スーパーマーケット視察第4弾 鮮度に命をかける「エブリイ」③

「エブリイ」さんの惣菜コーナーには

地元に愛される独自のメニューがある

 

1月20日に日本テレビの人気番組「スッキリ!」で特集された「スーパーマーケット視察第4弾」。

①では野菜コーナーの魅力を、②では船一艘買いする生鮮コーナーと、宮崎牛一頭買いする徹底した鮮度の追求と価格革命についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回は、広島だからこそ喜ばれるお総菜や、店内で焼くからこそ安く提供できるパンコーナーの商品をご説明をしていきたいと思います。




 

まずは加工食品と惣菜コーナーですが、スーパーマーケット研究家であられる菅原佳己さんによると、広島に来たら絶対に食べて欲しい惣菜があるそうです。

 

 

菅原さんのオススメ1点目は、広島で古くから愛されているお総菜「がんす」。

名前の由来は、これを食べるときに「いただきますでがんす」と言っていた言葉から、「がんす」だけが残ったのだそうですよ。

 

 

「がんす」は練り物に衣をまぶし、油で揚げた商品です。

 

 

この「がんす」にはたまねぎが入っていて、このたまねぎがいい味出しているんだそうです。

 

中山美香さんが、「がんす」をトースターでかるく焼いたものを試食しました。

サクサクした食感とたまねぎが美味しいとおっしゃっていました。

ほんのりピリ辛だそうです。

 

続いて菅原さんが紹介していたのが「やおぎも」。

 

 

中山さん>「やおぎも」??

菅原さん>これは牛の肺なの。多分、広島の人以外は食べないんじゃないかなあ?広島ではよく食べられているのよ。

 

 

そして、お総菜として甘辛く煮込んだ「やおぎも」を、中山さんが試食。

 

中山さん>ものすごくやわらかくて、グミみたいな弾力!甘辛くてニンニクがきいていますね。

臭みとか全然なくて、不思議だけどおいしい!

(食べてて)止まらな~い!

 

中山さんが大絶賛でした。

 

続いて、広島と言えば「お好み焼き」。

総菜コーナーでは、大量のお好み焼きが並んでいました。

 

 

エブリイさんのお好み焼きは、1店舗で平均1日700食売れる人気商品。

それも、できるだけ温かいまま召し上がって欲しいと、製造時間が16時以降と決まっているのです。

 

お客様が焼きあがる時間を把握していて、そのお時間に買いに行くようですよ。

16時以降に焼き始めて700食売れるのですから、担当者さんはお好み焼きをずっと焼きっぱなしなのでしょうね。

 

菅原さん>出来立てをアツアツのまま提供したいという思いがあるのよ。

だから、お惣菜も鮮度にこだわっているってことなの。

 

 

そして、これも中山さんが試食。

 

中山さん>おいしい!皮もやわらかいけど、パリパリ感がある。

温かいのが何よりもいいですね。




 

「エブリイ」さんは焼き立てパンもすごい!

 

温かいお好み焼きに感動していると、鐘の音が聞こえてきました。

 

 

中山さん>なんか鳴った・・・。なんですか?

菅原さん>ここではパンも焼いているのよ。

 

 

菅原さんによれば、エブリイさんでは、パンが焼きあがると鐘の音で知らせるそうです。

このパンがまたスゴイ!

美味しいし大きいし、値段も・・・

 

 

すべて100円なんです。

値段を100円均一にしているので、お客様も分かりやすいですし、レジ担当の皆さんもパンの値段を個別に覚える必要がありません。

しかも、店内で焼いているので美味しくないはずがありません。

 

 

それにしても100円だなんて、なんでそんなに安くできるのでしょうか?

 

 

それは、パン生地はもちろん、中に入っている総菜なども全てお店で仕入れている食材なので、大量に安く仕入れている食材を使う事で大幅なコストダウンができるんだそうですよ。

 

 

パンを焼いているコーナーも、お客様に見えるようになっていて、目の前で作っている焼き立てパンを買える事から、お客様も焼ける時間を楽しみにしているようですよ。

下の写真はエブリイさんの一番人気のパン「明太子フランス」です。

とにかく大きい!

 

 

これも試食!

パンがやわらかくて、下がカリカリで、最高に美味しい!明太子が抜群においしい!

 

中がふっくらしている、密度が濃いフランスパンだそうで、店員さんが焼き立てパンを並べていると、その横からどんどん売れていました。

焼いても焼いても売れてしまうような勢いでしたよ。

 

 

菅原さん>(肉や魚は)丸ごと買って、スピーディーに産地から届ける。欠品を恐れず売り切る鮮度の良さ。すごくフレッシュでしたね。

お店が鮮度にこだわった結果、お客さんがお得に買い物できるんです。とにかく、この循環がすばらしい。

だから、右肩上がりに成長しているんですね。

 


↑ 右肩上がりのグラフ。

 

今回でスーパーマーケット視察は4回目になりますが、その4店舗に共通して言えるのが、その地域でベースになっている商品に力を入れているところ。

 

菅原佳己さんが紹介して下さるスーパーマーケットは、どこも個性豊かで素晴らしいですね。

また次回の特集を楽しみに待っていましょう。

 

画像・情報>日本テレビ「スッキリ!」より

 

 

若手・事務・仕事術・外国語
話術・教材・投資
50音順
お役立ち情報・ブログ



 


 
 

スーパーマーケット視察第4弾 鮮度に命をかける「エブリイ」③

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です