🏠【デイサービス / 通所介護】で日中安心介護サービス🏠

デイサービスってどういうところ? 施設の中を見てみよう!

デイサービスは通所介護ともよばれ、ご利用者さんができるだけ自宅で自立した日常生活ができるように、施設に通いながら受けられるサービスです。

具体的に何をするところか、気になる方が多いと思います。

このページでは、デイサービスの基準・目的・具体的なサービス例・基本料金についてご説明します。




 

デイサービスとは

ご利用者さんが可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、通所する形でサポートするサービスです。

自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や、心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施されています。

ご利用者さんはデイサービスで、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練、口腔機能向上サービスなどを日帰りで受けることができます。

自宅~デイサービス間は、送迎バスを利用することができます。

 

写真 : 【デイサービス 万寿の森】さんより

 

※「放課後等デイサービス」というものもありますが、これは高齢者施設ではありません。未成年の障がい者(6歳~18歳または20歳)が、サービスを受ける施設になっています。

 

デイサービスを受けることができる基準

デイサービスに通うためには、その前に要支援・要介護認定を受ける必要があります。

デイサービスに通うことができる基準は、要支援1・2と要介護1~5の認定を受けている方です。

ですので、年齢制限も要支援・要介護認定の範囲になります。

例えば、難病や癌末期の方だと介護認定の年齢が40歳以上なので、40歳から通う事が可能です。

ですが、すべてのデイサービスが要介護5までのご利用者さんを受入れられるわけではないので、利用できるかどうかは、各施設や担当者さん(ケアマネージャーなど)に確認する必要があります。

介護度の高いご利用者さんは療養通所介護と呼ばれる介護サービスを受けることができますし(記事作成まで少々お待ち下さい)、重度認知症のご利用者さんは認知症対応型通所介護(記事作成まで少々お待ち下さい)のサービスを受けることができます。

どちらのサービスも設備が整っていて、専門のスタッフが配置されていて安心です。




 

デイサービスのサービス内容ってどうなっているの?

各施設によって多少のサービス内容が異なりますが、一般的には、食事や入浴サービスがあり、運動・機能訓練や予防を目的としたレクリエーションがあります。

どの施設にも必ずすべてのサービスを受けられるというわけではありませんが、多くの施設は以下のサービスを実施しています。

  • 送迎サービス(自宅~デイサービス)
  • 食事サービス(病状・そしゃくなどに対応。食事介助あり)
  • 入浴サービス(各施設により人数制限・設備の違いあり)
  • 機能訓練(体操・歩行訓練など)
  • レクリエーション

 

送迎サービス

 

写真 : 【デイサービス 悠々庵】さんより

 

通所日には、自宅~デイサービス間の送迎サービスを受けられます。

通常、運転手と介護職員が車で送迎するようになっています。

原則として、自宅は玄関まで入りますが、通所の準備等はご自身またはご家族でする必要があります。

一人暮らしの場合、ご自分で準備することが困難な方もいらっしゃいます。

その場合は、短時間の訪問介護サービスを併用する事もできます。

ホームヘルパーさんに準備をしてもらえるので、安心ですね。

 

食事サービス

 

写真 :【デイサービス はればれ】さんより

 

多くのデイサービスではそしゃく力に配慮して、ご飯を「普通の固さ」「やわらかめ」「おかゆ」などから選べます。

メニューについても各施設にてご相談してみましょう。

よくあるのが糖尿病や難病など、医師による食事制限への配慮です。

揚げ物を煮物に変更したり、薄味にしてくれることもあります。

食事の介助も受けらるので、ご自分で食べるのが難しい方も安心です。

 

入浴サービス

入浴サービスについては、各施設で1日に入浴できる人数が決まっているので、予約制になっています。

設備は施設によって異なり、一般住居の浴室に手すりが付いた浴室から、寝たままや車いすのまま入浴できる機械浴の設備が整っている施設があります。

 

↑ 写真:【湯ったり・しおや】さんより

 

↑ 写真 : 【あま市社会福祉協議会】さんより

 

特別養護老人ホームや有料老人ホームが同じ建物でデイサービスを運営している事も多く、その場合は機械浴の設備が整っている施設が多くなります。

 

↑ 写真 : 【東淵野辺デイサービスセンター】さんより

 

浴室事態に特別な設備が整っていなくても、入浴用の車いすやリフトを使用する事で、マヒのあるご利用者さんも安心して入浴できるようになっています。

 

↑ 写真 : 【湯ったり・しおや】さんより

 

まれに一般銭湯やスーパー銭湯がデイサービスを併設している事があり、その場合は入浴サービスを中心にしています。

入浴をする前には体温・血圧などを計り、顔色や体調をチェックし、水分補給とトイレを必ず済ませます。

入浴介助をする介護職員さんはベテランさんだったり、しっかりとした指導を受けているスタッフになりますので、安心して入浴できるでしょう。

 

機能訓練

デイサービスはリハビリ専門施設ではありませんが、多少の設備は整っています。

リハビリ専門の通所施設はデイケア(通所型リハビリ施設)になります。

ですが、中には充実した機能訓練室を設けている施設もあります。

小規模なデイサービスではボールや軽い棒などを使用しての体操を行ったり、平行棒を使って歩行訓練をするなど、限られたスペースでできる機能訓練をしています。

 

写真 : 【デイサービス 愛香苑】さんより

 

スペースが狭いと受けられるリハビリに限界があると思う方もいらっしゃいますが、まったくそんな事はありません。

デイサービスの職員さんは、常に一人一人のご利用者さんの事を考えながら、医療関係とも連携を取りながら、様々なアイデアを持ち寄ってリハビリ計画を立てています。

大きい施設には、やはりスペースを必要とする機材を置くことができますが、それぞれの施設によって個性があるものと解釈していただければいいかと思います。

 

写真 : 【デイサービス 愛香苑】さんより

 

以前私が見つけたデイサービスには、リハビリを専門にしているデイサービスもありました。

小規模な施設で、手作りのボールや新聞紙で作った棒を利用して体操・機能訓練をする所で、デイサービスなのに珍しく送迎バスはなく、ご自分で歩いて通える事が条件になっていました。

そこは近所のお年寄りに愛され、午前中2時間、午後2時間の入れ替え制になっているので、食事サービスや入浴サービスはありません。

ですが、それも一つの個性なのでしょう。

 

レクリエーション

 

写真 :【フリーディサービス みらい】さんより

 

レクリエーションは、施設によって個性豊かに実施されています。

レクリエーションの目的は、楽しみながら機能訓練や認知症予防をしたり、家にこもっていたら孤立していく恐れがありますが、他の人とコミュニケーションをとりながら社会との接点を保っていくものです。

よくあるのは、ビンゴや輪投げなどのゲーム、手芸・書道・囲碁・将棋・麻雀など、施設職員さんが中心になって実施されるものや、コンサート・ダンス教室などのようにボランティアさんが中心になって実施されるものなどです。

その他にもビリヤード・映画上映・散歩・花見・年間行事としての日帰り旅行や、運動会を開催する施設もあります。

レクリエーションは各施設が工夫を凝らし、企画をしているものです。

レクリエーションは単に楽しむだけのものではなく、運動になったり、脳のトレーニングになるため、機能訓練や認知症予防になります。

気になる施設があったら、どんなレクリエーションがあるのかチェックしてみましょう。

 




 

 

🏠「長生きしてはいけない」なんて言わせないで!

    ついこの間、「年寄りは早く死ねっていうことでしょ?!」と、ご近所のおばあさんが仰っていたのを聞いて、私はヘルパーをしていた頃のことを思い出しました。   介護の仕事をしていた頃、よく […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説③

    加藤さん>「夏血栓」に注意が必要な人は・・・? 大谷院長>アルコールを多量に摂取される方。これはアルコールの利尿作用によって脱水が進んでしまいますから、血液がドロドロになってしまうんですね。 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説②

  「夏血栓」と「熱中症」を見分けるポイントはどこなのか? そして、効果的な予防法とは? それらについて、大谷院長が解説してくださいました。   加藤浩次さん>「夏血栓」というのは病名ではないという事 […]

コメントなし

「熱中症」よりも怖い「夏血栓」の脅威!その予防法について解説①

    熱中症と初期症状が似ている夏血栓。 これは熱中症よりも死亡率が高く、非常に危険な症状とされています。     去年(2017å¹´)7月の1か月だけで、熱中症によって亡くなった […]

コメントなし

🍅【所さんの目がテン】ファイトケミカル・スープ作ってみた!

    2月に「所さんの目がテン」で紹介されたファイトケミカル。 体に良さそうなので興味あったのですが、レトルトと冷凍食品ばかり利用している我が家では、なかなか野菜くずが出ないのでした。   […]

コメントなし

🍙ヘルパー時代にご利用者さんがご飯を作ってくれて困った問題

    ご利用者さんは、ホームヘルパーにとってはお客様。 でも、一部のご利用者さんにとってみては、ホームヘルパーは外から来たお客さんなのでしょう。 中にはお茶菓子を出して下さる方がいらっしゃいます。 […]

コメントなし

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

<【デイサービス】ってどういうところ?>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。