれない「商品を目立たせる」   つまり、、、   競合他社と比べて、「あなたの商品を優れたもの」に見せる方法を紹介 […]

コメントなし

【週刊リーダー列伝】10分カット「QBハウス」のビジネス戦略

    TOKIO城島リーダーによる取材でお馴染みの「ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝」では、城島リーダーがQBハウスさんの北野泰男社長に直接取材をしていらっしゃいました。   &nbsp […]

コメントなし

📚【インベストメントカレッジPR】なぜ、相場はいつも自分の思惑と逆に動くのか?

      トレードをしていて、こう思ったことはありませんか? 実際、2012年8月に19万人の個人投資家を対象に行ったアンケート結果では、   「投資をやっていて、嫌になることは […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】女性の方へ(今日だけですが、、、)

    今、女性の間で密かに注目を集めている仕事があります。   それはあなたの年齢に関係なく、元手なしで副業からスタートすることができ、世の中に対する貢献度も非常に高い仕事です。 で、、、 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出PR】↓知能テスト、何本で書ける?

    早速ですが、酒の席で使えるちょっとした知能テストを紹介します。 週の終わりなので、ぜひ脳のリフレッシュにご活用ください。 では早速テストに移ります。     ▼ 知能テスト […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】10年稼ぎ続けるネットビジネスの作り方

    もし、あなたもインターネットでビジネスをしているなら、ネット世界は次から次へと新しい技術やツールが生まれ、変化についていくのも大変、、、って思いますよね。 Facebook広告が良いと聞いてや […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】自由な仕事(世界的アーティストの稼ぎ方)

    ジョン・レノンコントロールという言葉をご存知でしょうか?   「僕はイスに座って歌を書く。それでプールを作るお金を稼ぐ」   そう、ビートルズのジョン・レノンは言いました。 […]

コメントなし

📚【ダイレクト出版PR】売り込まれたい男vs気弱な店員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です