三浦大知さんの部屋②zipでのインタビュー(2018年1月26日)

紅白出場に三浦家の家族が大喜び

 

去年、NHKの紅白歌合戦に初出場を果たした三浦大知さん。

これほどまでに実力を認められ、日本を代表するほどのアーティストであっても、やはり紅白に出場するとなるとご家族が大騒ぎ。

 

特に、三浦大知さんのおじい様は「孫がついに紅白に出ることになりました」と、ご自分から知り合い宅に電話をかけていたんだそうですよ。

よほど嬉しかったんでしょうね。

 

実家のご家族ももちろん大騒ぎ。

やはり、紅白に出るという事は、それだけもの凄い事なのでしょう。




 

三浦大知さん Folder時代のお話

 

zipでは、FolderとしてTV出演していた頃の懐かしい映像を紹介していました。

このFolderのメンバーには、実力派女優の満島ひかりさんもいらっしゃるんですよ。

 

 

アナウンサーさん>グループ名「Folder」の名前の由来はどこから来ているんですか?

三浦大知さん>パソコンのアイコンの中にフォルダーという小さいボタンがあって、そこを押すと色んな情報やファイルが出てくるという意味で

このフォルダー(グループ名)からも色んな物が出てくるという事で、この名前を付けてもらいました。

 

Folderとしてデビューしたのは9歳の頃。

小学生の可愛らしい子が魅せてくれるパフォーマンスが、当時、とても話題になっていました。

 

ですが、やはり男の子の場合に問題になるのが変声期。

成長の段階で、どうしても避けて通る事のできない壁となってしまうんですね。

 

当時、ジャクソン5としてデビューした頃のマイケルジャクソンさんと、ほぼ同じくらいの年齢。

そのため「和製マイケルジャクソン」と呼ばれていました。

 


Folder-I WANT YOU BACK

 

こんなに通る声も変声期という壁に当たり、悩む事もあったそうです。

 

 

三浦さん>先週出ていたキーが今週出ないとか、どんどん声が低くなって、この状況の中であまり喉に負担をかけると、今後歌が歌えなくなるんじゃないかとおもって。

それで、「じゃあ、歌が歌えないならダンスを頑張ろう」と思って・・・

 

そして、5年間の活動中止へ。

その間、とにかくダンスを磨き続けました。

 

 

そして2005年の17歳の頃、歌って踊れるアーティストとして再デビューしたのです。




 

三浦大知さん

「自分にしかできない事をしたい」

 


三浦大知 / Right Now (Dance Rehearsal) /
DaichiMiuraCh

 

2012年の25歳の頃、動画サイトにリハーサル映像を投稿。

リハーサル映像を投稿する事自体、当時は異例だったそうですよ。

 

zipでインタビューが放送されるまでの間に再生770万回突破するなど、三浦さんの人気ぶりがうかがえます。

 

 

自分の憧れの人はマイケルジャクソさんだと話す三浦大知さん。マイケルさんは憧れであり、一番最初の原点なのだそうです。

 

三浦さん>マイケルジャクソは唯一無二な感じで、他に同じようなアーティストっていないじゃないですか。

だから、マイケルのオリジナリティにすごく惹かれたんです。

僕も自分にしかできない事をしたい。

 

 

昨年の紅白歌合戦では、無音シンクロダンスを披露。

本来ダンスは音でリズムをとるため、音がないとダンサーの動きがバラバラになってしまいそうなもの。

 


【正面定点撮影】三浦大知「(RE)PLAY」ダンスパフォーマンス映像(DAICHI MIURA Dance Performance)

 

三浦さん>歌だけで聴かせるアカペラがあるんだから、それのダンスバージョンがあってもいいんじゃないかと思ったんです。

アナウンサーさん>すごいですね。他に見た事がない演出。

浦さん>(他の人が)やったことのない見せ方は、やっぱりやりたくなります。

 

 

これまでの常識を覆すパフォーマンス。

三浦大知さんのオリジナリティの追及は、とどまる事を知りません。

 


三浦大知 (Daichi Miura) / (RE)PLAY -Music Video- from “BEST” (2018/3/7 ON SALE)

 

(RE)PLAYの中ではシンクロダンス以外にも、それまであまり経験のないロックダンスやブレイクダンスも取り入れています。

 

 

↑ 両隣のお2人は、ブレイクダンスの世界王者TAISUKEさんとWATAさん。

このお2人から、ブレイクダンスを教わっていたようです。

 

 

↑ 「ブレイクダンスってこんな感じ」と、アナウンサーさんに説明しているところ、

 

 

TAISUKEさんもWATAさんも、三浦大知さんの物覚えの良さにビックリ。

 

TAISUKEさん>びっくりですよね。何でも振りさえ渡せば全然できちゃう。覚えるのがすごく早いです。

 

 

三浦さん>「三浦大知のところに行ったら、また面白い事やってるらしいよ」って思ってもらって、期待を越えて裏切る(想像を超える)ような、楽しんでもらえる存在になりたいですね。

 

三浦大知さんは永遠に成長し続けていくのでしょうね。

今回も素晴らしいお話が聞けて、とても感動しました。

これからも、どんな面白い事をしてくれるのか楽しみにしていきましょう。

今回は、日本テレビzipより三浦大知さんのお話でした。

 

三浦大知さんの部屋>>

 




 
 

 
 

🍺舞祭組がスナックモッチーにご来店!(2018年5月12日)

    モッチーさん>いや~!昨日はお客様も大盛り上がりで楽しかったなあ~!この写真、絶対に消さないでおこう!絶対に消すまい。消すまい、ケスマイ! 横尾渉さん>はい!キスマイでーす! モッチーさん>消 […]

コメントなし

㊞降谷さんの印鑑が飛ぶように売れる今日この頃

    降谷さんというのは、名探偵コナンシリーズに出てくるキャラクターの一人、安室透のことなんです。   名探偵コナンと言えば、ファンが多いのはコナン君だけではなく、魅力あふれるキャラクター […]

コメントなし

🎤生田斗真さん 日本テレビzipでのインタビュー(2018年5月11日放送)

    生田斗真さんは、ジャニーズでは異例の俳優さん。 アイドル路線ではなく、徹底して役者に専念しています。     11歳でジャニーズに入った生田さん。そのきっかけは? &nbs […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

松田優作さんの部屋 作品にかける熱い思いがすごい!

    松田優作さんは熱い男としても知られている役者さん。 そのため、どうしても許せなくて、暴力事件を起こす事もありました。   ですが、その反面、自分で納得できない役を演じる事はなかったの […]

コメントなし

【感想】名探偵コナン ゼロの執行人

出典 : 名探偵コナン ゼロの執行人   近所の映画館がなくなってしまい、今回はちょっと電車に乗って映画を観に行きました。 地元の映画館はいつもガラガラだったので、映画館が満席になっているのを見たのは10年ぶり […]

コメントなし

🎤郷ひろみさん スナックモッチーにご来店(2018年5月5日放送)

    モッチーさん>〽屋根よ~り高い鯉のぼ~り~〽 今日は子供の日っと。 郷ひろみさん>郷~ひろみです!5月5日は郷ひろみです。     モッチーさん […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌎【リキシャーズ】人力車で五大陸制覇の旅!再出発準備中!

  リキシャーズから皆様へ吉報です=´∀`   鈴木さんご本人のお話から、ただ今出発準備中のご様子。 海外に行くという事は、どんなに優しい人たちに囲まれていても、誰にも頼れない部分が必ずあるもので、で […]

コメントなし

🍺竹内結子さん スナックモッチーにご来店(ズムサタ2018年4月28日放送)

モッチーさん>あ~あ・・・。ちょっと今月の売り上げ、イマイチだったから、値上げしちゃおうかな? 柿ピーは・・・800円・・・・カッコ一粒。     モッチーさん>ご飯は・・・800円・・・カッコ一粒。 […]

コメントなし

三浦大知さんの部屋②zipでのインタビュー(2018年1月26日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です