🌻インフルエンザワクチン不足!対策はどうする?

今年(2017年11月現在)はインフルエンザワクチンが足りない!

 

今年はインフルエンザのワクチンが足りないと、連日ニュースで取り上げられています。

 

その理由は、早くからのインフルエンザ大流行。

10月の時点で、すでに小中学校の学級閉鎖・学年閉鎖が多かったようです。

 

インフルエンザワクチンを製造するには、その原材料に限りがあるため、今年はかなり不足しているらしいですよ。

 

うちの近所では、例年は2回の予防接種のところ、1回しか受けられない病院やクリニックがほとんど。

 

この先、予防接種を受けられない患者さんも増えていくでしょう。

では、予防接種が受けられない人たちはどうしたらいいんでしょうね。

 

高齢者の方がインフルエンザにかかるという事は、命に関わる問題になります。

 

ですので、インフルエンザ対策について「基本」と「その他」、「もしもインフルエンザにかかったら」についてまとめてみます。




 

インフルエンザ対策の基本

 

ここではごく一般的な対策方法をまとめてみましょう。

 

インフルエンザ対策の基本

手洗い&うがい

体を冷やさない&温める

栄養をしっかりと摂る

水分補給を怠らない

睡眠をしっかりとり、疲れをためない




 

手洗い&うがい

昔から「手洗い&うがい」については、よく言われていますね。

そして、特に言われ続けてきたのは帰宅時の「うがい」。

 

じつは、最近では「手洗い」の方が重要だと言われています。

昔は雑菌を感知する機械がなかったので、経験によって「うがい」の効果ではないかと思われていたのですが、実際に調べてみると、外出時に付着するインフルエンザウイルスがすごく多いんだとか。

 

外に出ると手でドアを開けたり、色んなものに触れていくので、特にインフルエンザウイルスは手に付着するようです。

 

うがいも大切ですが、それ以上に手洗いも大切。ご本人はもちろん、ご家族の方もしっかりと手洗いを心がけましょう。

 

体を冷やさない&温める

体を冷やすと、体内でインフルエンザウイルスが繁殖しやすくなります。

寒さで体力を奪われ、免疫力も低下しますね。

寒くないように、充分に保温をしましょう。

 

栄養をしっかりと摂る

栄養不足は免疫力低下につながります。量は少なくてもいいので、温かくて栄養がある物をしっかりと食べましょう。

 

水分補給を怠らない

「トイレが近くなるから」と水分補給を控える方が多くいらっしゃいますが、水分補給は大切。

 

特に緑茶にはビタミンCが豊富で、免疫力を高める効果があります。

また、ショウガ湯などもいいですね。

 

睡眠をしっかりとり、疲れをためない

最近では、高齢者の方は6時間の睡眠でも足りるというデータ(研究結果?)があるそうです。

長時間寝なくてもいいので、最低6時間は寝るようにしましょう。

 

眠りが浅くて、夜中にやっと眠れたのに朝早く目が覚めてしまう人が多いと言います。

 

ですが、専門家によるとそれでもいいのだそうですよ。

ただ、適度にお昼寝をするようにとの事です。

15分~20分程度でいいので、ちょっと寝ると健康にいいとか。

 

インフルエンザ その他の対策

 

毎年インフルエンザが流行すると、明治の「R-1 ドリンク」が売り切れ続出。

地域にもよるかも知れませんが、これは、医師がテレビ番組で言った言葉で火がついたそうです。

 

その時は、「R-1」はインフルエンザに効果的だと説明していましたが、そのほかに都内の保育園のデータが紹介されていました。

 

それは、実験的に「R-1」の効果を調べるため、保護者の皆さんにも協力して頂き、週に1回だけ給食の時に「R-1」ドリンクを提供していたとの事。

 

そこでは以前、毎年半数以上のお子さんがインフルエンザにかかっていたのですが、「R-1」を飲むようになってから、1年後にはインフルエンザにかかったお子さんが1人、2年後には0人になったと紹介されました。

 

そこから毎年、効果を実感している人たちが買い続けているようです。

私は予防接種を受けてもインフルエンザにかかった事がありますが、「R-1」ドリンクを飲むようになってからは、予防接種なしでもかかっていません。

 

ただ、医学的にしっかりと証明されているわけではありませんので、予防接種は受けておいた方がいいですね。

 

もしもインフルエンザにかかったら

インフルエンザにかかったら、とにかく病院に連絡を取りましょう。

もちろん病院に急いで行くべきなんですが、その症状によっては動かす事が危険な場合があります。

 

まだそれほど悪化していなければ、車で病院に連れていく事ができますが、それでも病院の待ち時間は異常なほど長い!

 

まずは電話をして、病院の指示を受けましょう。

夜中の場合や、状態が悪い時は「救急相談センター」に電話して相談しましょう。

 

救急相談センター

電話番号)♯7119

 

お電話の際には「♯」を忘れないで下さいね。

ここでは、状態によって救急車も出してもらえます。

 

その他に「水分補給」と「保温」に気をつけて、医師の指示通りに対応しましょう。

 




 

 

【昭和な話】CHAGE&ASUKAさんとポップコーンの思い出

出典 : Amazon / 万里の河 [EPレコード 7inch]   それは昭和54年頃。 当時、「チャゲ&飛鳥」というグループ名はそれほど世間に浸透していなくて、同じく長渕剛さんについてもそれほどメジャーな […]

コメントなし

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017å¹´)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌻インフルエンザワクチン不足!対策はどうする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。