要介護・要支援認定の手続きはこうしよう!

要支援・要介護認定の仕方 介護サービス開始までの流れ



 

介護サービスを利用したいけれど、何から始めたらいいか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、相談窓口と手続きについて御説明します。

介護サービスを受けようと思った時には、まず相談窓口に電話をするか直接行く事になります。

相談窓口は役所や地域包括支援センターなどにありますので、直接行く場合は長時間待たされることがあるので、まずは電話をしてから行くといいでしょう。




 

サービスを受けるまでの流れは以下のようになります。

 

【要介護認定の申請】


介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があります。

申請できる年齢

第1号被保険者 : 65歳以上

第2号被保険者 :40~64歳

※第2号被保険者 : 難病や若年性認知症など、介護を必要とする何らかの症状がある場合は、40~64歳の人でも申請可能の場合があります。申請時に医療保険証を用意しましょう。

【要介護認定調査 /   主治医意見書作成】
市区町村等の担当者が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

※うちの両親が元気だった時に受けましたが、認知症の程度を調べるために「今日は何月何日ですか?」「今朝、何を食べましたか?」など、いくつか質問されました。

母がこん睡状態になった時には、ケアマネージャーが来て下さいましたが、見て分かる状態でしたので質問は家族が受けました。


 


主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をするものです。 ですので、主治医意見書を作成する時に自己負担金はありません。 主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要となります。

※うちの母の時は、主治医に一言お願いしたら対応して下さいました。


【審査判定】
審査には一次判定と二次判定があります。 判定は審査機関が行いますので、結果が出るまで待っていましょう。



 一次判定…調査結果及び主治医意見書の一部はコンピューターを使用し、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。

二次判定…一次判定の結果と主治医意見書を基に、介護認定審査会によって要介護度の判定が行なわれます。

【認定結果通知】
市区町村は、介護認定審査会の判定結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。

申請から認定の通知までは原則30日以内。

認定は要支援1・2から要介護1~5までの7段階および非該当に分かれています。



要介護認定には有効期間があります。有効期間を過ぎると介護サービスが利用できなくなりますので、有効期間満了までに更新申請が必要となります。

要介護認定の有効期間

★新規・変更申請>原則として6ヶ月 (身体の状態に応じて3~12ヶ月までの期間で設定されます)

★更新申請>原則として12ヶ月 (身体の状態に応じて3~24ヶ月までの期間で設定されます)

要介護認定後に身体の状態が変化する事があります。 その場合は、期間満了前でも要介護認定変更の申請をする事ができます。

【ケアプランの作成】
介護サービス(または介護予防サービス)を利用する前に、ケアプラン(計画書)を作成します。

要支援1・2のケアプランは地域包括支援センターに相談し、要介護1~5の場合はケアマネージャーのいるケアプラン作成事業者(都道府県知事より指定)へ依頼します。

 

ご利用者さんの希望や心身の状態などを考えながら、ケアプランは作成されます。要介護(要支援)認定の結果によっては、その後にお世話になるところが下記のように異なりますが、担当者の方が説明して下さるので心配しないでも大丈夫です。

★要支援1・2→地域包括支援センターへ

★要介護1~5→ケアプラン作成事業者へ

 

【介護サービスの開始】
介護プランに基づいて介護サービスが開始します。

実際にサービスを開始した後でも変更は可能なので、何か合わないサービスがあったり、違うサービスに変更したい場合など、担当の方に相談してみましょう。


※申請してからサービスを受けられるまで約1ヶ月と言われていますが、すぐにサービス開始した方がいいと判断された場合には、要介護認定の結果が出る前でもサービスを開始する場合があります。

うちの母の場合は病院にいる時に要介護認定を受けましたが、オムツの支給などはすぐに受ける事ができました。

 




 

 

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 年 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

要介護・要支援認定の手続きはこうしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください