見直される介護サービス・繰り返される法改正

常に議論が繰り返され 改善されていく介護保険法

 

このホームページを制作するにあたり、たくさんの資料を読んでいく事になりましたが、勉強していくと、私が介護の仕事をしていた頃とは随分変わっている事に驚きました。

 

私が訪問介護の仕事をはじめた頃は、まだ、訪問時間に2時間の上限が定められたばかりでした。
その数年前は上限が何時間だったのか分かりませんが、ご利用者さんの娘さんによると、

 

「前は朝の8時から5時までお願いしていたから、仕事も続けていられたのよ」というお話でした。

 

2時間の上限は数年間続きましたが、その間も厚生労働省は試行錯誤を続けていました。
限られた介護保険料をどのように利用するか、難しい問題です。




 

介護サービスの細分化 利用には専門家のアドバイスが必要

 

年々介護サービスが細かく分類されていきますが、これは、人によって求めている内容が微妙に違っているため、できる限り一人一人のご利用者さんに合わせた介護サービスを選べるように、常に検討しているからです。

 

介護サービスには、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能居宅介護などの複合型介護サービスができ、当時は最大14日間だったショートステイは最大30日になり、しかも短期入所療養介護という、重度の介護度の方も宿泊できるサービスまでできていました。

 

介護サービスはこれからもスピードを上げて進化を続けていくのでしょうけれど、そのためには、全てが同時進行していく必要があります。

 

各サービスに適した施設がなければ、通所介護もショートステイも増やせませんし、何よりも人材が不足していれば、介護サービスはストップしてしまします。

 

財源確保、人材確保、人材育成、環境整備、施設増設など、多くの問題をクリアしていきながら、生活困窮者や独居の高齢者を守っていける介護サービスが考えられています。




 

そのために、医療関係・介護事業所やお弁当の宅配業者だけではなく、地域によってはお米屋さん、クリーニング屋さん、宅配業者など、商店が協力してネットワークを作って見守っているケースが少なくありません。

 

以前は自宅で介護を受けるか、施設に入るかの2択だった介護。
今はショートステイのような宿泊施設を利用したり、自宅でも夜間の循環を受ける事ができ、自宅でずっと生活していく事も夢ではありません。

 

自宅で生活するのは不安だけど、住み慣れた地域に密着した施設で安心して生活したい方には、地域密着型の施設(入所施設・通所施設)を利用する事も可能です。

 

 

これからも改善されていく介護サービス さらに細かく展開

私が担当したご利用者さんの中には、
「昼間は自宅で自由にしていたいけど、夜中に1人で寝ていると不安なのよ。寝る時だけお世話になれる老人ホームがあるといいわね」とおっしゃっている方がいらっしゃいました。

 

今は無理でも、デイサービスを入れ替え制にする事で可能になる時代が来るかも知れませんね。
ゴチャゴチャして分かりにくくなる介護サービスですが、分かりやすく説明するためにケアマネージャーや相談窓口、福祉用具専門相談員がいらっしゃいます。

 

介護サービスの入り口は、まず電話相談から。
ぜひ相談しながら、ご自分に一番合った介護サービスを見つけて下さい。

 




 

 

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017年)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

見直される介護サービス・繰り返される法改正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください