【昭和な話】初めての掃除機 機械に心が付いて行かない母

迷いながらも掃除機を購入した母

 

今でもよく覚えています。

初めて我が家で購入した掃除機は赤と白の色使いで、長っ細い近代的なデザインでした。

 

スイッチはまだ手元に付いていなくて、本体のみ。

吸引力がどうだったかは覚えていませんが、ホコリをよく吸い取っていたのは記憶に残っています。




 

掃除機が来るまで、我が家ではほうきを使用していました。

多くの家には掃き出し窓があり、ほうきで掃いた際に、そこから庭に掃きだす事ができたのです。

 

我が家では、普段の掃除の時はほうきで掃くだけで、定期的に拭き掃除をし、毎週日曜日の大掃除の時はお茶殻(緑茶を飲んだあとのお茶っぱのゴミ)を撒き、それをほうきで掃いていました。

 

 

湿ったお茶殻にホコリが吸着し、きれいにホコリが取れたものです。

また、お茶殻は畳にいいそうですよ。

 

それを掃き出し窓から掃き出し、庭にお茶殻をそのまま散らかしておくと、お茶殻は庭の植物たちのいい肥料になっていました。

そんな生活を一変したのが、その掃除機でした。

 

掃除機が我が家にもたらしたお掃除革命

 

母は掃除がラクになり、随分喜んでいましたよ。

ですが、やはり普段の習慣が抜けず、週に1回はお茶殻を室内に撒き、ほうきで掃いていました。

 

最初に撒いた時には「掃除機で吸い取ろうかしら?ほうきの方がいいのかしらねえ?」と悩んでいましたが、掃除機で吸い取ってみたらすぐにゴミがいっぱいになってしまい、ほうきを使うようになりました。




 

そして、時間をかけながら、徐々に母が掃除機に慣れていったものです。

というのは、当時の掃除機は少々重く、小回りがきかないものでしたので、ちょっと掃除をしたいという時にはほうきの方が簡単だったのです。

 

それでも、掃除機が便利だと思えたのが、食器を割った時の事。

破片を一気に吸い取る事ができ、感動でした。

 

 

子供ながらすごく不思議だったのが排気口。

細かいホコリを吸い込んでいながら、そのホコリが排気口から出てこない事が不思議でなりませんでした。

 

当時の掃除機の構造がどうなっていたかはわかりませんが、その数年後に紙パックを使える掃除機が販売されて話題を呼んでいたので、中にゴミがたまるだけの構造だったのだと思います。

 

掃除が終わると、母は毎回、掃除機の中を掃除していました。

本来は掃除がラクになるはずの掃除機ですが、母が掃除機という物に慣れず、掃除機を掃除しなければ我慢できなかったのでしょう。

 

その後は掃除機が故障するたびに買い替えて、母は、中にちょっとくらいゴミがたまっていても放置できるようになりました。

手入をしないと気が済まないのは、昭和初期の女性なら普通なのでしょう。

 

朝起きたら掃除をし、仕事から帰って来たら掃除をするのが当たり前だったように思います。

今の掃除機は性能がいいので、吸引力は比べ物になりませんが、掃除機の購入は我が家の事件簿の一つとして、今でもいい思い出となっています。

 

【介護サービスのお話】はこちら

【ちょっと気になる芸能人・有名人】はこちら




 
 

 
 

🌟江口のりこさんの部屋

出典 : ノックアウト       芸名>江口 のりこ 旧芸名>江口徳子 本名>江口徳子(えぐちとくこ) 職業>女優 生年月日>1980年4月28日 出身地>兵庫県 身長>170cm 血液型 […]

コメントなし

鬼奴さんがスナックモッチーにご来店!(2018/9/1)

    モッチーさん>ここまでほんとに、スナックモッチーをごヒイキして頂いてありがとうございます。 鬼奴さん>やだ水くさい!私、スナックモッチー好きなのよ! モッチーさん>え~!嬉しい!   […]

コメントなし

🎤安室奈美恵さんが9月15日沖縄にて音楽イベント開催決定!

出典:オフィシャルサイト         9月15日に沖縄で開催されることになった音楽イベント。 一体、どこで何時ころ開催されるのでしょうか?   現在分かっていることは […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

【昭和な話】初めての掃除機 機械に心が付いて行かない母

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください