🏠体位変換はなんでやるの?何時間おきにやればいいの?🏠

体位変換は危険回避のためにちゃんとした指導を受けよう!



 

体位変換というのは、自分で寝返りを打てない方に対して、介護者が体の向きを換える身体介護の1つです。
知識がなく、初めてやるという人は、まずはどこかで教わる事をおすすめします。
というのは、本を読んだりネットで調べただけの状態で寝たきりの方の体位変換をすると、思わぬ事故を起こしかねませんので、必ず専門家の元で介護指導を受けましょう。
通常、寝たきりだと、体の下になっている部分(敷布団に接している部分)に体重がかかってしまい、血流がスムーズにいかなくなったり、集中して圧力がかかるため、褥瘡(じょくそう/床ずれ)と呼ばれる症状の原因になってしまいます。
褥瘡(じょくそう)というのは放っておくと恐ろしい状態にまで発展してしまい、最悪な場合は菌が繁殖し、その部分が壊死してしまうという事になってしまいます。
大体の場合は、そのような状態になる前に発見し、最悪な事態になる事はありませんが、褥瘡ができると完治するまでにかなりの時間がかかってしまいますので、定期的に体位変換をしてジョクソウ予防に努めましょう。

 

 

体位変換は定期的にやろう! 介護者の体調不良には介護サービスを

体位変換は基本的に2時間以内に1回のペースで行うのがベストです。
それは夜中も続ける事になりますが、介護者の体調もあるので、上手に介護サービスを利用しながら続けていきましょう。




 
多少過ぎたからと神経質になる必要はありませんし、体の負担を考えて、あまり短時間の感覚で体位変換を繰り返すのもよくありません。
なので、施設などでは、通常2時間おきに体位変換の時間が設定されています。
自宅での介護の場合、突然寝返りが打てなくなるという事は滅多にありませんし、そこまで具合が悪くなれば病院に行くことになるでしょう。
ですので、体位変換についての指導は、患者さんが病院から退院する前に、医師や看護師がしてくれる事がよくあります。
また、介護セミナーや教室などが地域で開かれる事がありますので、事前に参加して心の準備をしておくのもいいでしょう。
情報は地域の広報などで紹介されています。

 

 

体位変換の事故で多い事 体位変換の前には安全確認を

以下の事は非常に多い事故になります。事故を防ぐために、正しく介護方法を理解しておきましょう。


👴 骨 折 👵

体位変換をするときには、必ず手・腕・足などをひねる事がないように、事前に安全な体制にしてから行わなければなりません。
手・腕は胸のところでクロスできればいいのですが、マヒの状態によってはそれができない場合もあります。
必ずチェックしなければならないのは、体の向きを換える方向に対して、手・腕・足が逆方向にひねる事がないよう確認します。
高齢者は骨が脆くなっている事が多く、最大の注意が必要になります。


👴 ベッドからの落下 👵

介護生活で疲れが溜まってしまうと、まれに落下事故が発生する事があります。ベッドの端は滑りやすいので、特に気を付けましょう。
ご自宅の場合は、介護者が介護をする側と反対側に柵を取り付けた状態、またはベッドを壁に着けた状態で体位変換をすれば、ベッド端の滑りやすい位置で行わなくても大丈夫なので、事前に安全確保をしながら、ベッド中央などの安全な位置で体位変換しましょう。
体位変換が終わったら、クッション等で固定をしておくといいでしょう。

 




 

 

【昭和な話】セブンイレブンが急成長していた頃

    うちの近所にセブンイレブンが出来る前、スーパーマーケットの閉店時間は夜の6時半~7時で、商店の閉店時間はお店によって5時だったり6時だったり、スーパーマーケットよりも早く閉まるので、お客さんが […]

コメントなし

【昭和な話】【感想】藤山寛美さんの舞台を見に行った時の話

画像出展元についてはページ下部に記載 「伝説のアドリブ喜劇役者」 藤山寛美 昭和の笑い   それは私がまだ小学生だったころ、明治生命のセールスをしていた母が、会社の優待券で連れて行ってくれたお芝居がありました。 […]

コメントなし

🌷人手不足が深刻な介護の現状 サービスの地域差をどうするべきか

  本来なら、24時間体制で介護サービスが受けられるところ、実際にはどうなのかと思い、訪問看護士さんたちに伺ってみました。   すると、皆さん口を揃えて言ったのが「人がいないから介護サービスを充実させ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切④

  認知症と言っても症状はひとそれぞれ。 細かい事を言ってしまえば、接し方は人によって違うのかもしれません。 なので、認知症のご家族に対して、どういった事を気を付けながら接していくべきか、今回も東京慈恵医科大学 […]

コメントなし

👘着物の買取サイトはどこがいい?少しでも高く売るために

  母が脳疾患で倒れてから半年くらいが過ぎた頃、母はもう二度と着る事はないだろうと、着物や社交ダンスの衣裳を売ろうとした時がありました。   社交ダンスの衣裳に関してはどこも引き取ってはくれず、フリマ […]

コメントなし

🌳認知症は早期発見・早期治療が大切③

  病院で診察を受けた後、医師から治療法の説明を受けますが、どういう治療を行うのか気になりますね。 東京慈恵医科大学附属病院の繁田雅弘先生は、治療について以下のようにおっしゃっています。   治療の目 […]

コメントなし

🌳高齢者の転倒事故防止のための介護リフォームDIY

出典:東洋経済オンライン   今回リフォームを教えて下さったのは石坂健(いしざか けん)さん。 ご存知ない方のために、東洋経済さんの新聞記事からプロフィールをお借りしました ↓   1986 å¹´ 埼玉 […]

コメントなし

🌳新宿区役所での研修 福祉関係でご利用者さん宅に訪問しました

  私が職業訓練校に通っていたのは平成14年頃だったかと思います。 新宿と言うと、イメージとしては「人住んでるのかな?」といった感じでいましたし、歌舞伎町のイメージが強くて、「ヤクザがいっぱいいる街」と思い込ん […]

コメントなし

母の事 8 / 毎回会うたびに「初めまして」の接し方

  母はもう、この何年かの間、私の事も兄の事も忘れているようです。 私が毎日会えないのがいけないのでしょうけれど、最近では私が部屋に入ると、まるで知らない人が勝手に入ってきたような顔をします。   話 […]

コメントなし

【昭和な話】近所のおウチと親子電話だった時のお話

  今の時代では信じられない事だと思いますが、私の子供の頃、自宅の電話はご近所の家と親子電話だったんです。   どういう事か理解しにくいと思いますので、分かりやすく説明しますね。   例えば […]

コメントなし

体位変換はなんでやるの?何時間おきにやればいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です