🌻「せどり」とは? 「転売」とは意味が違うの?

「せどり」とは

 

ネットビジネスでよく見聞きする「せどり」。

実際、「せどり」について正確に説明しているサイトが少ないもので、ここでちょっとだけご説明しようと思います。




 

「せどり」というのは漢字で書くと「背取り」(「競取り」とも)になるのですが、この「背」というのは本の背表紙を意味します。

 

これは、まだ印刷機のない江戸時代の頃からはじまった商売だと言われていて、安く売られている古本の中から、目利きのセドラー(せどりをする人 / 私が勝手に名付けました)が背表紙から価値ある本を見つけ出し、よそで高く売る商売だったんです。

 

なので、本来は本の「転売」を意味していた言葉。

昭和に至っては、知識の浅い古本屋さんが「こんなもんだろう」と適当に値段を付けた本の中から、セドラーが品定めをしていました。

 

今では電子書籍が多く読まれていますし、これからは時代が変わり、よほど貴重な書物でなければ高くは売れなくなるのでしょうね。

 

 

私も子供の頃に古本屋に行き、色褪せた本が数十万円で売られているのを見たことがあります。

金時堂BOOKSで以前紹介していた「ザ・ストーリー」という本も、廃版になってからその価値を上げているようですよ。

本当に、電子書籍では考えられない事ですね。

 

そして、「せどり」という言葉がレコードやアンティーク商品も意味するようになり、今ではあまり価値のない物まで含まれるようになりました。

なので、現在「せどり」という言葉は「転売」とほとんど同意で使われています。

 

仕入れは安く、売り値は高くが基本なのは、誰でも考えられる事でしょう。ですが、そのままの状態で売ったとしても、売れなければ意味がありません。

 

そこでよくあるのが、あまり価値が無い物に手を加えて商品にするという事。

粗末なアクセサリーに手を加えてステキなアクセサリーにしたり、壊れた物を修理してマーケットに出したり。

 

考えてみると色々できますね。

できるけれど、購入者があって初めて利益になるので、売れる事が前提で高額の商品を仕入れるのは危険。

安い物から少しずつ経験を積み、リピーターを増やしていきましょう。




 

ホームレスから大手リサイクルショップ社長へ

堀之内九一郎さんの例

 

マネーの虎にご出演していた堀之内九一郎(「倉庫生活館」創業者)さんは、ホームレス生活から大手リサイクルショップ社長にまではい上がった方ですが、そのスタートはホームレス時代。

 

ご自身が経営していた電気関係の会社が倒産し(実際には40社以上の起業と倒産をくり返していました)、ホームレスになった堀ノ内さん。

近くに住むホームレス仲間が壊れたラジカセを分解していたのを見て、「お前何してんだ?」と聞くと、不法投棄されたラジカセを分解して金属だけ売るんだというお話。

 

 

「そんで、それがいくらになんの」と聞くと、

「2~30円かなあ?」

そして堀ノ内さんは閃きました。

<こりゃあもしかして、修理して売ればいい金になるかもしれん>

そして、

「じゃあ、それ、俺が500円で買うよ。これからそんなやつ拾ったら、俺んとこ持ってこい。500円で買うから」

と言ったそうです。(なんかの番組でおっしゃっていました)

そのラジカセは修理し、2000円で売れたそうですよ。

 

 

時には勘違いされて警察に連れていかれた事もあったとか。

何度も同じお店に電化製品を売りに行っていたものだから、盗品だと思われたんですね。

 

しかも警察からは「ホームレスがこんなもん持ってるハズがない」とまで言われ、面倒な事になったケースも。

 

まあ、当時でも電化製品にはシリアルナンバーが付いていて、その番号を辿れば、販売店や購入者までたどり着くので、逮捕には至らなかったのでしょう。

 

ただ、パソコンが普及する前のお話なので、時間はかかったと思います。

購入者のデータは、全て紙に書かれた物ですからね。

 

そして、堀之内さんはご自分の技術力を生かして、捨てられた電化製品を修理し、それを売って貯めた18万円で倉庫を借り、リサイクルショップ「倉庫生活館」第一号店をオープンしました。

 

「倉庫生活館」は軌道に乗り、全国展開し、最盛期には年商102億だったとまで言われています。

元々はホームレスがはじめた「せどり(転売)」ですが、成功したらそこまで行けるのかと思える、夢のようなお話。




 

最終的にはインターネットが普及したために倒産してしまったのですが、私たちの場合は在宅ワークなので、こじんまりと小規模な商売をしていく方が多いと思います。

ちょっとした空きスペースで頑張ってみて、常に時代に合った商売を続けていけばいいでしょう。

 

「せどり」に興味のある方は、本も売っていますので、色々と参考にしてみて下さいね。

 

仮想通貨【c0ban】ムチャクチャ下落中の今日この頃

        前回までスキャルピング(小さな売買利益で稼ぐ事をこまめに繰り返す手法)で稼ぐと言っていたのですが、最近、【c0ban】の下落の勢いがすごいですね。   9 […]

コメントなし

🌻NAVERまとめのほったらかし不労所得 9・10月分(2018)

    9月の末は引っ越しで大変だったのでご報告できませんでした。 なので、今回は2ヵ月分をまとめてご報告しますね。 とりあえず、10月31日の報酬(累計)は以下のようになりました。   & […]

コメントなし

🌻仮想通貨【c0ban】急激に下降していく通貨価値

        最近急落中の【coban】。 最近では、その値動きを利用して仮想通貨【c0ban】を増やしています。   サブタイトルに「予定を変更」と書いたのは、前回決 […]

コメントなし

🌻ママワークスではじめた在宅ワーク 睡魔が大敵!

    ママワークスという求人サイトを通し8月に2件の仕事を決め、今日はこれらの仕事がどうなったかをご報告します。   この時決まった仕事はPCでのデータ入力に近いライティングの仕事と、スマ […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】証拠金は返ってきました

        以前、「証拠金は退会するまで戻ってきません」なんてお話をしましたが、証拠金は個人認証手続きが終わると、残高の表示に加算されていました。   それで、実は前 […]

コメントなし

🌻NAVERまとめのほったらかし不労所得8月分(2018å¹´)

    今回はちょっとうっかりしてしまい、8月1日~9月3日の利益をお知らせすることになりますが、こんな感じでした ↓   87 + 393 = 480円   このうち、7月分まで […]

コメントなし

🌻エイジングケアの切り札【幹細胞コスメ】選びはココで!

    幹細胞コスメランキングによると、幹細胞コスメというのは「スキンケアの革命」「エイジングケアの切り札」と言われているほど、高い効果が期待できるものらしいです。   幹細胞・・・自ら増殖 […]

コメントなし

🌻娘がクラウドワークスで朗読の仕事をはじめました

    なんだか最近、娘の部屋から朗読の声が聞こえてきます。 娘に尋ねてみると、クラウドワークスで仕事を始めたんだとか・・・。   内容は、届いた台本を読んで録音するというもの。 タスクでは […]

コメントなし

🌻仮想通貨【c0ban】手続きをして売り注文を出してみました

        前回は、2万円相当分のコバンが貯まり、手続きに入るというところまでお話をしました。 そしてその後、個人認証手続きをしたのですが、どうも私は色々と勘違いをしていたよう […]

コメントなし

仮想通貨【c0ban】29両貯まりました!祝2万円!

        まあ、この仮想通貨を売買取引した時に2万円で売れなければ、実際に2万円にはならないのですが・・・。 (あと、振込手数料の800も必要かな?)   前回は2 […]

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。