🏠様々な希望条件から選べる【有料老人ホーム】🏠

有料老人ホームは個性豊かな介護福祉施設が多い

 

有料老人ホームは民間の施設になりますので、住居費や利用料などの総額は施設によって大きく変わってきます。

 

有料老人ホームの種類は「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」などに分ける事ができます。

ケアハウスなど、軽費老人ホームなどもあるので混乱しそうですね。

 

有料老人ホームは高いという印象をお持ちの方が多いかと思いますが、実は探してみると、年金生活の方も入居しやすい施設もあるんですよ。

 

 

有料老人ホームの費用は施設によって違い幅広い

 

料金については入所金(0~数千万円)と毎月支払う費用(概ね10万円~40万円)が必用になります。

月々の費用の内約は、住居費・光熱費・食費・日常生活費(ヘアカット代など)の他に、介護保険で1割・3割負担になる施設サービス費になります。

 

そのうち居住費が63000円以下(2016年現在)の施設については、他で料金が極端に加算されなければ、生活保護受給者の方も入居できるでしょう。

 

まずは、支払い続ける事ができる施設かどうかを考えながら、有料老人ホームを選んでみましょう。

 

居住年数を都合に合わせて決める事ができる

 

それから、何年間そこでお世話になるのかも考えておくといいですね。

永久にその施設に住むのであればいいのですが、例えば特別養護老人ホームの空き待ちとして利用するのであれば、大体待機期間は2年以内と言われています。

 

また、他の御家族と同居予定で、何らかの事情があってしばらく有料老人ホームを利用する方もいらっしゃいます。

 

その場合は、ずっと住み続ける予定はないので、予め年数が算出しやすく、費用を捻出しやすいかもしれません。

 

ですが、ずっと住み続ける生活空間となると、料金はできるだけ無難に、無理なく住める施設を探す事が大切です。

 

住み続けていたい生活空間

 

老人ホームに一度入所してしまうと、原則として自由に施設から外に出る事ができません。
外出するときは、常に職員やご家族が同伴しなければならないのです。

 

だからこそ、施設内では季節によって変化を感じられ、趣味を楽しむ事ができ、人との触れ合いを大切にできる所がいいでしょう。

 

 

チェックしておきたいのは、食事・入浴(浴室の設備や入浴時間・回数)・トイレの構造(広さ・手すり・車いす使用など)・居室の雰囲気などの日常生活面。

また、費用を抑えるために多床室を選ぶ場合は、1人分の空間をチェックしておくといいでしょう。

 

1人あたりの居住面積は10.65m2 (約3.2帖)以上となっているので、広さは問題ないでしょうが、ずっと生活していくのですから、明るさや居心地の良さは大切な問題ですね。

 

また、施設内で行われているイベント(体操・手芸・習字・園芸・家庭菜園・お茶会・コンサート・音楽療法・理学療法)などや、設備(全体的な設備)なども要チェックです。

 

有料老人ホーム フロイデンハイム

 

中にはスポーツジムのようにトレーニングルームやプールを設けている施設があったり、温泉地では温泉で入浴サービスを受けられる施設もありますので、毎日の楽しみや日課として活用できるものを調べておくといいでしょう。

 

旅行やお花見、観劇など、バスで外出する楽しみがある施設もありますので、年間行事も見落とす事ができません。

 

それから、御家族や親せきの方が遠方から来てくださった時に、十分な駐車スペースがあるといいですね。

 

また、有料老人ホームには、ゲストルームを設けている施設があります。ゲストルームとは、面会に訪れた方が宿泊できるようになっている、まるでホテルのような部屋です。

 

有料老人ホーム フロイデンハイム

 

部屋数は少ないので事前に予約が必要になりますが、低料金でゆったりと過ごせるのでお勧めです。
施設の近くにお住いの方でも、お孫さんが夏休みの時に利用して一緒に過ごされる事もあります。

 

その他にも、最近はペットと入所できる施設が急速に増えています。

有料老人ホームだけではなく、グループホームやサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)なども含め、現在確認できるだけでも全国で300件を超えています。

 

入所施設を探す時、確かに費用については大切なテーマになりますが、費用の面がクリアできれば、次は一番大切な条件が何なのか考えてみましょう。

 

有料老人ホームであれば、医療や介護サービスが充実している施設が多いので、年間行事やゲストルーム、ペット同室、お庭への出入りが自由など、こだわり条件を挙げて探してみるといいですね。

もしも有料老人ホームが高額で難しいようでしたら、サ高住やシルバーピアなどもおすすめです。

探してみると、きっといい施設がみつかりますよ。

 

もしも身体・精神的に探す事が難しいようでしたら、専門家に条件だけ言って、丸投げしてみましょう。

 

民間の相談窓口では、入所希望者さんの料金が無料の会社がほとんどで、会社側の利益は施設から頂く形になっています。

 

専門家に任せれば、御希望条件から探す事はたやすい事。ゆっくりご自分で探すのもいいですし、専門家に任せて一気に探してもらうのもいいでしょう。

 

ずっと住める、ずっと幸せな施設を、どうぞ見つけて下さいね。




 


 

🩺初めて人間ドッグなるものを受けてきました

画像出典 : pixabay   まずは、私の恐怖の症状からお話します。 その症状が現れたのは去年(2019å¹´)の8月。 食事中、まるで何かに引っかかっているかのように、食べ物を飲み込めなくなったのです。 &n […]

コメントなし

👴👵布製マスクと布製尿漏れ対策商品

  私の住んでいる地域では、最近、使い捨てマスクが手に入りにくくなっています。 ドラッグストアもスーパーもコンビニも、マスクコーナーは空っぽ。 皆さんの地域はいかがですか?   探し回るのも大変なので […]

コメントなし

🤖「2019国際ロボット展」に行って来ました② 介護ロボット・設備編

  <ポータブルトイレ> 介護コーナーに入って真っ先に向かったのが排泄関係。 ポータブルトイレをベッドの横に設置しているご家庭は多いと思いますが、タンク式のポータブルトイレは、こまめに手入れをしていても臭いが気 […]

コメントなし

【東京モーターショー2019】車いすとセニアカーの新時代を探る

  楽しみにしていた東京モーターショー2019。 東京ビッグサイトまで頑張って行ってきましたよ。   お目当ては自動運転カーと危険回避システム、電動自動車でした。 様々な自動車を見ていくと、辿り着いた […]

コメントなし

🌳「夜尿症」による尿漏れ対策・薬で抑えるだけが方法じゃない!

  「夜尿症」というのは、大人・子供を問わず、ある程度の年齢を超えた人(概ね5~6歳以上)が夜中に無意識に排尿してしまう症状を言います。病名ではありません。 これには通常、以下の対策を取ります。   […]

コメントなし

🙀この先、年金だけでは生きていけなくなるって?!6/5放送「ミヤネ屋」まとめ

  6月3日の金融庁の発表によると、1か月あたり、男性65歳以上・女性60歳以上から給付される年金などの収入に対し、支出が毎月5万円以上も上回るとのこと。 (1ヵ月当たりの収入:約21万円、支出平均:約26万円 […]

コメントなし

【昭和な話】平成最後に食べたい料理は何?それは意外にも昭和から変わらない料理かも

  今日は朝の人気バラエティー番組ZIPで、「学びウィーク」の企画から「平成最後に食べたい料理は何?」という質問を投げかけていました。   その質問に対し、俳優の吉沢亮さんは「お母さんの作った肉じゃが […]

コメントなし

😈新元号詐欺にご用心!銀行員・携帯会社社員を名乗る事も!

  もうすぐ平成が幕を閉じ、令和の時代がスタートします。 巷では様々なサービスをスタートする一方、そのサービスに紛れて詐欺被害の報告があるそうです。   テレビ(いつもの「スッキリ!」ですが)で注意を […]

コメントなし

【昭和な話】CHAGE&ASUKAさんとポップコーンの思い出

出典 : Amazon / 万里の河 [EPレコード 7inch]   それは昭和54年頃。 当時、「チャゲ&飛鳥」というグループ名はそれほど世間に浸透していなくて、同じく長渕剛さんについてもそれほどメジャーな […]

コメントなし

🌳高齢者向け携帯電話について考えてみると・・・

    最近の簡単スマホは、以前と比べて随分使いやすくなったと思います。 ですが、私たちにとって簡単に思える機能でも、高齢者にとってみたら「難しい」という声が多いようです。   特にスマート […]

コメントなし

🏠様々な希望条件から選べる【有料老人ホーム】🏠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。