🌻在宅正社員・在宅契約社員の募集が少しずつ増えてきましたね

「正社員全員在宅勤務」

という会社を見つけましたが

 

先日クラウドソーシングをしていた時の話、「当社の正社員は全員在宅勤務」と書かれている企業がありました。

「今はもうそんな時代なんだあ」と思い、この「いつでもどこでも在宅ワーク」というコーナーの存在価値がいつまで続くのかと、ちょっぴり不安な今日この頃です。

 

Amazonさんが在宅契約社員を募集していた時にも驚きましたが、今回見つけたのは100%在宅勤務の正社員。

ですが、見つけた時にその企業のホームページを見ると理解できない部分が多すぎて、ここで皆さんにご紹介していいものかどうか分からないので社名は挙げないでおきますね。




 

決して怪しい会社では無かったんですけど、急成長中の企業のため、見ていて「足元(企業の土台)はしっかり固まっているのかなあ?」という感じがあり、ちょっと様子を見てみたいと思っています。

 

ただ、正社員が全員在宅勤務で、全く出社の必要がないなんていう働き方は、これからもっと増えていくのでしょう。

 

そうなると、この在宅ワークのコーナーはまたまた時代に合わせて書き換えていかないといけなくなりますね。

本当に、時代に合わせようと思うとキリがありません。

 

ですが、そんな風に働き方改革が進んでいく事は素晴らしい事なので、出来る限り対応していきますね。

 

その在宅正社員の会社では、事業内容はネットビジネスなんですが、特に他社サイトのSEOだったり、ホームページ制作、セミナーなど、他社が売り上げを伸ばすための手助けをするB to Bといった感じでした。

 

 

まさに、今の時代に合った事業ですね。

ただ、いつも私自身不安に感じるのが「時代の変遷」。

どれほどのプロ集団であったとしても、「時代遅れ」と言われてしまう時がすぐに訪れてしまうんです。

時の流れがとにかく早い!

 

きっとこれからの事業は、時代がどう揺れ動いても即座に対応できるように、幅広く可能性を広げていかなければならないのでしょう。

 

在宅勤務が増えるのはなぜ?

安定した収入を得られるの?

 

在宅勤務が増えるのは、第一にコストダウンを考えてのことでしょう。

多くの社員を雇った場合、従来のやり方だと一人一人にデスクを用意し、1人1台のPCを設置しなければならなくなります。

 

ですが、在宅勤務なら、デスクやPCは社員自身が持っている物を使用する事が可能で、自宅のスペースをオフィスにするのですから、その企業が広いオフィスを借りる必要は無くなるのです。

 

 

パソコンをネットにつなぐことで、ネット会議を開く事ができますし、ネット上のオフィスに出社して仕事をする事が可能なんですからね。随分時代が変わりました。

 

今はまだまだ数少ないですが、「在宅社員」や「在宅契約社員」の募集が少しずつ増えています。

そのうち、在宅ワークが当たり前の世の中になりそうです。




 

AIは便利だけれど

人間の仕事が減ってしまう原因になるかも

 

先日、友達の娘さんが専門学校で言われた事ですが、「今習っている事はこの先AIに切り替わっていくので、この仕事自体なくなっていく」のだそうです。

 

その娘さんが高額な学費を払って学んでいるのは医療事務。

数年後にはAIがすべてやってくれるようになるんですって。

だから、恐らく資格そのものも無くなってしまうという事です。

 

こんなに世の中が目まぐるしく変わっていくのだから、「当然」と言えば「当然」かも知れません。

銀行もATMの普及やAIの導入により、これから社員の募集を抑えるそうですからね。

 

 

この先、AIの普及が人件費削減につながり、人事に関しては即戦力となる人材が求められていくと思うのですが、皆さんはどうおもいますか?

ずっと仕事を続けていくためにスキルを上げ、私たち自身が時代に合わせていかなければならなくなるでしょう。

 

それにしても「在宅正社員」、気になりますね。

もっと受け入れ枠が広がって、多くの在宅ワーカーさんが入社できる日を待ちましょう。

もちろん、勉強してスキルアップしながらですけどね。

 

つづく>>

 

🌻在宅正社員・在宅契約社員の募集が少しずつ増えてきましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。